女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。

こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

自由項目3

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
つゆくさ様
仰る通りですねえ…
彼らしいとしかいいようがない。
ふたつとも旧プロはある意味センセーショナルで。

でもそこで興味をぐっとひきつけられてしまうです
どうなるのか、とね…
投稿者:伊佐子
こんにちは、しおり様がそんなにがっかりされるとは
思いませんでした。
でもそうですよね〜誰でも再演、しかもショートも、
と聞くとさすがに守りに入った、と思うだろうし…。
私も新プロを望んでいた。

だけどSEIMEIは仰る通り背水の陣です…
逃げ場を断って迎え撃つ。彼なりの美学?かもね
しかもインタは相変わらず明るくてさらさらと。

私も複雑な気持ちはあるけれど、
この選択をした羽生選手にずっとあっけにとられつづけているところ…。
勝つ気しかないのですよね。
投稿者:つゆくさ
今回の選択、本当に彼らしいですよね!
まさに本能剝き出し(笑)
SP FPどちらも再演、しかも同シーズンに使っていたプログラムなんて普通考えないじゃないですか。ルールにはないけれど、片方が過去プロならもう一つは新プロという概念がずっとあって。
それをサッと飛び越えてしまうんだから(いや、悩んだとは思うのよ)やはり彼は非凡だなあと。

しかし本当に自分を追い込みますよね。
知っていたつもりだったけど、惚れ直しました。


投稿者:しおり
こんにちは。
私は、発表を受けてガッカリしました。こんなにガッカリするものか、と自分でびっくりする程ガッカリしました。自分の中にあった羽生選手のイメージじゃなかったんです。彼は、もっと無謀で怖いもの知らずなところがあって、それが魅力だったのに、と。例え最後に散ることがあっても、果敢に新プロに挑む姿が相応しいと思っていましたので。

でも、よくよく考えたら、SEIMEI選択だって別の意味で無謀でハイリスク。逃げ場がないところに自分を追い込んでいるとも、言えるのかも知れない。だけど、インタの彼は、全ての選択に自信を持っているようにも見えました。

だから、今だにグルグルしてはいるのですが、とにかく、勝ちに行く彼を見続けようと 今は思っています。
投稿者:伊佐子
いやあノブリン様もかなりお詳しいですね。
誰でも知ってるものなのかな、それとも。

羽生選手についてはホントいろいろ言われているけれど、
彼なりに悩んで考えた結果だろうし。
改めて全力応援しよう!と思いましたよ。

羽生疲れですか?ははは
私はますます羽生沼に嵌りそうですよ…
またまたね〜ぐいぐいと引き込まれています〜
投稿者:ノブリン
伊佐子さん、伎芸天教えて頂き、ありがとうございます、思い出しました、そうでした!(自分で調べろって話ですが)。

羽生君の再再演・再演セットには、かなりガクっと来た私なのですが、でも今の男子シングルの状況を考えたら、連覇するのは生半可なことではないと、彼自身が一番危機感を持ったのでしょうね。若手とベテランの間にいる王者としての自分のしんどさは、そんな甘いもんやないと。真4回転時代も、絶対に勝ちたいのだと。
ならば、私もその判断を信じて、結局は応援するのみです。

SEIMEIが伝説のプロになるだろうと言う人もいますが、これは他の誰にも手を付けられないプロではないでしょうか。だから羽生選手が引退したら、演じられることは無い気がするのです。
そこに天才の孤独も感じたりするのです。
依然、羽生疲れです。新プロなら、少しは弾けられたかも、と思いました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ