2014/4/27

片桐仁「おしり」ネタ切れサミット2014@阿佐ヶ谷ロフト  イベント

ラーメンズの片桐仁さんが担当している「TV Bros.」という雑誌の連載「おしり」(正式名称「教えてなぜなら知りたがりだから」)で今後取材してほしいネタをお客さんから募集する、という趣旨(?)のイベントが行われるというのを片桐さんご本人のTwitterで知り、なんだかおもしろそう〜♪と思い参加してきました。
そしてこのイベントが開催される数日前、急遽片桐さんの断髪式まで行われることになったとのお知らせも!

開始時間になるとまず、歴代の「おしり」担当編集者のお三方が登場。初代担当の中川淳一郎さんは(このイベント終了後調べたら、話題となった本の著者もされている方!)緊張をほぐすためかスタート時からかなり出来上がっていた^^片桐さんは一週間後に控えている舞台「海峡の光」の稽古の真っただ中で、この日イベント開始後30分ほどしてご登場。

TVブロスでの連載は、気になるお店や場所に片桐さん自らが出向いて実際に体験してみよう!というような内容で、これまでそのロケの中で起こったエピソードが歴代の編集者と共に語られた。編集者さんのPCに収められていた、それぞれの取材先での写真もなかなか貴重!
連載ではたびたび奥様やお子さん(太朗くん)も参加されたそうで、まるで家族旅行の写真を見ているような気分に^^片桐さんたっての希望で金沢21世紀美術館の企画展を見に行った時の、作品のリアルさが怖くて泣きじゃくっている今より更に小さな太朗くんが可愛かった♪


続きを読む
0

2014/1/5

新年のご挨拶  つれづれ

門松あけまして おめでとう ございます門松
新年も明けて5日経ちましたが・・・松の内ということで'_';

昨年中はブログにお越し下さったり、拍手コメントを頂きありがとうございました!
ご覧の通り超気まぐれブログになってしまっていますが、今年はもうちょっと頑張ろうかな〜と思っております。。

今年もどうぞよろしくお願いいたします土下座スパーク


クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/7/6

KENTARO KOBAYASHI LIVE POTSUNEN 『P+』  Stage

去年の6月、パリとモナコで上演されたLIVE POTSUNEN「P」。
この公演の様子はBSプレミアムで放送され、その笑いは言葉の違う海外の人たちにもしっかり届いていたことが分かった。

そしてそれから約一年、「P」が「P+」となってパワーアップして日本に戻って来てくれました!
ベースの内容は「P」と同じでそれを日本のお客さん向けに加筆したものだったので、BSで既に観ていて先のストーリーが分かってしまっているものが多かったのはちょっと残念だったかな。
(あと、短いネタの1つ1つに対していちいちコメントしあっていた隣の女子2人がうるさかったのも残念・・・)

コントの殆どは、言葉の通じないお客さんでも分かりやすいように絵やジェスチャーだけで作られていた。
最後に恒例の<ハンドマイム>を「東海道五十三次」バージョンでやってくれたのは素晴らしかった!これの五十三次各所のイラスト(各所の名産などのイラスト付き)を描いていたのももちろん賢太郎さんで、完走するまで10分はあった大作拍手

カーテンコール後がまたスペシャルで!
言葉の通じないお客さんの為に作ったコントの1つで、海外公演ではウケがいまいちだったネタをあえて解説を交ぜながら再現してくれた。
(もちろんこの会場では大ウケ^^)

毎回、一人芝居とは思えないクオリティと存在感。
海外にも飛び出して、益々幅を拡げるポツネンさんにこれからも注目したいキラキラ

POTSUNENエッセンスが詰まったステキな公演ポスター↓

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/10

伊達な旅♪  Sweets&Foods

いつか本場の牛たんを食べに行きたいな〜と思っていたところ、姉が仙台までの往復新幹線&牛たん付きツアーを見つけてきたので思い切っていざ、仙台へ
朝早めの新幹線に乗り、久々の新幹線にワクワクしてたらあっという間に仙台到着山

お昼にはちょっと早いので駅ナカのたくさんのお土産屋さんをしばらく眺めた後、牛たん屋さんへ。
お店は駅から少し歩いた所にある、立派な店構え。店内もレストランという感じの綺麗さ☆
着いた時はまだ11時半頃だったのでお客さんもまばらだったけど、12時半前にはもう満員状態!


そして、待ちに待った牛たんセット!
よく食べたことのある薄ーい牛たんと比べると肉厚で美味しさがぎゅう〜ウシと詰まったお味でした♪

クリックすると元のサイズで表示します


日帰りの旅のためあまりじっくりとは廻れなかったけれど山の方の風光明媚な温泉街も見られたり、充実した仙台旅行となりました。
また近いうち今度はゆっくりと訪れたいな


寒さの厳しかった冬の気配が残りつつも新緑が美しかった、秋保温泉
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/5/5

リバーサイド・クラシックス音楽祭@玉川高島屋  コンサート&LIVE

G.Wの期間、有楽町だけじゃなく二子玉川でも音楽のお祭りが開催されていて今年初めて見に行ってみた。
それが「リバーサイド・クラシックス音楽祭」で、今年は川井郁子さんや、ビートルズを来日させた高嶋ちさ子さんのお父さんのプロデュースのもと組まれた1966カルテットとか、人気のアーティストさんが沢山登場!その中で私は5日のヴァイオリニストの奥村愛さんを鑑賞。

2回目の回だけ見ようと思っていたけど早めに着いたら1回目がちょうど始まるくらいの時間だったので(すでにかなりのお客さん!)1回目から見せてもらうことに。
奥村さんはショッキングピンクのドレス、ピアノの丹千尋さんは淡いピンクのドレスで春らしい華やかなお2人。(後半の淡いブルーのドレスもステキだった☆)

演奏はエルガーの愛の挨拶や「ラヴェンダーの咲く庭で」などの奥村さんの定番曲のほか、初めて聴くテンポのいい曲まで1回あたり10曲弱くらい演奏してくれていた。しかも2回目の演奏は半分くらい1回目と違う曲を演奏されていて、「ニューシネマパラダイス」のメドレーまで聴けて、感涙もののコンサートでしたTдT
一緒に聞いた姉が「女性ヴァイオリニストって結構力強い演奏するよね〜」と言っていたけれど、確かにスラっとしていて優雅な雰囲気に反して、美しいながらも情熱が込められたような素敵な演奏だった。
前日は遅くまで有楽町で音楽に浸っていたけれど、こちらの音楽祭も聴きに行けて本当に良かったバイオリンキラキラ


ラフォルジュルネで購入した楽器モチーフのシールとオリジナルのポストカードと、リバーサイド音楽祭のヴァイオリン型パンフレット♪
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”