女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2018年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
なでしこ様
私はダムパリのシーズンは体調不良で、
肝心(笑)のあのシーズンの記憶がまったくなく、
覚えてなかったのですが、あとで録画を見ました。

ダムパリは確かに何を伝えたいのかさっぱり、という感じ。
ところがカナダ・ロンドンのワールドですよね。
あの時も怪我をしていたとかで。
演技とかストーリーよりも羽生君のあの必死の頑張りに
ほだされるという感じ?

まさにあの時も羽生劇場だったかもしれませんね。
投稿者:伊佐子
閑人様
ネットという顔の見えない中での言葉だけのやりとり。
確かに誤解を生みやすい世界です。

どれだけ言葉を尽くしても相手に伝わらないと感じることもありますね。
それはやっぱり自分の言葉足らずの部分もあるとは思うし、
日々反省と精進ですが、
ただ曲解というか、明らかに言葉尻を捕まえ…
ということもあるかもしれない。

手軽なだけにそれぞれが言いたい放題になって、
現在の混乱状態になってるのかも。
闇ですね〜

余裕がないというか、違う意見を排除の方向ですね。
そして自分だけは正しいと思っているという。
それもいい大人が…。

でもね〜スケート界だけなんですよね、それ。
美術系なんてなごやかだし。
投稿者:なでしこ
ニースまでは良かったとか(涙
実は私も「ノートルダム・ド・パリ」を観た時には同じ様に感じていました(笑)

繋ぎもりもり、基礎点あげあげの構成をこなすのに本人いっぱいいっぱいだし、点を取るために特化したプログラムに見えて、正直心に響きませんでした。

でもソチ枠をかけた世界選手権では心打たれました!
ショートの貯金で逃げ切りパターンではなく、渾身の逆転フリー。

うーん、やっぱり私は「羽生結弦劇場」の熱心な観客なんでしょうね(笑)

投稿者:閑人
お返事ありがとうございます。
>時々ブチ切れて〜
いーえ。全然です。
それぞれブログをさ迷って思うことは 言葉のニュアンスを取り違えて 逆切れ?してんじゃないのかなです。(なんでも噛みつくのは論外ですが
読解が足りない あるいは言葉足らず そして相手に対する思いやりが足りないのかなと。
顔の見えないのをいいことに 言いたい放題はいかがなものかと思うわけですわ。ブログ主とコメ主のやり取りを見てますとね。
あと なぜこうもキレやすいのかと。
その余裕のなさはどうしてなのか ネットというお手軽交流手段の裏の闇ですわ。
まあ 文達者でないので人のこといえないのですけど 誤字もあるし パソコン苦手ですですわ。
ちょ〜アナクロ人間です。

>るいは友を呼ぶ
まさにそうですね。同じような傾向のひと もしくはそれ以外は認めないようなひとが多いような気がします。(後者はよそ様のことです 笑)
つまんないこと書きました。失礼します。
投稿者:伊佐子
なでしこ様
震災があった時、当初は、スケオタさんは皆彼のことを心配して、
すぐに羽生はどこにいる、無事なのか、って
すごくみんなで心配されてたんです。
無事だと分かった時にはみんなほっとして。

それがどうしてあんな風に…(涙)
ニースまでは良かったとか(涙

仰る通り、
彼の演技は、演技を超えて自分をぶつけて来ますね。
ノーミスでなくても
それが刹那的な、生き急いでいる感じがあって
目が離せなくなる…
沼から抜け出られないんですよね(笑)
投稿者:伊佐子
閑人様
三寒四温と申しますが急に暖かくなりましたね。
洗濯物も乾きが早い(笑)

過去記事は本当に恥ずかしー。書き捨てですし(汗。
時々ブチ切れてるでしょう(笑)。
でも真面目に言うといろんな考えがあっていいと思うし、
私の考えをすべて受け入れろというわけではないんですけど、
突撃されると凹むんですよね。やっぱり。
褒められて伸びるタイプなので(笑)

応援ブログはそれはそれでまたひとつのあり方だし、
でも私の場合は日記の発展形だったので…。

類は友を呼ぶという感じで、私の場合は多趣味な方が
見に来られるのかもですね〜。


>新プロ志向主義
羽生選手の過去プロ再演のことでしょうか?
私もはじめはせめてどちらかは新しいのが見たいと思って
暴れましたが(笑)
でも結局羽生君なら何でもよかった(笑)見られるだけで。
それも好き好きですね。
時々胸やけするのは同じです(笑)

いやあ居心地がいいとは、嬉しいお言葉です。
褒められて…(略)
インテリジェントまでばれちゃいましたか(恥)
投稿者:なでしこ
彼の演技には彼の生のその時の気持ちが現れているような気がします←本当にそう!

シニア二年目のロミジュリに毎回涙したのも、震災から立ち上がろうとする彼の心を感じたからなのかも。
シニアに上がった時から観てましたが、お茶の間ライトファンなもので、彼が被災者だとは当時知りませんでした。
明日はいらないかの様に全力を尽くし果てる姿に心奪われていました。

演技を越えて、生身の彼自身や生き様を突きつけてくる。これが羽生結弦の魅力ですね。
ハマったら逃げられません(笑)
投稿者:閑人
ぽかぽかですね〜。春ですな〜。
私がコメさせていただくブログ様は 近隣の記事はもちろん 過去に遡って 見させていただいています。主様のおっしゃる批判めいた(笑)ものも もちろん読んでおります。
別段 思い入れがなく 普通に見たままの感想かなくらいにしか思いませんでした。
共感できる部分も多々ありでしたわ(笑)
妙にキャピキャピでなく はたまたスケオタ(というんですか?)を気取るわけでなく。
そういった方はあまりお見受けしなかったので。
それ以外でもご趣味や京都のこと等織り交ぜておられて 読み応えがあり大好きです。主様ほどではなくとも多趣味を自負する わたくしめとしましては大歓迎ですわ。
というわけでこうして長々とコメせさせていただくに至っております(笑)

ところで とあるスケオタさんとおぼしき方が(アンチさんでもなさそう)過去プロがどうの
スポーツマンシップでないの 上手くやれて当然と呟いておいででしたが 新プロ志向主義?どうも自身の思い入れが強いというか これっという理想があるのか 逆の発想ができないところで終ってますなとしか・・・・次々新プロやるけど完成させられないままなのはいいのか?というね。
(そりゃ新しいのは見たいですけどね)
とことん拘るも そうじゃないのも選手の自由。
外野があれこれ言うのも自由ですが・・・お仲間どうしで実際に合ってしゃべってろよと永遠のニワカは思うのですな。もちろんそうじゃない方もおられるけれど アンチさん同様 視野が狭く無駄に声高(笑)よっぽど〜選手最高 神だわ〜ととのみおっしゃている方々のほうが平和でよろしいですわよ。時々胸やけしますが(笑)

というわけでこちら様はとても居心地のよい場所でございます。別に羽生づくしであってもなくてもかまわないのであります。
ぜひ思いのままにツンデレインテリジェンスを語ってくださいませな。
失礼いたしました。
投稿者:伊佐子
wing様
神戸チャリティは語り草になってるものですね。
生でご覧になったのですね。
心を揺さぶられるような衝撃、分かるような気がします。
そのような出会いが出来て素晴らしいですね。

>白鳥は震災復興のモチーフ
そうですね。
羽生選手はひとつのプロにこだわりがあるようですし。
ノッテは明らかに続編という意味があるのでしょうね。


>notte stellata
「星降る夜」と訳されていたから、やはり星のイメージですね。
その夜に星を見たことがずっと記憶に残っているのでしょう。

彼の演技には彼の生のその時の気持ちが現れているような気がします。
それがwing様の感性に触れるのでしょう。
素晴らしい選手を応援出来て、幸せですよね。
投稿者:伊佐子
なでしこ様
私はファンと言えるほどなのかな、と考えてしまいますが、
あの五輪の盛り上がりの昂揚感は忘れられないです。
幸せだったし、夢をね、見ているのかと思うような。。
夢を見せてくれてありがとうなんです。


褒めて下さってすごくうれしいです。ありがとうございます。
褒められて伸びるタイプなので(笑)。

リピーターさんでしたか。
私は京都に住んでいて、すぐに景勝地に行けるので
いい所に住んでるなあと(笑)

これからもよろしくね。

あ、あと球体関節は韓国製の方がいいんですよ(笑)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ