2013/4/8

化学変化を楽しみに  OBの声

京都総合選手権と四私大定期戦の優勝、すごい!チームを二つに割らざるを得ない状況になり、負けることへのexcuseが十分に整って?いるなかで、この結果は素晴らしい!京都総合のチームを観ただけですが、「遂行すべきことをする」という意識が相当に高い。四私大のチームもきっとそうだと断言します。もちろんすべてのプレーが成功する訳ではありませんが、off. def.ともコンビネーションがより錬磨され、また、個々のプレーヤーがバスケを知ったり、個人技能を高めることで、良く言われる「化学変化」が劇的に起こる楽しみがあります。長いシーズン、谷あり山ありです。最終目標に向けて日々のプレーが肥やしに成るように期待しています。
7

2013/4/7

ナイスゲーム!  OBの声

四私大、京都総合のそれぞれのチームの全員が、高い意識でゲームに臨まなければ、このようなスコアにはなりません。観られなかったけれども、ナイスゲームですo(^-^)oこれからも年度始めの新鮮な志で若さ溢れるプレーをしてくれると、OBとして非常に嬉しいです!
4

2013/3/28

新入生の皆さんへ  OBの声

 4月1日の入学式には少し早いですが,「入学おめでとうございます。」
入学式のあとには,学部説明会や科目登録手続きなど,膨大な量の手続きがあります。加えて,慣れない環境での生活,行動,練習,講義など大変ですが,健康に留意してください。特に親御さんから離れての生活がスタートする皆さんは食生活を意識してください。
 これからの4年間を勉強とバスケットボールにおいて充実したものにしてください。皆さんが,卒業の時には「同志社大学で学んで本当によかった」と思うことを祈ります。
2

2012/3/7

仲間を得て大きく成長  OBの声

クリックすると元のサイズで表示します


    井関慎平
第84代主将・平成23年卒
(株)三井住友銀行勤務




 (本学は、学力レベルもさることながら、体育会の活動も大変盛んである。その中でもバスケットボール部は、注目されているクラブの1つであり、全国でも数々の成績を残してきた伝統あるクラブである。)

 私は、本校バスケットボール部に2007〜2010年度在籍し、4年目には主将を務めた。ここで得たものは多く、4年間在籍していたことは、大きな財産である。

 本校バスケットボール部は、監督・コーチ・マネージャー・選手が主体となり、日々努力しているが、何より、試合になると応援に駆けつけてくれるOBの方たちに支えられている。同志社大学に思い入れが強く、また、現役選手たちのひたむきな姿がそうさせている。OBの方達の支援は、クラブ活動だけに留まらず、卒業後の将来についても一緒に考え、就職活動時には、説明会・面接練習などに尽力してくださった。

 私は、4年間でたくさんの仲間を得て大きく成長し、将来の道を切り拓くことができた。この同志社大学バスケットボール部を、一生サポートさせて頂きたい。みなさんが、同志社大学に進学され、1人でも多くの仲間ができることを望む。


2

2012/3/7

精神的な弱さを練習で克服  OBの声

クリックすると元のサイズで表示します

   熊谷弘基
第82代主将・平成21年卒業
東京海上日動火災保険(株)勤務






 皆様はじめまして2008年度主将の熊谷です。現在は東京海上日動火災保険株式会社で働いています。

 今回は、私が同志社大学でプレーをして得たことが現在の人生に活かされていることをお話したいと思います。

 私が入学した2005年のチームは関西2部リーグに所属しており、同志社はインカレ常連チームではなくなっていました。その後3年間は1部リーグ昇格と2部リーグ降格の繰り返しでしたが、4回生最後のリーグ戦は1部リーグで迎えることができ、リーグ戦1部リーグで準優勝し、7年ぶりにインカレに出場、インカレでベスト8という結果を残すことができました。

 この結果が残せたのは、当時の課題であった、精神的な弱さを練習中からチームに意識させることを3回生の時から試みたことが大きかったと思います。このようにチームに対する働きかけを行うことが結果に結びついたことが認められ、現在の会社に入社することができ、会社という組織の中で生きるうえで大学での経験は大変活かされています。

 これから入学する皆様が得るものはそれぞれ違ったものではありますが、同志社大学でプレーした経験はその後の人生において大きく活かされるものであると確信しております。
 
 そして、OBの方々は現役プレーヤーがプレーに集中できる環境づくり、就職活動のサポートもしています。このように全ての環境がそろった同志社大学でプレーする選手が一人でも多く入学し、チームを強くしてくれることを願っております。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ