はじめに  お知らせ

Kajitama Newsは、もともと、梶山ゼミHP Kajitamaの脇で、地味に更新されてきたコーナーです。
内容は、季節の話題、ゼミや梶山の近況など、たわいのないものでしたが、時々は、ゼミ生や卒業生への連絡、ゼミ見学の案内など、お知らせコーナーとしても機能していました。
ゼミHPの本体をマメに更新できるならば、これでもかまわないのですが、時間や能力上の問題と、生来の不精な性格ゆえに、演習課題のアップすらままならない状態です。正直なところ、HPの更新は面倒くさい・・・最近はやりのブログ形式なら、もう少しマメに更新できるだろうと考え、Kajitama Newsをここに移転し、内容の充実を図ることにしました。
Kajitama Newsのアイドル、ちびたまくんも、もちろん一緒に引越して来ました。
単なるゼミの連絡板としてではなく、2年から4年ゼミまでの現役生同士、卒業生と現役生の交流の場としても活用してもらえれば、うれしいです。
なお、コメント等の書き込みにあたっては、くれぐれもマナーを守って下さい。不適切な書き込みは、気づき次第、こちらで削除します。
どうぞよろしくお願いします。  
    2006年10月   管理者  Kajitamaこと梶山玉香

AOLダイアリーサービスの終了に伴い、ブログを移行しました。アクセスカウンターなど一部機能を除き、記事やデザインは引き継がれます。URLもhttp://diary.jp.aol.com/kuwbfvkc3z3/から、http://purple.ap.teacup.com/kajitamaへ変更となります。ブックマークをされている場合は、変更して下さい。
2006年10月の開設以来、2008年12月3日22時すぎまで、のべ51866件のアクセスがありました。今後とも、Kajitama Newsをよろしくお願い申しあげます。
        2008年12月3日    かじたま
只今、「卒業生消息把握計画」実施中!くわしくは、こちらで。

Facebookページ開設しました。http://www.facebook.com/kajitama

クリックすると元のサイズで表示します
6

2018/6/21

分裂?!  

火曜日の3年ゼミは、平成20年6月に出た最高裁判決をめぐる争い。
直接の事案は投資詐欺。
損害賠償にあたり、詐欺の被害額から、(本当の投資と信じさせるために)配当金名目で渡された金額を差し引くべきかどうか…が争点です。
この判決の直前には、ヤミ金に関する判決が出ており、ここでも、損害賠償にあたり、返済総額から、最初の貸付金相当額を差し引くべきかどうかが問題となっていました。

最高裁は、どちらの事案でも、不法原因給付(708条)の趣旨に照らし、「損益相殺(的調整)」として差し引くべきではないとしました。
しかし、投資詐欺事案では、ある裁判官による反対意見が付きました。
この裁判官はヤミ金事案でも、結論賛成だけど理屈は違うとして「意見」を出していました。
ですから、必然的に、ヤミ金事案との整合性についても考えなければなりません。

議論は、法廷意見と反対意見との対立という形で進められていました。
ところが、法廷意見側から、「離反者」が出ました。
「差し引かないとする理由がわからない」というのです。
じゃあ、特別に席を移動し、反対側へまわってもらおうとしたのですが、よくよく聞くと、ヤミ金、投資詐欺の両事案で「差し引くべきじゃないのか」という見解らしい( ̄▽ ̄)…
と、なんと、反対意見側からも、これに同調する人が出てきました。
被害者といえども、その利得を保持してよい理由がわからない、むしろ、それはいったん加害者に返して、ほかの被害者の救済などの原資にすべきではないか、というのです。
そして…
なぜだか、第三の島ができました。

「こんなん、ありなんですか?」など戸惑いの声があがりましたが、梶山はひとりでニヤニヤしていました。
「あぁ、うちのゼミっぽくなってきた」
これは、過去のゼミで、非常によく見られた光景です。
ここ数年は、良くも悪くも「真面目」なので、みんな、内心「自分の意見とは違うなぁ」と思いつつも、与えられた役割を果たしていました。ですから、こうした光景はほとんど見られませんでした。

ただ、たまたま見学に来ていた2年生2人は、ビックリしたでしょうね。
ごめんなさい…

残念ながら、708条の存在を完全に否定するような第三の島は、全く支持を得られませんでしたが、多少、心を動かされた人もいたようでしたので、次回は708条に関する昭和45年の大法廷判決を取り上げることにしました。
次回はさらに荒れるかも…
2

2018/6/19

日曜から月曜のこと  Kajitamaの近況・つぶやき

この日曜日は、息子の演奏会でした。
オーケストラやアンサンブルは、これまで何度かありましたが、ソロのコンサートというのは今回が初めてです。
「え?確か、息子の楽器ってコントラバスじゃなかったっけ?」って思った人、そうなんです。
コントラバスってソロ楽器のイメージがないと思います。でも、コントラバスは、ボンボンという低い音だけじゃなく、とても幅広い音域をもっています。音色も豊かです。
興味のある人は、YouTubeなどで、Gary Karrと入れて検索してみてください。たぶん、イメージが変わると思います。

3月末ごろからすすめていた企画です。
当初は、会場を借りるつもりでしたが、話をするうちに、お店で定期的に開催されているサロンコンサートの枠を使う可能性があることもわかりました。
サロンコンサートの出演者は専属のプロデューサーが決めているのだけれど、たまに出演者の手配が難しい回がある、その回に「自主企画」として入れることはできる、とのことでした。
録音物を聴いていただいた結果、何とか、6月17日の出演が決まりました。
6月17日だけ「自主企画」となっているのは、こういう経緯からです。

チラシ(もう終わったので、載せますね)
https://arti.verdi.jp/news/event/161.html

このお店にこだわったのは、地元で、50人程度の規模の会場だったからです。
私が産休明けから働きましたので、息子の子育てには夫の母や私の両親が深くかかわってきました。息子も祖父母を大切にしてきました。今でも、帰省すると、必ず祖父母の家に顔を出します。
ですから、どうしても、元気なうちに、息子のソロ演奏をたっぷり聴いてほしかったのです。しかも、祖父母だけを相手に弾くのではなく、できれば、お客さんの前で弾いている姿を見てほしいと思いました。
そのためには、自宅から遠くない会場でないといけません。「がらーんと広い会場にお客さんが少し」だと、「将来、大丈夫か・・・」と不安にさせるだけですので、集客能力に応じた会場が望ましい・・・集客しやすいのは「地元」、コーヒーを飲みながら気楽に聴ける、となると、もう、ここしかないと思ったわけです。

50人の会場ですので、せめて30人は欲しいところ・・・と思っていましたが、思いがけず、64人ものお客さんが来てくださいました。会場のキャパとの関係で、申し訳ないことに、当日申込分はお断りすることになってしまいました。
乳児室、保育所、学童保育所、小学校、中学校でお世話になった先生や同級生、保護者が中心ですが、高校も京都でしたから、高校の同級生や保護者も来てくれました(伴奏者も、高校の同級生です)。
まさに、息子の「歴史」を見るような顔ぶれでした。
そこに、夫や私の職場の同僚も何人か来てくださったので、当日の会場は「プチ同窓会」+「プチ教授会」と化していました(笑)

当日の様子
https://www.verdi.jp/blog/?p=6710

通常のサロンコンサートは、クラシックに精通した人が大半を占めるのでしょうが、今回は、上述の事情から、クラシックコンサートって初めて!という人も少なくありません。
なので、今回は「退屈させない」ことを第一に考えていたようです。
そのせいか、クラシックコンサートにありがちな「寝てしまう」人もなく、時折笑いも起きるなど、ほのぼのと、よい雰囲気のコンサートになりました。
奇しくも、当日は父の日・・・
実は、会場の近くには夫の父が眠っており、私の父と夫という「3人の父」にとって、息子の演奏はよい父の日のプレゼントになったのではないかと思います。

ただ、まぁ、慣れないマネージャー業に従事した私は、ハンパじゃない疲れ具合で(笑)・・・

いつ寝たかの記憶もなく、まさに「倒れる」ように寝た翌日の朝、「まだ疲れがとれないなぁ」とぼんやりしていたところ、大きな揺れ。
幸い、自宅では被害がありませんでしたが、北摂地域はずいぶん大変な状況になっています。
昨日、大学は休講になりました。
今日は、非常勤先、本学ともに開講していますが、時々、余震があり(夜中にも大きい揺れがありましたね)、全く油断できない状態です。
くれぐれも、自分の身の安全を最優先にして行動してください。
2

2018/6/14

3週目に突入?  

今年の講義は火曜と金曜に集中しています。
このビミョーな間隔が、ノドの風邪の回復を妨げている気がします。

つまり、治りかけのところに講義が入って、ふりだしに戻る…

朝からノドが痛かった5月29日(火)、
その夜から発熱し、久々にダウン。
何とか復活しましたが、
6月1日(金)と6月5日(火)の講義は、声がガラガラ、すぐ空気音に…
6月9日(金)ぐらいになると、声は出るけど、咳も出る。民法概論の途中から、咳き込みがとまらず…
6月12日(火)には声もかなり回復、咳もかなりマシ、だけど、ノドにずっと何かがからまっている違和感があり、定期的にウガイが必要な状態。

で、また金曜日がめぐってきます。
長引くねぇ、ノドの風邪。
いや、アラフィフの風邪?



1

2018/6/14

7月1日に…  

FBページのほうで、「平日の火曜日は(来てもらうのが)難しいけど、土日などに進路相談会的なものをセッティングしてはと考えている」とアイデアや協力を呼びかけたところ、ありがたあことに、複数の卒業生から協力の申し出がありました。

11期のTくんは、早々に京都市役所就職組(16期のKくん、19期のAさん)を束ねて3人が揃う候補日を2つあげ、「15時から相談会、その後、懇親会でどうですか」と具体案を提示してくれました。
候補日の1つは私用(息子の初ソロコンサート?!)とがっつり重なっていたので、もう1つの23日にしました。
23日は昼間に、民訴の門下で食事会をするのですが、15時からならギリギリ間に合います。
出来るだけ同じ日にたくさん来てもらうのがよいので、奈良県庁に勤める16期のTくんに聞いたら「その日で大丈夫です」。
でも、残念ながら、神戸市役所に勤める18期のUさん、銀行に勤める16期のKさんは都合がつかず…

ところが、ゼミ生に聞いてみると、
肝心の4年生は「公務員試験の前日なんです」
3年生も「すでに予定が入っていて…」

ありゃりゃ…
ということで、日程再調整。
7月1日(日)になりました。
前回都合がつかなかった2人のOGも、「大丈夫です」
OB、OG6人が揃います。
ゼミ生のほうも、4年生から続々「その日なら参加したい!」
3年生も「大丈夫です」

やれやれ…
ということで、7月1日15時から、となりました。
良心館401教室です!
卒業生の皆さんには、ホントに感謝します。
(あ、これ読んで、「じゃあ、行こかな」って思った人、連絡くださいね)

この時期なら、22期生も(一部は?)確定しているから、希望者には来てもらってもええかも…
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ