女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
ちくわん様
>欧州人から見るとアジア人は下に見られてるって感じ…
それはあるかもしれませんね。
羽生選手は勝ち気でプライドが高そうだから。
そういう意味では、彼の前にヨナがクリケットに行っていたことは、良かったかもしれませんね。
それでも今や世界から容姿まで褒め讃えられている。
素晴らしい成果じゃありませんか♪
投稿者:ちくわん
自分で言っておきながら、羽生くんが日本人としてっていう事 少しわかる気もしているのです。

私も自分の意思ではなく5年ほど欧州某国に住んでいた事があるのですが、毎日毎日 その国に住んでいるアジア人日本人として扱われるのです。やっぱり、欧州人から見るとアジア人は下に見られてるって感じもありました。
アジア人の中では日本人の扱いはいい方でしたので 日本人という事は救いでもあった気がします。

羽生くんは試合に出る時は日本代表として出てますし、高校生の時から国外で暮らしているので特に日本という国が心の拠り所だったのではないかな。。なんて

カナダは比較的人種差別は少ないですが、やっぱり見かけも違いますからね。嫌な思いもしたと思います。
投稿者:伊佐子
ちくわん様
無理と感じることがそんなにありました(笑)?
私は、やっぱり理由が分かってからは、殆んどの発言に納得がいったのですけどね。
「導きの光」くらいかな。まだ無理なのは(笑)

>本人誰よりも日本人として、、、と思ってる…
これは、私はあの例の全日本初優勝の時からだと思ってるんです。
いずれ研究課題(笑)として発表しようかと思ってるけど(笑)

>一般の人の目に触れてしまうのがファンとしては痛い…
一般の方は、テレビで流れる彼のインタは、しっかりしたことを言っていると評判がいいと思うのですけど。
私は、自分の言葉で一生懸命、自分の気持ちを伝えようとしている所が立派だと思ってます。

>エルグレコの宗教画のよう…
一応西洋絵画を沢山見て来た者として、彼の演技に絵画を連想することはあまりないんですね。
それより詩ですかね。
ニースはランボーを連想してたんです(笑)。

ノッテは何も。オリジナルだと思った。
その時々での違いはまったく分からなくて(汗
でも平昌の時のファンカメラがあって、それを見ると、カメラの切り替えがひとつもなくて、
流れが良く分かり、とても良かった。
ひたすらかわいくてかわいくて、空へ羽ばたこうとしている綺麗な白鳥の子供に見えた。

バラ1も美しかったですね。凄みのある、激しい美しさでした。
そこに私も惹かれて、見つづけたいと思うんだろうな、と。
投稿者:ちくわん
皆さん、同じファンでも このコメント好きとか無理〜とかあって面白いですね。でも、こういう事言ってるのも羽生くんが引退して何年も経ったら懐かしく、あの時無理だったけど けっこういいじゃん、何で無理〜だったんだろうとか、まとめて見たら面白いとか、やっぱ無理〜とか 楽しそう。
羽生くんの感覚はやっぱりどえらく日本人離れしてるのに、本人誰よりも日本人として、、、と思ってるところの面白さ、、、いや、やめよう 笑 。この所を面白いと思えるようになったから 今なら 今まで無理〜と思ってたコメントも また言うとるや〜んと 見れるかも。
本来、オタだけにしか見れないような細部のインタビューもあまりの報道量の多さに一般の人の目に触れてしまうのがファンとしては痛い所です。

でも、陸上ではネジがいくつかぶっ飛んだ所がある羽生くんが、氷上では誰よりも美しく、狂気を孕み、額縁に入れて見たくなる演技をしてくれるのを今期も見られる事が応援できる事がどれだけ幸せなことか噛みしめながら また情報をおうことにします。

高畠華宵と笠井あゆみ 見ました。ほんと雰囲気ありますねー
はじめてノッテステラータを見た時は、エルグレコの宗教画のようだと思った事も思い出しました。最初の顔を上げて上を見る所がまさに。ひたすらに美しい。
そしてノッテステラータは負けた時のエキシの方がはかなさが出て好きだった。だから平昌のノッテは内心心配だったのです。羽生くん ドヤノッテになってしまわないかと。でも、今までで一番綺麗で美しいノッテステラータを演じてくれて、うわぁ、さすが羽生くん、押さえるところはちゃんと押さえるわーとまたまたひれ伏しました。
あの平昌のノッテは怖くなるほど綺麗でした。あとバラードも、、、、美し過ぎて怖いってホントに感じる感覚なんだなぁと。
投稿者:伊佐子
ちくわん様
>山本タカト
はいはい、見て来ました(笑)
ちょっと危ない系ですね。
一緒に高畠華宵が出て来たけど(自分が古いからこっちの方がなじみがある)、
同じような系列かな。
耽美というくくりで(羽生君を)想像してしまうんでしょうね。
でもノッテはもっと清潔感があったかな〜
やっぱり二次元から出て来たって感じはみんなの共通認識みたいだな。


>僕はオリンピック知ってます
いやあ、これも私は好きですよ。
ショートの直後のインタで言ったの。カッコ良かったですやん〜
誰が取ろうがはみんな好きなのね。キッパリしていてさすが♪
投稿者:伊佐子
何だか盛り上がってる気がする・・

なでしこ様
>W杯ですっかり空気になってるww
人の興味は人それぞれですしね。
一般はそらサッカーだろうけど、私は…別にリーグ(?)を突破したからいいんじゃないの?
と軽く考えてたり。
オタはあまりにも一点集中しすぎるとは思いますが。
アンチの執着は…分からん(笑)。

>強気の発言…カナダに行ってから…
強気発言は始めからだったんじゃないかな。(子供時代から)
震災後に「勝ちたい」と言うことで自分にプレッシャーをかける、
そこで負けたら格好悪いから…、って言ってるし。
だから私も納得したんです。
えらく大口ばかり叩くな〜と思ってたけど、退路を断つ、ということですよね。

あと、自分から「自分の魅力」とか、言語感覚がちょっと一般とは違うかなーとは(笑)。


>誰が取ろうが僕も取ります
いやいやいやいや、これは私も痺れましたよ。
平昌での言葉はもうね、洗練されていて(笑)大口ぶりが(笑)
二か月前の自分に苦しめ、と言う、とか。カッコいい〜

>羽生君は凡人の趣味趣向に合わせる必要はないです
おう!そのとおり。とくに日本人に合わせる必要はないですね!
投稿者:なでしこ
ちくわん様

山本タカト!
羽生君て笠井あゆみ氏の描く美少年みたいと先日こちらでコメントしたのですが、山本氏も同じ系譜ですよね。
でも山本タカト氏の方がずっと毒を孕んでますね(笑)

投稿者:ちくわん
そうそう山本タカトさんの作風は 「平成耽美主義」と呼ばれているそうです。この響き 羽生くんにぴったりすぎて、ノッテステラータを見た時、「平成耽美主義の実像化」だと思いましたもん
投稿者:ちくわん
伊佐子様

狂気を孕んだ美しさ、、、そう!こんな選手今までいなかったですものね。山本タカトさんのイラストを見て見てくださいっっ。これ見た時、は、は、羽生君ダーーーーと思いました。山本タカト 美少年 で画像検索してみてください。ちょっとエログロ系も多いので苦手ならばお勧めできませんが、、、。一時、羽生ファンの間でも話題になった画家さんです。

なでしこさん 誰がとろうが僕もとります!!は私もだいすきです!!

そうじゃないと羽生結弦じゃないと僕はオリンピック知ってますの所は 私はカットして編集しちゃいました。笑
でも なでしこさんのようなファンさんって好きですよ!
オタってお花畑が一番平和で幸せだと思いますもん。これほんと!!
投稿者:なでしこ
W杯ですっかり空気になってるwwとアンチさん達が喜んでます。
この時期羽生ネタで盛り上がってるのはオタとアンチ位です(笑)

強気の発言をしてガーっとそれに追いつけばと一種のルーティーンになったのはカナダに行ってからだそうですね。
でもどん引きする程の俺様発言てここ二年くらいのことでしょうか?
「ノーミスします。そうじゃなきゃ羽生結弦じゃな」
「最高の羽生結弦になって」
というのもありましたが(笑)

あの〜実は私、彼の発言にどん引きしたことがないんです。
だから気になる人がいるって最近まで気づかなかった(苦笑)
逃げ道を作らず、自分に鞭打って茨の道を突き進む。
なんて格好いいんだ!!と毎回素直に感動してました。
平昌での「(金メダル)誰が取ろうが僕も取ります」なんて最高に痺れましたもの。
私っておめでたい奴でしょうか?恥ずかしい?(^_^;)

天才って凡人には理解出来ない所があって当然ですよ。
羽生君は凡人の趣味趣向に合わせる必要はないです(キッパリ)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ