2012/12/19

はるみ之つぶやき78号  

はじめに
 2012年も残すところ11日となって、正月の準備をしたいと思っているところです。1年を振り返ると、やっぱり、吞気症と血尿、熱発に立ち向かった1年でしたが、その他には、風邪をひくこともなくて、健康面では、まずまず安定した1年を過ごしたと思います。又、臼杵、別府、湯布院に電車の旅をするなど、外出行動範囲も広がった有意義な1年でした。
クリックすると元のサイズで表示します
1、浣腸排ガス日記 @=1本。A=2本。B=3本。C=4本。
 10月25日@+適便。26日A+適便。27日A+適便。昨日も今日も液状便で出にくかった。28日@+適便。29日@+適便。30日@+適便。31日@+適便。11月1日B+適便。便が出ない。2日@+適便。便意があって15時に適便。3日@+適便。4日@+適便。5日@+適便。6日@+適便。7日@+適便。8日@+適便。9日@+適便。10日@+適便。11日@+適便。12日@+適便。13日@+適便。14日@+適便。15日@+適便。16日@+適便。17日@+適便。18日@+適便。19日@+適便。20日A+適便。21日@+適便。22日@+適便。23日@+適便。24日@+適便。25日A+適便。26日A+適便。27日@+適便。28日@+適便。29日@+適便。30日@+適便。12月1日@+適便。2日@+適便。3日@+適便。4日1+摘便。5日@+適便。6日@+摘便。7日@+摘便。8日@+摘便。9日@+摘便。10日@+摘便。11日@+摘便。12日@+摘便。13日@+摘便。14日@+摘便。15日@+摘便。16日@+摘便。17日@+摘便。18日@+適便。19日

2、別府の街を懐かしむ旅
 10月22日:月曜日。別府の街といえば、若い頃、二条印刷でタイプライターの仕事が終って、大分警察署前から路面電車に乗って北浜まで行っていた事を思い出します。別府駅前から北浜あたりをぶらぶらして、パチンコやスマートボールなどをして遊んだ事があるので、その時々を思い出しながら、一人で散策している気分でした。そして、トキハインダストリーで、1歳くらいの親子と笑顔で挨拶を交わせた事や、帰りの電車で、おばあさんと孫の楽しい旅に触れ合えました。別府駅から大分駅間の僅かな時間に、小学校生活のエピソードを熱っぽく話してくれるのにお婆さんの笑顔は止まなかった事が印象的でした。大分駅のホームに降りたおばあさんと孫は、電車の出発するまで手を振って見送ってくれました。それだけでも楽しい忘れられない旅が出来たと思っています。
山笑う 電車旅やら 婆と孫
 
3、薬の効果と怖さ
 30数年前、県病に入院していた時、治験薬の筋弛緩剤を飲んだ事がある。良く効くけど、飲み過ぎないようにという事で、1錠の半分を毎朝の夕食後に飲んだ。30分ぐらいすると、体が浮くような感じで、足を軽く前に出せた。しかし、眠気が夕方まで抜けなかったことから、僕には危険と判断して、3日間で止めた気がする。もし、間違って1錠飲んだとしたら、起き上がる事も出来ずに眠り続けると予測された。それ以来、薬の効果と怖さを考えるようにしている。

4、うすき竹宵
  11月3日:土曜日。10年くらい前から開催されている竹宵を見物出来て良かった。文化の日にふさわしい臼杵の歴史を感じるお祭りでした。仁王座の石畳を歩いたのは、中学生の時以来かな。あの頃は歩くのに夢中で石畳の道を気に欠ける余裕も知識もなかった。道を間違えて、急な坂道を登り降りさせてしまった介助者二人に申し訳なかったが、車椅子の上から間近に見る暗闇に浮かぶ石畳も良かった。途中で、健生病院の看護師(横山さん、田原さん)と遭遇したり、薬局の安藤さんに思いがけなく会えるなど、臼杵人が皆出て来たような賑やかく楽しい竹宵でした。

5、人の生と死
 25歳の時からの入院生活で、同室の人や仲良しになった人と、さみしいお別れをしたのは両手両足でも足りない。一人一人の思い出すこことは、励まされ、親切にしてもらったことばかりです。その人たちの死を悲しみながら、僕は生き続けて社会復帰する夢を膨らませて、いずれは訪れる死ぬことは考えなかった。そして、在宅社会復帰を果たし、体調不安定だった4年目くらいまでは、生きるという思いしかなかった。それが、在宅10年目と還暦を目前にして、芸能有名人の訃報を聞くたびに他人事で済まない気持ちになった。一度限りの人生を精一杯楽しくしたい。

6、夏の節電と冬の節電
 夏の暑さは、薄着と扇風機で割と楽に乗り越えられて、電気料金の節約も出来ました。しかし、冬の寒さを耐え凌ぐためには、遠赤外線ヒーターとエアコン暖房は欠かせない。深夜電力にしているから、昼間のエアコンはなるべく控えたり、ヒーターも切って、布団を頭から被っていることもある。それでも、ヒーターを付けたくなる程に今年の冬は寒く感じる。電気料金は、例年のごとく夏季の3倍程度の覚悟をしている。
  
7、便が出なかったのは偶然かな?
 11月1日の朝、浣腸を3本して、適便もしたけれど、便が全く出なかった。15時に適便をしても全くの反応なし。

8、6か月毎の支給申請
 市の障害福祉課へ日常生活用具の申請を忘れていたようです。5月と11月の年2回の申請です。6月以降も注文したオムツなどは届いていたから、申請していない事に気付きませんでした。遡っての申請は出来ないという事から、自腹を切る破目になりました。それとは別に、過去6ヶ月間に入院した事はなかったかという確認の電話があるけれど、その時に一言、日常生活用具申請の確認もしてくれないかなと思ったものの、部署が違うと分からない事であり、関わられないのかも知れないと思うのでした。大切な社会資源を半年分も無駄にして、反省させられました。

9、山下清展
 11月7日:水曜日。山下清展を観覧しました。2時間余りかけて観たけれど、もう一度ゆっくり見たいと思う作品が多くありました。花火ばかり作っていたら戦争は起きなかったと思うという作者の平和を願う気持ちを逆撫でするような自衛隊の国防軍化と戦争を目指す政治を許してはならない。世界に誇れる戦争放棄の平和憲法を守って、話し合いで紛争を解決した時こそ、花火が美しく見えると思う。

10、体調不良
 11月11日:日曜日。この日にどんな体調不良を起こしたのだろうか。1か月以上も経過して記憶が薄れている。多分、血尿と熱発か吞気症で薬を飲んだ気がする。そして、熱発と血尿が気になって、バルン交換をしたのは、20日頃だった気もする。

11、自立支援センター大分10周年記念パーティー
 11月16日: 18時から開催された自立支援センター大分10周年記念パーティーに参加しました。10周年おめでとうございます。<(_ _)>
12時前に高城駅に向かって歩いた時も夜になっても、あまり寒くなくて良かったです。別府駅で遅い昼食を食べて、夢タウンで買い物をした帰りに会場のヒットパレードクラブの下見をしてから、塚田さん宅にもお邪魔して楽しいひと時を過ごしました。(^^♪
ヒットパレードクラブは歌って踊れる楽しい所と話に聞いていたが、昭和レトロの雰囲気とロック調かな、の歌とバンド演奏に引き込まれる楽しい体験をさせてもらいました。

12、爽風館高校祭
 11月23日:金曜日。12時30分に介護タクシーで出発。爽風館高校に到着して中に入ると、男性教師が近寄って来て、‘昨年も来てくれましたね。’と声をかけてもらいました。嬉しかったです。昼からの催し物の内容を親切に教えてくれたことに甘えて、入学要件も聞いたところ、6年間で卒業すれば良いことや、回答方法についても学校側と相談してチャレンジすることを勧められて、気持ちが揺れたのでした。

13、パークプレイス散策
 11月26日:月曜日。佐藤美穂さんと毎月1回恒例の長時間外出です。大分県内の観光地や知り合いを訪ね歩いて、買い物や食事も楽しい旅行です。今回は、由布院の予定が雨のためにパークプレイスに変更しました。前日に予約出来た介護タクシーで11時30分に我が家を出発しました。パークプレイスで先に到着していた美穂さんチームに合流して、マクドナルドで昼食を楽しみました。そして、帰りの介護タクシーが到着する17時まで、ダイソーで買い物をしたり、ウインドショッピングを楽しみました。

14、PCトラブル
 PCトラブルの始まりは、メール送信が出来なくなったことだった。薄田さんに来てもらって見てもらったら、送信アドレスが勝手に変わっていた。そういうことがあるらしい。翌日も変わっていたので、自分で設定変更をして旨くいっていた。ところが、数日後に突然、意思伝達装置のマウス操作が出来なくなった。再び薄田さんに来てもらったが、原因解明に至らず、持ち帰って、メーカーに相談してくれました。その結果、Windowsと意思伝達装置のアクセス不良と言うことだった。そこで、インターネットから、薄田さんから借りたパソコンに意思伝達装置をインストールしてもらって、どうにか使えるようになった。そして、またまた、メールの不具合。今度は、受信もできない。そこで、OCNメールを削除して、ビビックメール一つにしたところ、メール送受信が出来るようになった。又、OCN受信メールは、OCNホームページにアクセスして、マイページで見られた。メール送信できなかった時にホームページアクセスが出来なかった。


第130回在宅支援会議
  日時 2012年12月19日 水曜日 午後6時から午後7時
  場所 吉田春美 宅
  参加者  (司会)成迫、 (記録)山田、平井、本田、原、山田、吉田、中村、脇田、山村、池永、後藤、安藤、福本、佐藤、
 今晩は、皆さんお集まりになられたようですから、130回目の在宅支援会議を始めたいと思います。今回の司会は、つる訪問看護の成迫が担当します。そして、今回の記録は、自立支援センター大分の予定でしたが、都合により欠席と言う連絡がありましたから、たった今、メイプル訪問看護の山田さんに記録をお願いしました。よろしくお願いします。
 それでは、自己紹介をして頂いて、7時に終わることを目指して司会進行を務めます。早速、続いて下記の項目に沿って話したいと思います。よろしくお願いします。
    記
1、緊急時の物品確認
 緊急避難時に持ち出す最低限必要なものを車椅子に乗せて、固定しました。
2、これまで2ヶ月間の健康状態
 血尿や吞気症が数回見られました。その都度、マーゲンチューブで胃の中の空気抜きや抗生剤と解熱剤の服用で、健康を回復しています。
 又、毎朝の排便は浣腸1本と摘便で快便を続けています。新年のはるみ之つぶやきから、浣腸日記をやめます。
3、歯の健康状態
 26歳の時に頸椎の手術をしてから、脳性まひ特有の付随運動が殆どなくなりました。それまでは、歯の神経を抜いて痛みを無くす治療しか出来なかったのが、歯を削って刺し歯やブリッチも作れるようになりました。歯の治療が苦痛でなく、楽しくなりました。
4、はるみ之つぶやき出版記念パーティーについて
 はるみ之つぶやき9年間の纏めを出版しました。そして、来年1月28日は、在宅生活10年目を迎えます。更に、8月20日には、還暦を迎えます。そこで、3月から5月くらいに、出版記念と在宅と還暦をまとめてお祝いの会をしたいと考えています。僕としては、実行委員会を作って欲しいと思います。
5、その他の意見や報告と次回の支援会議
次回の在宅支援会議 2月 日(水)18時~19時
司会  記録 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ