女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。

こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

自由項目3

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
微笑ましいですか…うう…
喜んでいいのか情けないのか…

羽生くんは話すことがまあ、独特なので
どうしてもそこに注目が行ってしまうのですね…
投稿者:よろ
主様
失礼いたしました。誉めちぎっているときはもちろん、イケズなときも、羽生記事の主様は毎回あまりに微笑ましくて、つい。お許しを。
これでも記事内容の共感度、意外と高いんです(笑)。
投稿者:伊佐子
よろ様
からかわないで下さい、恋ではありませんよ!
納得のいかない部分も未だにあるし!
でも外野から見たらそうなのかなあ…(>_<)
投稿者:よろ
主様の様子。
愛といえば愛でしょうが。外野からみると「恋」だなあ。私は100%恋なので、勝手に仲間にしては申し訳ないですけど(笑)
投稿者:伊佐子
しおり様
アンチ以下というのは無関心ということですね〜

今回の24時間でも冷静になればかなり突っ込み所満載でしたが(笑)
しかし初めの感動の気持ちは本当だったから、そこは押し殺しました…ははは
その時々の感動は絶大で気持ちが高揚しますが、
しかし心酔や崇拝ではないので冷静にもなってしまう…という感じかもしれません。
でも感服はします!

彼は確かに一途で何に対してもしっかりした気持ちで打ち込んでる、
今回はそのいいところが出たと思います。
これらの経験が演技に生かされるといいなと切に願います。
投稿者:伊佐子
wing様
24時間テレビそうでしたか。
前のことはすっかり忘れている、こんな私ですから、ははは。
被災地とかはもういいんじゃないですかね…
あまりそういうのは強調しなくても…。

羽生選手の4入りエキシ…、これからのトップ選手は
エキシでもどんどん4を入れるのが普通になって来るんじゃないかな〜
これだけ飛ぶ人が出て来るとね〜
投稿者:しおり
こんにちは

私は羽生選手以外の選手の演技は見ても、インタビューは聞きません。アンチではなく、何を考えているかなんて、本当に興味がないのです。ある意味アンチ以下かも知れません。

ですからブログ主さまが、どうしても無視出来ずにいる状態はやはり、愛情なのではないかと思います。散々クレームを入れておきながら、なんですが、愛ある小言ならいいのではないかと思います。

昨夜の羽生選手は素晴らしかった。正にひとつの芸術でした。何に対しても一生懸命な人柄が表れていたと思います。シーズンインした時、その人柄がプラスに働きますよう願って止みません。
投稿者:wing
こんにちは

24時間テレビは4回目の出演ですが、自分的には今年が一番気楽に見られました。
先ず、収録ということがわかっていたので安心して鑑賞できましたし。
1年目や2年目の企画みたいに、被災地を訪れ、被災者の方を招待してという形が、最も羽生君の出る意義があるように思うのですが、正直ご本人もフラッシュバックして辛いのではないか、と思う気持ちもありました。

24時間出演で震災関連以外の企画は初めてですが、今回はとても良かったと思います。
流麗な演技に、温かい言葉、改めて羽生君の素晴らしさがわかりましたね〜
投稿者:伊佐子
ユーカリ様
タオル、いりましたね…。終わった時、ボロボロでした…。

いやあ、励まして下さり、ありがとう。
好きな子についイケズしたくなるというアレなのかな?
でも今回の見て、拝み倒したくなって来て(笑)
もういや味を言えなくなるかも…なんてね
投稿者:ユーカリ
私も同じように感じ、ずっとタオルを目にあてながら見ていました。

伊佐子さま
これからも、伊佐子さんの感じるままにイジって下さいませ。
試合が始まると、また彼は、皆を心配させたり、伊佐子さんがツッコミたくなるようなことがあったりすると思われます。
どうぞ競技を終えるまでついたり離れたり?して応援して下さい。
伊佐子さんには、愛があるとわかるからです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ