2005/10/6

後日談  動画再生・編集
下のエンコード戦記にはさらなるオチが待っていました。

MpegCraftでのエンコードが妙に早いと書きましたが、UltraEditでのエンコードもやはりMpegCraftより遅く、時間がかかりました。
動画の再生時間のちょうど半分くらいかかります。MpegCraftだとその半分、つまり再生時間の1/4くらい。
いや、UltraEditはいいのです、自動音ズレ補正エンコードをしてる分、時間がかかっているのだと考えればいいのですから。
しかし、ToMPEGツールは何故UltraEditと同じくらいエンコードに時間がかかるのでしょうか。

…試しに、音ズレするファイルを放り込んでエンコードしてみました。

ズレない…
途中エラーメッセージ出たけど「続行」押したらちゃんとエンコード完了したし…
なんだ、UltraEditを使うまでも無かったんだ…

まあ、ToMPEGツールじゃCMカットが出来ないし、解像度が352×240固定の上、アスペクト比も指定できないので、16:9のデジタル放送をエンコードするのにはやっぱり使えないんですけどね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ