女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。

こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

カレンダー

2017年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

自由項目3

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
そう、とても彼らしくて意地みたいのを感じるけれど、
それが果たして受け入れられるかということを
みなさん心配されているようですね。
どんな音楽でも完璧に演技をしたら人を納得させることが出来る
…と考え、挑戦するのが羽生選手でしょうね。
投稿者:よろ
私はSEIMEI以外はないと。普遍的なテーマを演じては、そこらの演者と同じで彼らしくない。完璧に演じた時だけ魔法となり、僅かなミスで瞞しとなる。だから面白い。
投稿者:伊佐子
よろ様
SEIMEIを選択したことにいろいろ意見があるようですが、
まあ当然とは思うけれど、本人が一番滑りやすいと思ったのなら、
王道でなくてもいいのかな、とも思いますけども…。
投稿者:よろ
愛を語るでもなく、悲哀に寄りそうでもなく、人生を謳いあげるでもなく。ここ1番の大舞台でテーマが呪術。世界が魔力に平伏すのか?それとも瞞しと嘲笑されるのか?見もの。
投稿者:伊佐子
しおり様
なんかすごく恥ずかしい記事でした…
しおり様もここに来て腹を括られたのかな。
私はもう単なるミーハーとして、かわいい、いじらしい、
きゅーん…これだけでしょうか。。
母性本能というか祖母本能だな(笑)
プログラムがとうとかはもういいや、
彼のインタや笑顔を見ていると、ただ頑張って、
と応援したい気持ち。これだけですかね・・・
投稿者:しおり
こんにちは。

記事、というより、コメ返の、「いじらしい」という言葉に反応してしまいました。

「いじらしい」、何て的確な言葉なんだろう。何か言われるのは百も承知、それでも、どうしても金を獲りたい、獲らなきゃいけないんです。周りのみんなの為に、ファンの為に、何より自分の為に…。

今まで、こういう状況に置かれたアスリートっていたでしょうか?

「いじらしい」…言い得て妙だと思います。

だから、という訳ではないけれど、私は やっぱり 声援を送り続けるでしょう。もう、旧プロでも新プロでも構わない、彼のそのいじらしさが実る時を目撃したいと、切実に思います。
投稿者:伊佐子
wing様
こんにちは。
本当に話題独占、騒然としてますね〜


バラード1、そうだったですか。もう忘れてる(>_<)
ごめんなさい。
でも彼に合ってましたね。だから続投になったのだろうなあ。

私もソチフリーが本人の不本意な出来での優勝だったから、
それが今の、これまでの彼の原動力になっていると思っているのです。
その懸命なところがね…いじらしくて…。
と言ったら軽すぎて怒られるかもしれないけど
投稿者:wing
こんにちは
コメント2度目ですが、ハンドルネーム変えたので…

色々と喧しいですね〜
アンチは勿論のこと、ファンブログ(?)でも文句言いまくっている人多いですし。

自分はバラ1再々演に呆然とし、SEIMEI再演に最初ガックリしたんですが、彼のインタ等聞いているうちに心境が変化しました。
傍からどう思われようとも、明確な目標を持って自分の信じる道を進もうとする姿に清々しさを覚えたからです。

ソチでは不本意なフリーだったので、今度こそショート・フリーともにクリーンな演技を決め、誰からも文句の付けられないような勝利を手にしたいんでしょうね。

バラ1の最初のシーズンはノーミス出来ませんでした。2シーズン目のN杯で(構成上げて!)ようやくノーミスできたはずです。
投稿者:伊佐子
つゆくさ様
アップしたあと非常に恥ずかしくしばらく羽生選手から
離れようかと思います(笑)入れ込み過ぎてます(*_*;

>オーサーが用意したとっておきのプロ
ふーん…そんなのがあったのですか…
とっておきとは見たかったな…

>何言ってるかわからなかったら…
よく分からないけど(笑)ギラギラした羽生くんが魅力的ということかな?
私はなりふり構わずな強烈なところが魅力というかひきつけられるというか…
でも本人の肉声を聞いたらただかわいいなという…(苦笑)


>荒川さんのトゥーラン
いや、知らなかったです。新プロ作るつもりだったのですか、
へえー
ものすごく直前に変えたというのは記憶してる。シーズン中に。
モロゾフの所へ行ったのね。
荒川さんがそこまで入れ込んでいたとは思ってなかったかな…
だけど本当に異例だったから
やっぱり出る以上、狙ってたんですね〜
投稿者:つゆくさ
「タラソワのプロでは勝てないと思った?」でした
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ