| 投稿者: MIE

7/23(日)13:00〜15:00 新潟【よろっto ローサ】
≪KINZAN≫
金井拓明(Guitar)山本美恵(Piano)
http://yorotto.com/?cat=3
Tel.025-378-1137
新潟市中央区西堀ローサ七番町内
無料

8/20(日)13:00〜15:00 新潟【よろっto ローサ】
≪KINZAN≫
金井拓明(Guitar)山本美恵(Piano)
http://yorotto.com/?cat=3
Tel.025-378-1137
新潟市中央区西堀ローサ七番町内
無料

8/30(水)19:30〜 吉祥寺【MEG】
山本美恵(Piano)岩谷耕資郎(Guitar)小竹美穂(Vocal)
http://www.meg-jazz.com/
TEL:0422-21-1421
武蔵野市吉祥寺本町1-31-3
チャージ2300円(おつまみ付)
+1360円(ミニマムチャージ)

9/15(金) 20:00〜渋谷【Ko-Ko】
山本美恵(Piano)Trio Live
クラッシャー木村(Violin)
岡部洋一(Percussion)
http://jazz-koko.mods.jp/
TEL.03-3463-8226
渋谷区道玄坂2−26−5 ひまわりビル2階
チャージ2600円+オーダー

9/17(日)13:00〜15:00 新潟【よろっto ローサ】
≪KINZAN≫
金井拓明(Guitar)山本美恵(Piano)
http://yorotto.com/?cat=3
Tel.025-378-1137
新潟市中央区西堀ローサ七番町内
無料

クリックすると元のサイズで表示します
21

2017/7/3  22:39 | 投稿者: MIE

2017年6月26日リーダーCDのレコーディング二日目はグローバルに活躍するパーカッション奏者、岡部洋一さんを迎えてのレコーディング。わたくしの実家のある新潟県の中でも、金物や洋食器の地場産業が世界的に有名な三条市、スタジオKENにて。
この日は個人的にセッションに近い感覚がありました。【Recording Session】とでも言いましょうか?プロデューサー、ベーシスト、エンジニア、スタジオKENオーナーをすべて兼任する長野賢一さんの紹介で四年前ここで初めて岡部さんと演奏する事ができ、ご一緒する三作目のCDの録音でした。
クリックすると元のサイズで表示します

後列左からギター金井拓明、パーカッション岡部洋一、ベース長野賢一。前列左から、ピアノ山本、地元二胡奏者の江辺玲子の各氏。セッション的だと感じたのは、勢いが有り耳も新しいなるべく最初のテイクを尊重して、フレッシュな音をラッピング出来たからではないでしょうか?これからミックスして貰い更に心地よく、心に届くような音楽をお届けできると思いますよ!
クリックすると元のサイズで表示します

二年前リリース致しました「Landscape2」と全く同じメンバーでのレコーディング。内容は、二胡の為のオリジナル、ボーカルの為のオリジナル。そして皆さんよくご存じのあの曲も!!ピアノトリオ、ギターとのデュオ、などなどバラエティーに富んでおりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します

三部作とも言える「Landscape」「Landscape2」「Landscape Final」にはそれぞれ、feat.Yoichi Okabeがタイトルの後に付けられています。企画制作して頂いているスタジオKENさんに感謝すると共に、多大なプレッシャーと責任感を以て毎回、臨ませて頂いています。わたくし如きが、凄いキャリアの岡部さんをフィーチャリングするなど、4年前は罪悪感さえ持ちつつ一作目をリリースさせて頂きましたが、未だに百年早いのです。しかしながら私なりの目線で音楽を作っていこうと、東京でライブをご一緒する中で色々学ばせて頂いている次第です。もちろん今回のレコーディングの中でもです。
クリックすると元のサイズで表示します

下の写真は片付けの図。パーカッションの複数ダビングも楽しいですし、単一楽器(ジャンベだけとか)とのセッションも楽しかったです。「あー、まだまだだなあ」と自分自身思った事はよい教訓となりました。やり直しはきかない。反省に胸がチクチクします。
ごめんなさい(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

3月4月指の故障で生まれてこのかた初めて、一か月近く働かず家で療養するという経験をしました。家事もままならず、ほぼ家の中でアレンジ作業をしたり曲を作ったりして過ごしました(まあそういう意味では仕事はしていたが)ペンを持つのも箸を持つのも痛くて、指が腫れあがり巨大化して黒鍵と黒鍵に挟まり、下まで届かず音が出ない事態!だけどどうしても休みたくなかったライブ〜3/31の渋谷Ko-Koのクラッシャー木村さん、岡部さんとのトリオ。この日も音で助けられた事に感謝し、色々勉強させて貰いました。最初にKo-Koの鍵盤を触った時、不思議と軽く感じたものです。
クリックすると元のサイズで表示します

一月、年が明けてすぐに、今回のレコーディングの話を長野さんから頂き、半年間かけて準備してきました。新曲をライブで演奏する度に、「CDになるのですか?」と複数の方に聞かれましたが、はっきりお答え出来なくてすみませんでした。今お知らせできる時期になり、リリースがいつになるかははまだ決まっていませんが、きっと楽しんで頂けると信じています。乞うご期待!
クリックすると元のサイズで表示します

そんな訳で、素晴らしいチャンスを下さった長野さんに感謝です。
ピアノが弾けるのが当たり前と思っていましたが、それは間違いで、命にも演奏家生命にも限りが有ると知った今、この録音は私にとって貴重なものとなりました。共演者の皆さまありがとうございました!ちなみに指は良くなりましたので、ピアノのお仕事待っています!家でのピアノレッスンも再開しました。ボーカルレッスンはやっていませんが(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

楽器がいっぱいの車。動く楽器庫?!
クリックすると元のサイズで表示します

帰りは三条駅から長岡駅へ。長岡から夜行バスで東京に戻りました。中国の伝統楽器をかなり無謀なアレンジなのに真っすぐな音色で演奏してくれた江辺さん。KINZANで月一回のライブをずっと続けてくれている金井さん、お疲れさまでした!これからも宜しくお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/7/2  21:29 | 投稿者: MIE

わたくし8作目のリーダーCDとなります「Landscape Final〜feat.Yoichi Okabe」のレコーディングが終了致しました。2017年5月28日、6月26日、新潟県三条市のスタジオKENに於いて

クリックすると元のサイズで表示します

まずは一日目。ボーカルの小竹美穂をフィーチャリングして3曲。かなりユニークな仕上がりになったと思います。(選曲も!)そして美穂さんの個性が花開く。。(ピアノのブースから撮影)
クリックすると元のサイズで表示します

今回の(も)仕掛け人、ベーシストでプロデューサーでエンジニアの長野賢一さんのブース。実は演奏中顔が見えないのを前提にアレンジさせて貰っています。しかしそんな事は関係なく「あ、うん」の呼吸のベースプレイ。全く杞憂に終わりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ギターの金井拓明とはKINZAN というデュオユニットで活動しています。CDも3作、出させて貰っています。
クリックすると元のサイズで表示します

この季節は演奏しやすいです。一応滑り止めのハンドクリームは持って来ましたが必要なかったです!暑くも寒くもなく、助かります。
クリックすると元のサイズで表示します

今回、3種類のギターを持って来てくれました。6曲参加。
クリックすると元のサイズで表示します

KINZANをフィーチャリングして金井さんのオリジナル曲をデュオで収録。色々考えましたが、ベースやパーカッションが入った方が良いのか?とか、ギターもガットギターかフルアコか?とか。どの曲も選択肢が様々で、悩みながら楽しみながら準備して来ました!
クリックすると元のサイズで表示します

新潟在住。注目のボーカリスト小竹美穂さん
実はかなり難易度の高い選曲とアレンジなのですが、新潟と東京で連携し合って、お互い信頼しながら進めてゆきました。近くに住んでいれば、頻繁にリハーサル出来たのかもしれませんが、私が作った妙チクリンな特訓練習プログラムに付いてきてくれて、情緒溢れる歌唱を披露。乞うご期待!!
クリックすると元のサイズで表示します


レポは続きます。次回は6月26日のレコーディング2日目。
世界的パーカッショニストの岡部洋一さんを迎えてのレコーディングセッション。

おまけに妙チクリンな特訓練習プログラム全12巻の内の一部分を公開!声もピアノも私です。
ではまた☆

0

2017/5/15  17:22 | 投稿者: MIE

前回のブログで書いたJim Butlerさんのバンドのライブの中の飛び入りさせて頂いた動画があがっていました。見れるかな?

A beautiful scene in Fussa with wonderful musicians.
Thanks for adding me to the great band.
何するのか分からずニヤニヤしていますが、楽しかったです。迷惑かけない程度に突撃続けます(笑)

1

2017/5/13  14:51 | 投稿者: MIE

Jim Butler(A.Sax)さんのライブに遊びに行きました。底抜けにハッピー。何と言うか、音を楽しんでいますねー。JAZZですわ。国民性の違いも有るけど、やはりご本家。
おおらかで美しい演奏でした。躍動感有るし。

2セット目に3曲飛び入りさせて貰いました。
会場は福生の「Kurry Gon」場内日本人はほとんど居なくて、外国のジャムセッションに来たみたいでした。いやー、1セット目は客席で楽しんでいて素晴らしいバンドサウンドだったので、どう馴染もうか動物的勘に頼るしかないと思いました。(何やるのか分からないし)こういう突撃シリーズは、しばらく続けたいと思っています。もう自分の身体もメンタルも自分の時間も、限りある資源と今更気づき、有効活用する事に決めました。有効活用はお金儲けに使うというよりも、人の評価を気にせずただ自分の出来る事を少しでも発信する事。なるべく人前に出て音を奏でてみよう、そういう心持ち。しまって置いても役に立たないので、命の有る内に自分を使う事に決めました。完全でなくていい。ピアノを弾いている時は幸せですからね。家の練習も楽しいです。極論だけど、「音が出るだけでいい」と思うのです。あと20年は弾けないでしょうから。
昨日はシットインさせて下さり、ありがとうございました。次は自分のリーダーライブ、6/1渋谷Ko-Ko with俵山昌之&岡部洋一 素晴らしいメンバーです。来てねー!!
優しい人たち、ありがとう!

Friday, May 12, 19:30, in Fussa at the world-famous Kurry Gon restaurant! 😊
Next to Fussa Station, Western Tokyo
Jazz with Jim Butler and Yokota friends, including:
Ben Paille (trumpet)
Mark Frandsen (bass)
Andrew Clemenson (drums)
Alberto Rosado (guitar)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/5/7  19:27 | 投稿者: MIE

坂本龍一 〜設置音楽「async」
ワタリウム美術館のサラウンド試聴室で鑑賞。最新アルバム全曲がsoundcloudに出ていたので、家で予習してから行きました。また、地下のLP試聴室ではアナログレコード盤にしか無いボーナストラックも聴けました。生と死の境界線の音楽。彼岸が見える場所での回顧。一人の人生の重み、その幕を閉じる時の荘厳な音楽。怖くなりました。鑑賞室は天井が高く、音に包まれる感じで部屋の看板は(drowning〜溺死)だった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ