女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。

こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

自由項目3

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:つゆくさ
あはは
伊佐子様、まさにその通りだと思います。
バラ1再再演は城田さんのプッシュでしょう。
でも結局呑んだのは羽生選手ですからね。

私も初めはプリンスを持ち越すつもりだったのだろうと思っていましたが、SEIMEI再演が決まっていたなら、ショートは新プロを予定していたのかもしれないと思います。
それか、クリケは2つとも新プロを用意していたけどショートを城田さんが蹴りフリーは羽生選手が蹴ってお蔵入りとか。
オーサーが用意したとっておきのプロをいつか知りたいものです。少なくともどちらかは新プロだったのでしょうから。

歴史に名を残すことに何の価値も感じない私ですがギラギラした彼を見るのはとても好きです。
私は彼の欲望をとてもきれいだと思うのです。理性という不純物が混じってないから臆面ないとか外聞がないとか言われたりするけれど、良識ある人々が、そこまでして勝ちたいのかと引く部分に私は魅力を感じます。
何言ってるかわからなかったらごめんなさい。

あと前記事の荒川さんですけど、トゥーランに戻したのは新プロを作る時間がなかったからです。ご存知かもしれませんが。
確かオリンピック2〜3か月前でしたよね。その時期にコーチもプログラムも変更は異例でした。
のちのインタビューので「タラソワのプロでは点数がとれないと思った?」の問いに「はい」と躊躇なく答えているのを見て、ああやはりこの人は金メダルをとる人だと思いました。


1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ