2012/8/20

はるみ之つぶやき76号  

クリックすると元のサイズで表示します
2012大分県障がいフォーラム会場にて

はじめに
 はるみ之つぶやき76号を発信します。いやー!暑い日が続いています。それでも我が家のエアコンは電源OFFにしています。その代わりに扇風機が活躍しています。パソコンUSB扇風機もけっこう涼しいです。訪看処置の時だけは、蛍光灯の消えた薄暗い台所と居間で4台の扇風機が活躍しているが、普段は2台とUSB扇風機を動かしている。扇風機の熱を冷ますため、他の扇風機と交代に使っている。暑いけれど、外出も良くしています。その方が電気代の節約にもなるし、扇風機たちが“行ってらっしゃい(^^♪”と、言っているようです。

1、浣腸排ガス日記 @=1本。A=2本。B=3本。C=4本。
 6月27日B+適便。28日A+適便。29日B+適便。便が下に降りてなくてなかなか出なかった。30日A+適便。7月1日A+適便。2日A+適便。3日A+適便。4日A+適便。5日A+適便。6日A+適便。7日B+適便。8日☆@+適便。9日☆@+適便。10日A+適便、ガスは出たけれど、便が少ない。15時の訪看で適便をしてもらったら大量の便とガスが出た。11日A+適便。12日@+適便。13日A+適便。14日A+適便。15日@+適便。16日@+適便。17日A+適便。18日@+適便。19日@+適便。20日A+適便。21日@+適便。22日A+適便。便の量が少なかった。夜間の訪看で適便をする。23日@+適便。24日A+適便。25日@+適便。26日A+適便。15時の訪看でも適便をする。27日B+適便。便の量が少ない。15時の訪看で適便をして朝と同じくらいの便が出る。28日B+適便。29日A+適便。30日A+適便。31日A+適便。8月1日A+適便。9時の検温で36度5分。朝にしては高い。寒気もする。昼食は普通に摂る。15時の検温で36度7分だったが、もっとあるような気分。30分後の検温で37度3分。様子を見る事にする。夕食を普通に摂る。じんわりと汗をかく。20時の検温で36度6分。訪看さんに連絡して、着替えと汗拭きやバスタオルの交換及びガス抜きチューブの入れ替えをしてもらう。その時の検温で36度3分。原因は夜中の寝冷えかな。2日@+適便。3日@+適便。4日@+適便。5日A+適便。6日:適便+@(浣腸の前に適便をして大量に廃便。)7日A+適便。8日B+適便。便が出ない。15時にも適便をしたけれど少ししか出ない。夕食後からお腹が苦しくて便が出そうにある。20時30分に訪看さんに来てもらう。浣腸1本と適便をしたら、硬い便と一緒に液状便が納得できるだけ出た。お腹も楽になった。9日@+適便。何時もの2倍出た。(^^♪10日A+適便。11日A+適便。12日A+適便。13日@+適便。14日A+適便。15日@+適便。16日@+適便。17日A+適便。18日A+適便。

2、第127回在宅支援会議
 6月27日:午後6時から127回目の在宅支援会議を11名の参加者で開催しました。
1、 緊急時の物品確認について
@ 救急箱……医療関係品(中身は、リスト表を作成して張る。)
A 緑のリュック……オムツ3種×3枚。タオル・ハンドタオル各4枚。ティッシュ1箱。おしり拭き1個。ごみ袋大1枚。Mチューブセット一式。薬4種(朝、昼、夕、眠前)×3日分=処方薬をその度に入れ替える。手動式吸引器。ゴム手袋5枚。
B 茶色のバッグ……2ℓペットボトル水3本。ストロー3本。
C 赤いバッグ……日常の外出用品一式。※変更のあった時は、チェック表とバッグの中で確認願います。
D 吸引器、バッテリー一式。
2、計画停電の対策について
   @ ソーラーパネルと蓄電池の設置を考える。
    昨日、スオー電工さんへ相談する。⇒専門の方へワット数を聞いてと言われました。
    吸引器MAX37W。呼吸器MAX90W。エアマットMAX7W。
  A 外部バッテリー充電器の取り扱い方法。
   バッテリーをコンセントに挿すと、赤ランプが点灯する。緑ランプが点灯すると80%チャージアップされているはず。5時間以上、両方が点灯するようであれば、再度、コンセントを抜いて、やり直します。緑ランプのみ点灯すると100%チャージです。
   1か月に1回充電する。(非常時に備えて)
   ※接続方法は、コンセント − 中継 − 本体
 3、歯の治療経過と歯磨きや入れ歯の注意事項など
   入れ歯の緩みも少なくて、調子良く噛めている。
 4、これまで2ヶ月間の健康状態について
   Mチューブを入れたのは、1月3日の夜が最後です。今のところスムーズにガスも抜けている様子。浣腸液も2本使用の日が多く、1本の日もある。浣腸と浣腸の間とラストには適便をする。⇒残便を出し切り、粘液を見る為。
   ホームケアクリニックより、7月に採血予定です。
   悪玉菌が減っている事を願いながら……入浴後に採血します。
 5、その他の意見や報告と次回の在宅支援会議について
   次回の在宅支援会議 8月22日(水)18時〜19時
   司会:ホームケアクリニック
   記録:医療生協

3、九州電力の計画停電<`ヘ´>
 AC充電器&インバータ各2個、人感センサーランプ(電池式)5個、AC&USB充電式扇風機1台、ソーラー充電&手回し式ラジオorランプ2個、手動式吸淡器1個、AC充電式吸淡器2台、電池式LEDランプ1個、ソーラー充電人感センサーランプ1個。その他、単1から単4乾電池を確保しています。
 これは、九州電力の計画停電を想定した事だけの対策ではありません。台風や地震、津波、雷など自然災害による停電に直面した時の備えです。この他に飲料水と食料も数日分確保しています。
昨年の夏から今年の冬も電力不足になっていない。今年の冬のある日、大分市内にある火力発電所の配管が凍りついて、発電の緊急停止する初歩的ミスを犯した時も、中国電力からの融通電源によって乗り越えられた。九州電力の電気予報を毎日チェックしているが、使用率90%になった事はあっても、95パーセントになった事はない。その電気予報の数字もある程度の余力を残した数字らしい話も聞く。だから、計画停電の可能性は0に等しく非常に低い事と考える。何とかして地域住民に緊急停電の不安を助長して、原発再稼働に誘い込もうとする魂胆が見えてくる。大地震や竜巻などに限らない想定外の事故で原発が破壊されて、長崎型原爆の材料になったプルトニュームの被爆者になる事を避けるには、原発再稼働を許してはならない。(広島に落とされた原爆は、ウランを材料にしていた。)
 別府市のある企業では、温泉の蒸気を利用した発電に成功して、3年後の実用化を目指している報道を聞きました。地下深くの高温水を利用する地熱発電や太陽光発電に比較して大幅なコストダウンに繋がるようです。
 因みに、九重町には、日本一の地熱発電所があります。大分県内を始め九州各地が火山の密集地である利点を生かした地熱発電の開発を推進して欲しいと思います。
 “八丁原発電所のある九重町は、大分県の中央部にあり、東と南を阿蘇くじゅう国立公園の九重連山、西側を耶馬日田英彦山国定公園の山々に囲まれた、高原と温泉の町です。
 町内には多くの温泉があり、なかでも筋湯温泉は最大の規模を誇っています。
 紅葉の名所として定評のある九酔渓をはじめ竜門の滝、瀬の本高原や牧の戸峠などの観光地も点在しており、四季おりおりの風景が楽しめます。
  八丁原発電所は、わが国最大の地熱発電所で昭和52年6月に1号機が、平成2年6月には、2号機が完成しました。九州では、大岳発電所(出力12,500kW、昭和42年8月完成)についで2番目全国では5番目に完成しました。発電所の運転や計器の監視は、約2キロメートルはなれた大岳発電所から行っています。
発電所の概要
  大岳発電所 八丁原1号機 八丁原2号機
運転開始年 昭和42年8月 昭和52年6月 平成2年6月
出力 12,500kW 55,000kW 55,000kW
”九州電力ホームページより抜粋。

4、“そこで考えた事ですが”について
 はるみ之つぶやき75号で、上臼杵駅に列車乗降用のスロープが用意されていなくて不便に感じて考えた事を書き忘れていました。そこで考えた事とは、運転席にスロープを配置して置けば、駅員が居る駅なら利用出来ると思いました。ところが、大分県立図書館に行きたくて、西大分駅に車いす対応のお伺いをしたら、貨物列車の出入りがあるため、駅構内の線路を渡ってホームに行くのは危険で対応出来ない。数人で車椅子を抱えて階段を使うしかないが、駅員が一人だから、対応は出来ないという事でした。スロープだけでは解決しない事を実感しました。

5、樫の木訪問と散歩
 7月6日:金曜日。12時に後藤さんの介助で樫の木へ出掛ける。暫く待って脇田さんの介助で昼食を摂る。大好きなカツカレーだったから残さず食べてしまった。その後、みらい信金に行ってお金を下ろそうとしたら、通帳と印鑑がバッグに入ってなかった。以前の保管場所にヘルパーさんが入れていたのを思い出したところで、次の目的、インターネットショッピング代金の振り込みに高城駅前のコンビニまで行きました。そして、線路沿いに我が家まで帰って、通帳と印鑑を持って再び、みらい信金に向けた散歩を開始しました。途中で脇田さんから何度も声掛けを貰ったが、カツカレーを食べた満腹感の苦しさを気にしながら舌打ちを返すだけでした。

6、樫の木訪問と5億円の夢
 7月9日:月曜日。10時30分に朝の便処置が終って外出の着替えをした所へ後藤さんが来て車椅子へ乗せてくれました。11時にヘルパーさんの引き継ぎをして、中村さんの介助でドラッグイレブンに行きました。先ずは必需品の沖縄黒糖黒飴を2袋膝に乗せる。ふと目に入った玄関に掛ける虫取り器も買った。次に、みらい信金に行って通帳の記帳をする。今日は、通帳を忘れなかった。12時30分、樫の木に帰還して昼食を食べる。13時過ぎ、スオー電工に行って、停電対策充電器の購入確認をする。15時の訪看まで時間があるので、5億円の夢を買う為にイオン高城店に行くのでした。帰り道は6日と同じでしたが、昼食の好まない物を残した事もあって、苦しい腹満が無かったから、中村さんの問いかけに気楽に応えられました。途中で高橋製菓の美味しい煎餅を買って樫の木に帰って来ました。

7、看護学生の訪問看護実習
 今年も恒例の訪問看護実習を歓迎しました。何時もなら、つる訪看さんから一つの看護学校の学生が2,3人実習に来るのですが、今回は、もう1校増えました。更に、メイプル訪看さんからも大分市内の看護学校の学生が3人くらい実習に来ましたから、約1ヵ月間は、とっても賑やかでした。血圧や体温、サチュレーションの測定をしてもらいますが、脈拍を探すのに疾駆八苦している様子でした。そして、在宅で人工呼吸器を付けていて、パソコンを操作する場面も見てもらいました。

8、土砂降りのドライブ
 7月13日:金曜日11時。13日の金曜日に出歩くのも何か良くない事が起きない事を願いつつ最初の目的地の“独楽喫茶:風じん雷じん”へ向けて介護タクシーで出発しました。こんな土砂降りの中をドライブしたのは初めてでした。田んぼの中の喫茶店に到着して一安心しました。お客さんは来ていないだろうと思って中に入ったら、5,6人のお客さんが昼食でくつろいでいました。店主ママのさりげない応対が落ち着ける雰囲気を感じます。思い掛けなく初対面の全障研会員の女性から声をかけられました。全障研の集まりには全くご無沙汰している僕ですが、僕の話題もするらしく、忘れられてない事に嬉しくなりました。今日の目的の一つは、5月6日に家族に見とられてあっちの世界へ旅立ちをした看板犬クロ君のお墓参りでした。あいにくの土砂降りで、お墓に行けなくて残念でした。タクシーの中から、お墓に向かって、また来るよと言いました。次に、天気が良くて歩いたら20分くらいの所の新生支援学校を見学させてもらいました。僕からの連絡不行き届きで迷惑をかけてしまいましたが、教頭先生の温かい配慮で、友人の看護師さんと一緒に高等部の教室を案内してもらいました。先生も生徒も明るく元気に挨拶をしてくれて、とっても楽しかった一方で、教室が足りなくて、いろんな工夫をしている事や卒業後の進路開拓に思いを傾けているお話を聴けました。本当に貴重な良い勉強をさせてもらいました。ありがとうございました。

9、トキハで夕食
 7月14日:土曜日16時。最近、電車に乗る楽しみが増えました。脇田さんの介助で高城駅に行って、入り口のボタンを押すと直ぐに駅員さんが来てくれて、駅構内の線路を安全に横切ってホームまで案内してくれます。大分駅に行く事を伝えると直ぐに大分駅に到着列車の時間と車いす対応の連絡をしてくれます。大分駅から帰る時も高城駅に連絡をして、駅員さんがスロープを持って待ち受けています。大分駅で大平さんと中村さんに合流して、大平さんの買物に便乗して、トキハ本店に向かいました。トキハ1階で買う予定も無い宝石を見て回る女性心理は分からないが、早く通り抜けたい気分でした。エレベータで降りた所は5階だったような、その階の食堂で食べた海老フライ付きのオムライスは美味しかったけれど、大きく見えた海老フライの噛み口をじっくり眺めて感心する楽しい夕食でした。

10、2012大分県障がいフォーラム
 7月22日:日曜日。11時にヘルパーの三代君が来るのを待って外出の準備を始めました。軽い昼食を食べて、13時30分から開催される2012大分県障がいフォーラムに参加する為、12時30分に介護タクシーに乗って社会福祉センターへ出発しました。会場は満席で皆さん真剣な顔をしていました。障害者自立支援法を少し突いただけの根本的法改正になっていない障害者総合支援法の不備や問題点を学び、現場の声を活かした活動と真の法改正に向けた熱気を感じる集会でした。

11、夕食後に便が出る
 7月22日:日曜日。朝の便が少なくて不安だったものの、15時過ぎに外出から帰って大量のガスが出たから安心していた所が、訪看さんが帰った後から肛門に便が出そうな違和感がありました。そして、夕食後の7時過ぎに便が出たため、訪看さんに来てもらって、適便をしてもらいました。昨日の昼食から麺類を続けたための消化不良と思います。

12、梅雨明けの街を散歩
 7月23日:月曜日11時。佐藤さんチーム3人が我が家に到着しました。吉田チームと佐藤チームの5人は、先ずは、美味しい昼食を求めて牧町から萩原周辺をさ迷った結果、ジョイフルに落ち着きました。昼食が終って、お日様に照りつけられてイオン高城店へ向けた散策を始める。イオン2階のゲームコーナーで雑談をしながら、ゆっくりした時間を楽しむのでした。16時30分になって高城駅へ向けた一歩を開始する。最終目的地の妙心寺に行く為に電車に乗って鶴崎駅で下車する。駅員が出口まで親切に案内してくれて嬉しかったです。ちょっと時間があるので、岡病院の待合室でお茶休憩させてもらいました。ありがとうございました。m(__)m。そして、妙心寺に行くのに立ち寄らない事はあり得ない“共同作業所ゆず”で1年ぶりの再会をしました。ゆず特製のたこ焼きを夕食にしました。加藤清正公由来の妙心寺で、美味しい豆茶を頂きました。これから、鶴崎23夜祭が始まって楽しくなるのだが、時間が無い。佐藤さんチームとお別れして早速、鶴崎駅から電車に乗って高城駅で下車して、暗くなった線路沿いの道を歩くのでした。19時45分、我が家に帰宅しました。
クリックすると元のサイズで表示します

13、血液検査結果
 7月24日:火曜日。血液の定期検査結果を往診で聞く。コレステロール悪玉菌も正常値になっていた。薬の効果らしいが、そういう秋月先生も同じ薬を飲んでいる話を聞くと、より一層安心出来るのでした。前立腺も正常数値だった。気にする程ではないが、肝機能の何とかいう数値がやや高いと聞いたけれど、半年後の検査が楽しくなりました。

14、樫の木20周年記念実行委員会
 7月30日:月曜日。朝の便処置が終って外出の体裁を整えて車椅子に移乗させてもらう。13時から開かれる樫の木20周年記念実行委員会に出席する為です。中村さんから山村さんへ11時の引き継ぎを車椅子の上で聞くのも悪くない。洗濯物干しや外出グッズを手慣れた様子で揃えている山村さんを見ながら、レスピの不具合が発生した時の連絡指示を頭の中でフル回転させていました。前置きで終わりそうでした。本題に移ります。20周年記念の会場と期日について、牧地域の人たちが行きやすい場所と地域の行事と重ならない最善の日を検討しました。その他、記念行事についても、樫の木グループ利用者の主体性を生かしたいと言う女性パワーに圧倒される楽しい会でした。ふと見回したら、男は僕一人だった。そして、15時前に帰宅して訪看さんを待ちました。ベッドへの移乗は山村さんにしてもらって、レスピの移動を訪看の山田さんにしてもらいましたが、その時にレスピ回路が抜け落ちそうになっている事も分かりました。

15、ゆうあい訪問歯科の往診
 7月31日:火曜日。入れ歯の緩みも気になる程でもなくて、他に困る事も無かったから、13時に往診が来る事を忘れていました。ごめんなさいm(__)m

16、散髪ボランティア
 8月3日:金曜日。お風呂の前に散髪をしてもらえるのは気持ち良いです。夏の散髪も寒くなくて大好きです。10時からのお風呂で頭を洗ってもらうのが楽しみです。

17、七夕まつり“祭りda OBS”
 8月4日:土曜日16時。ヘルパーの三代君にお姫様抱っこしてもらって車椅子へ移乗しました。7月22日に介護タクシーの生野さんが抱えるのを見てもらっていたから安心でした。高城駅から大分駅まで脇田さんの介助で電車に乗って七夕会場に向かう。浴衣姿の若者が多かった。七夕飾りを見たのは20年ぶりかも。遠い昔の記憶になった。七夕の中に森島さんの娘さんの習字を発見した。どの七夕飾りよりも見応えがあった。若草公園の“祭りda OBS” では、九州各県ご当地キャンペーンガールの宣伝を聞いたり、キャラクターぬいぐるみのパフォーマンスやOBS男性アナウンサーの激辛カレー早食い競争を観戦しました。中津唐揚げも食うちみたけんど、大した事ねえ。どっちかちゅうたら、大分鶏天の方が口に合う。そんげこんげしち、20時30分に帰宅して、訪看の楠本さんと脇田さんの二人で、ベッドに移してもらいました。初めてにしては、上手く行ったと思った。
クリックすると元のサイズで表示します

18、けんせいホームケアクリニック往診
 8月6日:月曜日11時35分。玄関に数人の気配と声がしたけれど、誰が来たのか分からなかった。来客予定も記憶になかった。排便処置もスッキリ終わって、人心地ついて、早めのパソコン態勢を整えていた所へ、秋月先生御一行の挨拶を受けて、ようやく思い出しました。お盆休みの関係で往診予定が今日になっていた事を忘れていました。血液検査結果もまあまあ良かったから、聞く事も無くて慌ててパソコンを止めました。ごめんなさいm(__)m

19、新日鉄の手前まで散歩
7月11日:土曜日15時30分に車椅子へ移乗させてもらいました。今回は、ベッドと車いすを平行にならべて、ヘルパーの江口さんと訪看の坂本さんの二人で背中のバスタオルを持ち上げて横移動で車椅子に移乗を試みて容易に成功しました。16時の引き継ぎが終ってから、脇田さんの介助で近くに出来たコンビニで買い物とネット通販の入金。その後、東部公民館⇒近くの公園で遊ぶ女の子たちと挨拶を交わす。⇒大平さんのアパートまで何歩か散歩する。⇒中村さんが自転車で到着。⇒4人揃って新日鉄方向へ歩行開始する。僕は乗っていると言う人は?⇒日岡公園で休憩。⇒40m道路を渡る。横断歩道信号が短い。⇒社会福祉会館方向に散歩する。⇒新日鉄前から横断歩道を渡って大平さんと中村さんは左方向に帰る。僕と脇田さんは真っすぐ我が家に向かわない。⇒ぶらぶら歩いてコンビニに寄り道していたら、中村さんが来てくれた。⇒中村さんも我が家に来て、お姫様抱っこでベッドに移乗させてくれました。20時40分に帰宅する。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ