まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2020/6/29

悪い遊び(笑)  水辺遊び<釣り>

釣りに興味があったという甥っ子を、今年になって3回釣りに連れて行った。


最初に連れて行ったのは、イワナのフライフィッシング。
初めてやろうというのに、簡単な小アジ釣りや堤防の小物釣りではなく、いきなり難しい釣りに連れて行ったのにはわけがある。(もちろん自分で道具をそろえて自分の思う釣りをするのであれば、遠回りでも好きにやって自分で覚えたらいいと思う 僕はそうやって釣りをしてきた)

小さな子どもの頃ならいざ知らず、大雑把で条件に左右されやすい釣りから始めてしまうと、わけもわからず釣りをしてしまう。(そういう点で、本来はマブナ釣りが最も基本的な内容を備えていると思うので、もう少し小さい頃なら鮒から覚えさせたと思う)

魚の居場所を覚えて、そこに気づかれずにアプローチする。
まだ自分の技量が伴わない状況だから、獲物を得るためにはそれが最も大切になる。

正直言って、甥っ子はフライキャスティングにセンスがなさすぎる。(笑)
まったくループを作れない。。。たいていはちょっと教えれば近距離のキャスティングならどうにかなるが、ちょっと問題外だ。。。

それでもなんとか釣らせることができたのは、魚の居場所とアプローチを考えさせたからだろう。


2回目はキス釣りに連れて行った。

当然遠投はできないはずだから、近距離でも釣れるポイントに行ったが、そこでも魚の居場所というのがある。

探りながら釣っているうちに、10m四方くらいのある場所に魚が集まっていることに僕も気づいたが、先にイワナのフラフィッシングを経験した甥っ子も気が付いたようだ。

周りではそれほど立て続けに釣れているわけではなかったが、僕はキャストしてすぐにアタリを取ることができた。
甥っ子は、わかっていてもそこに仕掛けを投げ入れることが難しい、遠くに投げすぎたり向きが合っていなかったりしていたが、それでもずいぶんやっていると、いい辺りに投げれるようになってきた。

たぶん、見ている範囲では僕らが一番釣っていた。
甥っ子もめったやたらに遠くに投げて釣っても、そう釣れないことをわかったようだった。


3回目はまたイワナのフライフィッシングに連れて行ったが、最初に連れて行った川よりも大きい川に行った。

最初に小さい川に連れて行ったのにも理由がある。
小さい川では、大きく動けば魚に気づかれるので、魚に気づかれない動作が自然と身に着くし、ポイントも大きくないので、どういったところが魚の居場所なのかを覚えやすい。

ところが、少し川が大きくなると、やはり釣りが大雑把になる。
キャスティング技術がないに等しいのだから、とにかく気づかれずに近づくことが必要なのだからアプローチが最も大切なのに、魚の居場所ばかりに気を取られて自分の位置取りを考えなくなっていた。

相手はヤマメでなくイワナだし、そこそこ釣れるところだからとは思ったが、短い間にはなかなかモノにはならなかったようだ。

それでも最後の方には、少しいい位置取りができたんだろう、25pというそこそこのサイズがかかった。

僕はフライフライフィッシングを始めてもしばらくそんなサイズの魚には出会えなかったから、甥っ子はラッキーだ。

下に降りて3号に会った、甥っ子にも25pのイワナが釣れたことを話すと「もうどっぷりつかったな(笑)」と言う。


来週も釣りに行くなら連れて行ってほしいと言う甥っ子に「海か?山か?」と聞くと「山がいい」と言う返事。
悪い遊びを教えてしまったようだ。。。(^_^;)



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ