京都梨壺日記

250年前にはもう住んでいたわが町京都。
京都のことから、うちの家のこと、不思議な話など、いろいろ書いてみようと思てます。

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nashitsubo
柳居子さま

長いことコメントしませんで、申し訳ございませんでした。只今ブログの引っ越し中で、タイトルも一字だけ変わります。またお伺いさせていただきます。
投稿者:柳居子
ほんの五・六十年前まで使っていた京言葉が 消えて逝きますね。
拙ブログにも京言葉の事を載せています。ご披見ください。
『はばかりさん』http://plaza.rakuten.co.jp/camphorac/diary/200606130000/

『ほんまどすか』http://plaza.rakuten.co.jp/camphorac/diary/200702210000/

http://plaza.rakuten.co.jp/camphorac/
投稿者:nashitsubo
みつどの

それはそれは、
堪忍しとぉくりゃっしゃ!

しかし
甘いもんの食べすぎ。
ていうか
甘いもんを思い浮かべすぎ。

そやけど
そういうたら
ごまが金色に見えんこともない。
あ〜
私までそう見えてきてしもた〜(><)
投稿者:みつ
この、ふろふき大根が、
金粉がちりばめられたカスタードソースを
とろりとかけた
レアチーズムースに見えて
仕方がありません。
もうケーキ屋さんの閉まった時間に
いつも見るので、
くやしくてたまりません・・。



http://fc2mitsu.blog101.fc2.com/
投稿者:nashitsubo
スポッツ様、こんにちは。
関東の方からは、大阪弁も京言葉も他の近畿の方言もみんな「関西弁」でひとくくりされることが多いですが、京都にいると、他の地方で話し方を聞いていても、「この人は大阪やな、この人は京都やなぁ」となんとなくわかります。しかし若い人たちとなると、ちょっと区別に自信がありません。同じ京都出身でもいくよ・くるよさんはほぼ京言葉、島田紳助さんは、大阪の雰囲気はありますが、基本は京言葉です。けれども、チュートリアルとかブラマヨになるとちょっとわかりません。

ふろふき大根は久しぶりに作りましたが、圧力なべで作ったので、皮ごとでもふわふわになりました。ここでは一つしかお皿にありませんが、子供の残りやらで3つも食べてしまって食後しばらく動けませんでした(^^;
投稿者:スポッツ
nashitubo様、こんばんは。
大阪の言葉はこてこて、京都の言葉は、はんなりと言うのか優しいイメージがあります。
去年、京へ上ったおりに京言葉を聞いて感動した覚えがあります。
それに比べると、こちらは「フラガール」のアクセント、正確には違いますが大体、あんな感じで田舎言葉(笑)、でも愛着はあります。
いずれにしてもテレビやインターネットの影響で今の子供達の会話は全国共通で差が無くなってくるのかも知れませんが、それも味気ないですね。
落語は余り聞かないのですが、こういう物を伝えていくのも大事かと思います。

ところでふろふき大根美味しそうですね。
ホクホクの大根にゆず味噌だったら、いくつでもいけそうです♪
スポッツ

http://spottedseal.at.webry.info/

ランキング

おたの申しますm(_ _)m        にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

リンク集2

     七色流星群(濃桃)

 絶対散らないSaKuRaん坊   

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ