京都梨壺日記

250年前にはもう住んでいたわが町京都。
京都のことから、うちの家のこと、不思議な話など、いろいろ書いてみようと思てます。

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nashitsubo
我が家のインフルエンザの嵐は、やっと収まってきたみたいです。心配おかけしました(^^;
なんか今年の予防接種は効かへんのとちゃうかと思うくらい、ちゃんと接種した人がかかってるみたいやね。

お正月飾り、ちゃんとどんど焼きに持っていくのやなぁ。うちは知らん間に処理してしもて(私がしてるのやけどな)、最近は神社には行かへんわ。もうちょっと自由がきくようになったら行ってもええかなて思うけど。しかし神社でお酒のお相伴があるのん?ちょっとええ楽しみやったりして(^^)
やっぱり「どら焼き」は私らの世代までは「三笠まんじゅう」やんなぁ!今でもそこらに書いてはあるけど、子供らが大人になったころはないかもな。私らの子供のころは、「どら焼き」てどこにも書いてなかったと思うわ。
あ、いわしの煮付け、最近は頭も付けて圧力鍋で炊いてる。全部ふわふわになって食べやすいけど、子供がその分よう食べて、たくさん買わんなんのが難点やわ(^^;
投稿者:bita
お子さんのインフルエンザ、おかげんはいかがですか?こっちでもかなり間近に迫ってきているようでヒヤヒヤしてるとこです。
確かに関東では、みんな7日に門松やお飾りをとらはるね。うちも来て初めの何年かは15日までつけてたんやけど、近所の人も「京都だもんね〜」って言うてくれたはったんやけど、なんかやっぱりここに住んでるんやったらこっち式にしたほうがええのかなぁて思うようになって、ここ数年前から7日にはずすようになった。ほんでそれらは、15日に近所の氏神さんのどんど焼きで焼いてもらうんやけどね。その大きい焚火でおもち焼いたりマシュマロ焼いたりながら、神主さんがふるまってくれるお酒をちょっといただくの。
京都に住んでた時は親が全部やってくれてたからか、逆にあんまり知らんかった見たい^^;
「どら焼き」私は今でも三笠饅頭って言うてしまう。それでも子供はやっぱりどら焼きやね。ドラえもん恐るべし。。。
イワシの煮付け、おいしそうな色艶やわぁ。。
投稿者:nashitsubo
フラワーガーデンさま

あ、そういうたらそうですね(^^)
また私は、お花の多いところにやはるのかなと思ってました(^^;
ところで、厄神さんの厄除け饅頭というのは初めて聞きました。調べてみたら蒲生八幡神社というのがあるのですね。その土地土地でいろんなしきたりがあって面白いです。

話は変わりますが、いま、子供がインフルエンザでうなってます。ブログ見たのも何日かぶり。更新がなかなかできず困ったもんです(TT)
投稿者:フラワーガーデン
こんにちは。
どうしてフラワーガーデンかといいますと、
あまりにもご無沙汰してましたので、フラワー=花、ガーデン=園って書いたら
思い出してもらえるかなぁ?と思ったからです。(笑)
ブックの方がよかったかなぁ(笑)
離れてみてわかります。京都は本当にいいところです。先日、京都の友達が厄神さんの厄除けのお饅頭を届けてくれました。こちらではほとんど昔からのしきたりとかが無いのですっかり忘れてしまっていて、なんだかハッとしました。今年は昔からのしきたりをもっと大切にしていきたいなぁ!友達のしてくれたことや梨壷さんのブログを見せていただいてしみじみ感じています。
投稿者:nashitsubo
スポッツ様、こんばんは。
やはり11日というのは意味があるのですね。京都でも7日が過ぎれば、ほとんどお正月ムードはなくなりますが、今日が済んだら本当に終わったなぁと感じることになります。
鳥小屋という言葉は初めて聞きました。地方によって、その気候や歴史に沿った慣習があるのを知るのは楽しいことです。
笹屋伊織のどら焼きについては、スポッツさんに説明していただいてしまって、ホントに恐れ入ります(^^;本当は私がしないといけないのに、ものぐさで困ったものです。
しかし、言葉というのは生き物ですから、変わったといって嘆くのはおかしいのかもしれません。けれども、変化の度合いが激しすぎて、今までの言葉を使っていた者はそれについていけず、さびしい思いをしてしまいます。またその古い言葉を懐かしがる人が多いのも事実で、そのへんの兼ね合いが、私の中でもつきかねているところがありますね。
投稿者:スポッツ
nashitubo様、こんばんは。
門松、形もやはり違いますが、こちらは大体1月7日までに片付けです。7日に七草かゆを食べて、11日頃の鳥小屋(本来年末年始に子供達が集まって過ごし、最後に正月飾りもろとも燃やす木や草で編む小屋の事)でお正月気分も完全に終わりになります。
さてどら焼きを京都では三笠焼きと言っていたのですね。子供さん達はアニメの影響が大きのでしょうね、地方独自の呼び方が無くなるのは寂しいような気がします。笹屋伊織のどら焼き、検索で見ましたが確かに違いました。普通の銅鑼の形からと違い、銅鑼で焼いたからという意味なのですね。なるほどでした。
アンコもそうですが、物の呼び方は、時代と共に変わっていくから仕方がないのかも。
でも流行と同じで何十年周期で戻ってくる事もありますしね。
スポッツ



http://spottedseal.at.webry.info/
投稿者:nashitsubo
フラワーガーデン様
う〜ん、ひょっとして、仕事で本に埋もれてた時の、あのスカーフのよく似合う、学生のあこがれの的やった、私よりだいぶ若いあの方でしょーか?ほんまにお久ぶりですねぇ(^^)
私は仕事というても家でやってるし、すっかりオバサン化してしまいましたが、きっと颯爽と仕事されてるのでしょーねぇ!
しかしなんで「ねずみちゃん」て書いてるのに「フラワーガーデン」て名前なの?この名はどこからきたのでしょう〜?
投稿者:フラワーガーデン
お久しぶりです。和歌山にお嫁に行った「ねずみちゃん」です。誰だかわかりますかー(笑)
ブログすてきです!久しぶりのほんまもんの京都弁!
京都弁を忘れたねずみちゃんなので、とても懐かしかったです。また遊びにきますね!
私はというと、今は窓から一面海の見える職場で頑張ってますよ〜!
投稿者:nashitsubo
KEN様、はじめまして。
勝手にこちらに移してしまってどうもすみません。
西陣生まれとのこと、私も生まれは千本より東、中立売よりは下(なんとローカルな話)で、中心地からはちょっと離れてますが、明治からあとは、数十年間千両ヶ辻の近くに住んでいました。またKENさんのサイトにも寄せてもらいます。こちらこそよろしくお願いします。
投稿者:KEN
はじめまして、千葉のKENといいます。
京都は西陣生まれです。
ごはんの写真、なんかなつかしいですね。
これからもちょくちょく顔をだします。
よろしくです。

http://ken-2007.blog.ocn.ne.jp/yamajazz/

ランキング

おたの申しますm(_ _)m        にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

リンク集2

     七色流星群(濃桃)

 絶対散らないSaKuRaん坊   

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ