女王様のpetit diary

何についても何の素養もない伊佐子の手前勝手な言い放題

 

以下は本ホームページです。こちらもよろしく↓

Be My Barbie

HOME

Art Maniacs

↓ご連絡・メールはこちらへ

メール

カレンダー

2018年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

ここは管理人・伊佐子の日記を書くブログです。

本サイトは

>Be My Barie

お人形とエッセイのサイトです。

アートのサイトも見てね

>Art Maniacs

最近頻繁に更新中↓

My Favorite Arts

最近全力で更新中↓

My Favorite Artists

書評

展覧会評

映画評

フィギュアスケート

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:伊佐子
なでしこ様
コメント見落としていました。申し訳ないです。

>私は演技だけを見て評価したい人間なので…
私もそうです。というか、演技で感動すれば、
演者の背景とかはどうでもよくなるんですよね…。

私もロミジュリの感想はまったく同じでした。
前年に被災したことは聞いていたけど、そういうこととは関係なく、
あの無鉄砲さが若さゆえのロミオの暴走に重なって、
見ていると切なくなって…、
それはもうそれだけで作品として出来上がっているんですよね。

>すべてが芝居がかってるところ…
そうなの、そこが彼の一番の特徴かな。
でもスケーターはたいていが芝居がかっている人たちだと思うんですよ。

演技後の動作とかね。そこまでが何というか…、
スケートの演技だと思うようになったかな。
村主さんの「神様」とか(笑)
氷にキスとか(ロロ様やミーシャ)。
照れがあればああいうことは出来ないでしょ。
見に来ている人が全員自分のために来ている、という思い込みが出来る人というか。

そういう厚かましさみたいなのが必要なのがフィギュアだと思うようになりましたね…。
投稿者:なでしこ
「表現や、感動するとか、何かを感じられる演技はその人本人の背景が見えないと分からない」
そう彼が答えた時、私も伊佐子さまと全く同じことを思いました。
時として彼が、劇場型であるのはそのせいかと。

私は演技だけを見て評価したい人間なので、演者の背景には興味はありません。
2011年〜2012年シーズンのロミジュリを見て毎回泣いてましたが、彼が被災者であることは知りませんでした。
興味が無いので右から左へ聞き流していたのかも。。
でも感動してましたよ。
彼のスケートへの純真無垢な情熱が、ジュリエットを想うロミオに見えて眩しかった。
体力が無いのに最初から飛ばしまくり、毎回最後には疲れてしまう欠点さえ、ロミオの若さ故の無鉄砲な危うさ脆さに見えてしまってね。

彼を嫌いう人達は「すべてが芝居がかってるところが嫌」と言いますよね。
無意識に演じちゃうのかもね。
演じることに照れが無いというのはフィギュアに必要な大事な才能なんですが(笑)
サービス精神が旺盛なのもあるかも。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ