2010/9/23


もうそろそろ、クリスマスシーズンの予定が決まりつつあります。
そんな我が家には昨年のクリスマスイブに森の向こう教会でおばあちゃんにもらったポインセチアの鉢植えがあります。
よく色々なお宅で、クリスマス後には枯らしてしまってそれきり、
というのを目にする「クリスマス限定」なイメージの植物ですが、
実際はちゃんと管理をすれば何年も生きられます。
挿し木まで出来ちゃうそうです。
実はポインセチアを育てるのは初めてですが、生来の世話好きも手伝って
ネットで育て方を調べ、今のところ元気に育っています。
夏の間はずっと外で逞しく育っていましたが最近室内に入れました。
そしてなんと、9月以降しばらく、夕方から翌日の朝まで段ボール等で光を遮る、短日処理をしなければ
綺麗に赤くならないそうです。
というわけで、今は鉢ごとプリンタの箱に入ってます。
先日母に言ったら「あら、面倒臭いはね。別にいいんじゃない、緑で」
という素っ気ないお返事が返ってきました。
そういえば植物だらけな我が家にポインセチアがあったことはありません。
両親的に、あまり興味をそそられない植物なのでしょう。。。
まあ、私も好みかどうかと問われれば、自分では買わないだろうなあ、とは思いますが。

作戦MKのMとKとは何かというと。
MoyashiとKaiwareです。
もやしとかいわれ。
作戦、という程の大したものではありません。
単にもやしとかいわれを栽培して食糧自給率を上げよう、というだけの話です。
現在、2つのもやし水栽培用の器を使い、栽培しています。
本日の夕飯にはもやしを炒めました。
しかあし。
面倒くさいので緑豆のもやしだけど、普通に日向で育てました。
日陰に置く事の何が面倒くさいのだと問われればうまく答えられませんが。

久々のさくらちゃんです。
クリックすると元のサイズで表示します

ごはんを食べて、満足しているところ。
だいぶ猫っぽくなりました。
そして首輪がいい感じにボロっちくなってきました。
痒くて掻いていたからなのですが、それも治まったので
新しい首輪を買ってあげたのですが大人用なのでちょっと大きすぎました。

猫屋敷ではふたごちゃんが新しいママのダナに引き取られ、
さくらとキャプース君が残りました。
0

2010/8/22

さぼるべからず。  3.3次元くらい

鐘です。
日曜日の朝です。
この鐘はElandkerkかSt Paschalisかな。
私は今週はのんびりです。

オランダはそろそろ、皆さん休暇を終えて帰ってきたので、
私のセンセイ業もぼちぼち再開しております。

昨日も一人、休暇後のレッスンでしたが
生徒がアンビシャスなのは嬉しいですね。
現在の実力で弾けるかどうかは別として、
弾きたい曲が沢山あるのは良いことです。

子猫たちが塀を登ってお隣の庭へ行ってしまうようになりました。
行き先は、お隣の庭の物置小屋の屋根。
そこに、いつも4匹、たまっています。
雰囲気としては、不良のたまり場、みたいな感じ。

タバコをプカプカ吸いながら
「あー、授業とか、やってらんねー」
「学校とか親とか、うぜー」

とかなんとか言っている様子を想像していますが、
リナの庭からでは、よく見えません。
ご飯の時間になるとお母さんが
「ぐにゃ〜」と呼びますが
反抗期なのか、なかなか降りてきません。
しかも、登るのは良いけど、塀を降りるのは怖いらしく、
降りる、というよりはドサッと落ちているようです。

そこで、心配症の私は心配になりました。
何が、かというと
子猫が塀から落ちていることではなく、
数年前に日本の実家に迷い込んできた真っ白子猫のにゃあちゃんが
近所の庭を散歩していたところ、その家の住民に連れ去られ、
里親の会に引き渡されて会えなくなってしまった
という悪夢が再び繰り返されるのではないかということです。
にゃあちゃんが里親の会でどなたか親切な人に引き取られ、
幸せに暮らしていることを願ってやみません。

そんなこんなで、昨日ペットショップで子猫用の首輪を見つけたので
さくらちゃんにつけてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

お母さんも含めて、他の六匹は首輪なんてつけていないので
ちょっと心配しすぎなのかとも思いますが・・・
なんせお転婆なので、どこまで「探検」に行ってしまうかわかりません。

不思議なことに、トラちゃんと双子の片割れは登るのが好きではないらしく、
たまり場に行きません。

優等生のトラちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし一卵性の双子で、同じ顔をしていて(顔や耳の模様まで同じ!)
とても仲が良いのに、こんなに性格が違うのも面白いです。
優等生の方のふたごちゃん(微妙に身体が小さいので勝手に弟、と思っていますが)
は、ひとが猫トイレの掃除をしていると、いつも見にきます。
ニコニコしながら(という風に見えるだけ?)
「ねえ、何してるの?」
と、首を傾げながら見学しています。
たまに「もう、入って良い?」
と、片足を突っ込んだりします。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてこちらが片割れ君。

クリックすると元のサイズで表示します

ダナはもうふたりの名前を決めているようでしたが、
覚えられなかったので、もうしばらくはふたごちゃん、と呼ぶことにします。
0

2009/11/25

おるおるおるおるすばん  3.3次元くらい

締め切りってなんだっけ?
という感じのすっかり抜けきった感じの人間になってしまっているので
いまいちこう、調子が出ず、出ないついでに
卒業試験以来はじめてまともにピアノを弾いたりしています。
そんなんでいいのか、っていう感じです。

リサーチついでに色々演奏動画を見ていたんですが、
ヘンな動きばっかり見ていたらこっちの身体が痛くなってきました。

今日はふたごっち片割れを連れて音楽院に行きました。
もう片っぽが音楽院で試験だとかで。

道中、「もう怖いお話知らないよ」と言ったら
「怖いお話作って!」とねだられたので
ハンナ(8歳)とメアリー(9歳)が原っぱで赤いボールを投げて遊んでいて
ハンナが穴に落ちて・・・(中略)・・・そしてメアリーは圧死したのでした。
自分で喋っておきながら怖いんだか怖くないんだか分からなくなったよ。
私の怖い話は穴とか井戸に落ちる話が多いんです。
今朝、途中だったやつは、明日の朝、主人公の男の子が血のつながっていない妹を
井戸に落とす予定。
怖い話、個人的には嫌いなんだけどね。。。

チェンバロでボサノヴァ弾き語りとかどうかと思ったんですが、
よく考えてみれば本家ボサノヴァだってギター一本で弾き語りしていたりするので
サウンド的になんか似てるっていうかまあ私がやらんでもいいか、みたいな感じですね。
0

2009/10/5

さっかくかくかく  3.3次元くらい

相変わらずボーっとしていたら電話が鳴った。
いつも超ハイテンションなキャメパパだった。
「ハーイ、ミサキ〜。ごめん、今日のレッスンキャンセルしなきゃいけないんだ。
 キャメロンが学校で自転車のカギ、なくしちゃったみたいで、
 今からどうがんばって帰っても間に合わないんだよ〜
 だから、次は金曜日ってことで。
 ほんっとにゴメンよ!」

「・・・ん・・・・あ・・・(←ボーっとしているため、考えるのに時間がかかる。
 そしてその間もキャメパパずっと喋ってる)
 

 ・・・・今日、月曜日やで。」



「!!!!あっ!!!!」


めでたしめでたし。

そんなわけで、落ち込んでいた気分があのハイテンションのお陰でちょっと浮上。
ありがとうキャメパパ。
0

2009/9/25

私にできること  3.3次元くらい

懐かしいものを聴きました。
7年くらい前の自作の録音。
懐かしすぎて泣きたくなりました。
だから、楽譜を探しました。

クリックすると元のサイズで表示します

上に乗ってるのはプログラム代わりの私の挨拶。
あれ、このプログラムによると私、ブラームスを弾いたことになってます。
あらら。

時間が流れるのはほんとうに早いですね。
あの頃には想像もしていなかったことがたくさんありました。
良いことも悪いことも。
それでも変わらないのは。

・・・自分では、なにも変わっていないつもりです。
成長は、しているといいけど。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ