IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2007/11/17  20:18

ちりとてちん「意地の上にも3年」  テレビ

 いや、もう凄かったです、今日も。今週は、一週間分ひっくるめて神回としよう。感服しました。『電脳コイル』でも、様々な伏線が一気に収束していくカタルシスを味わっていますが、ホントにさすがです、NHK!

 いよいよ落語会当日。いきなり尊権と柳眉がいてびっくり。どこで情報をゲットしたんでしょうか?何にしても、草々さんにいい刺激。それから、四草が勤めていた中華料理屋さんの店員さんたちがいたのが、個人的に嬉しかったです。あのお店、もう一度映らないかな。

 そして、糸子お母ちゃんに「父親が見なくてどうするんです!」とはっぱをかけられて、一瞬ハッとする師匠さんの表情がいいです。おかみさんが弟子達のことを「子供達」と言っていましたもんね。そうして無理やり連れて来られた師匠さん。その師匠さんを見て、びっくりする子供達と喜代美。

 喜代美がタイミングよくこけたところで寝床の場が和むのも、喜代美らしくていいわあ(笑)。その喜代美と草々が何気なく何度もアイコンタクトを交わしていたのが、いい感じです。

 草々さんの寿限無、四草の崇徳院。そして、草原兄さん。何だか初っ端カチコチで大丈夫だろうか、と一瞬緊張したましたが、息子の「お父ちゃん!」の掛け声で緊張が解れて軽妙な語り口に。俳優ではないのに、兄さんの中の人の表情と仕草、雰囲気の変化が素晴らしくて、ホントにお見事。

 中入りで、3年間の子供達の成長をしみじみ感じていた師匠さん。この3年間の空白期間が無駄にはなっていなかった。「いつも師匠さんと一緒にいたんです」by喜代美。

 そしてトリの小草若ちゃん登場。枕は名前の話し。いつか「小」が取れるような期待を込めた、という親心に、しばらく俯いた後、きっぱり「嬉しかった」と。ここら辺りで既にじわっときた私。そして寿限無を始めた小草若。途中から泣き出した小草若ちゃんに、こちらももらい泣き。最初から「愛宕山」をやるつもりがなかったのか、師匠さんを見たり、枕を語っているうちに気持ちが寿限無になってしまったのか、どっちだんでしょうね。高座を降りたとたん、号泣してしまう小草若ちゃん。感動的ではありましたが、しかし、事情を知っている喜代美と視聴者以外には、何が起きたのかさっぱりです。寝床のお客さんたちは、微妙な雰囲気に…。熊五郎さんも、そんな雰囲気の中に出て行くほど馬鹿ではありません。で、何とかせい、と草々にお鉢が回ってきて、これは3年前の一門会と全く同じ状況に!

 御囃子が鳴り、草々が高座に向かおうとすると、その前をゆっくりと師匠さんが横切っていきます!スローモーションで、音も何も無い演出に、思わず息を詰めました。ナイス演出です。「徒然亭草若です」と深々と挨拶した師匠さん。語りだしたのは「愛宕山」。そしてはっとする糸子お母ちゃんたち和田家の人々。フラッシュバックするお祖父ちゃんのカセットテープと病室でのやり取り。ああ、このために和田家は全員ここにいなくちゃいけなかったんですねえ。ただ居座っていただけじゃなかったんですねえ(笑)。師匠さんの語りにそっと涙を流す小梅さんが美しい…(とてもお祖母ちゃんなんて言えない・笑)。喜代美が大事に持っていた、お祖父ちゃんの思い出のテープが、廻り廻って師匠の復活への足がかりになるとは。うう、やるな。

 そして、霞がかかり、タンポポやれんげの花が咲く何となくのんびりした春の風景が広がる語りを聞きながら、幸せな気持ちで今週は終わりました。

 裏方に徹して駆けずり回り(しかも、そんな喜代美を草々は知らない)、師匠さんの復活までたどり着けたのは、全部喜代美が頑張ったから。そんな裏方は嫌だ、「お母ちゃんみたいにはなりたくない」と言って家を飛び出した喜代美でしたが、あれ?

 で、来週はバトル系ですか?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/11/19  14:07

 

『ちりとてちん』は、映画『スウィングガールズ』のトランペッター役の貫地谷しほりが主演ということを知って、ちょっと興味を持っていました。ただ、朝のテレビドラマを見る習慣がずっと長いことなかったものですから、ついつい見忘れたりしていたのですが、 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ