☆曽我大穂( CINEMA dub MONKS /仕立て屋のサーカス) Tour ”夏の山に羽根 ”仙台公演 8/12(土)

2017/8/13 | 投稿者: sendaikoffeeco

今秋には現代サーカスグループ
”仕立て屋のサーカス”でのスペイン マドリッド公演を控え
いま勢いに乗る曽我大穂

今回は彼の主軸
CINEMA dub MONKSとしてではなく
曽我大穂 単体でのレア公演


即興の中で
大きな触発要素であったはずの
パートナーや
共演者のいないなか

彼がどのようなパフォーマンスを
魅せるのかが
たいへい興味深かった本仙台公演


花 空間演出家 西間木恵の
植物舞台装飾も
数度目のコラボレート

お互い多忙のなかの
打合せでも
少ないワードで
要求に応えていく

信頼関係が構築され
相性の良さも再認識されます


今回はskでは珍しく
カフェのど真ん中に曽我が立つ
円形ステージ

開演が近づくと
間接照明が
ひとつ
またひとつと落とされてゆきます

薄光のペンダントと
数個の小さなキャンドルが
唯一残された灯


そこに曽我大穂がひとり

毎回課せられる即興パフォーマンスでの
神経戦とプレッシャー


限られた音数と

植物の陰影で
挑んでゆきます



自身の状態や
会場の雰囲気を五感で
探ぐるような
短めの第一部


休憩をはさみ
第二部が開始されると
前半のイメージすら
裏切るような
展開
物語を紡ぎ出し

対する
オーディエンスは
それぞれの感性で
解釈していく知的作業

フルート 鉄琴
テープレコーダー
ウクレレ ピアニカ
ブルースハープ
アコーディオン
シンセサイザー
オモチャのような道具の数々

そして肉声
息遣い


エフェクトやループで
拡大され
縮小される
変幻のイメージ


ときにエネルギーの照射
ときに内省

そして
無になり
ただ感じるだけの瞬間


表現者と
受け手の双方で
想像力を働かせ享受するという

ひじょうに
芳醇で豊かな時間




☆曽我大穂( CINEMA dub MONKS /仕立て屋のサーカス)
Tour ”夏の山に羽根 ”仙台公演 8/12(土)
仙台 SENDAI KOFFEE
1830 /1930
前\2000 d別
花・空間演出 西間木恵
詳細 bit.ly/2uScZst

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ