2005/10/10

作品紹介【ヤマグチ君】の蛇足  雑記
いえ、ヤマグチ君についてはもうありったけ書いたので、別にわざわざ新規記事で書くような事も無いんですけど。

ヤマグチ君というネーミングの由来は、hookyが神と崇める造形師山口勝久氏から取っています。
こんなページあったので紹介しとく。

山口勝久と言えば「山口可動」ですが、並列して「山口造形」という言葉もあるんです。
最近はどうも規模の大きい仕事が増えたせいなのか、ナリを潜めていますけど、元々山口氏はかなりドぎつい造形アレンジをする人でもありました。
海洋堂ロボットミュージアムのバーチャロンシリーズやガオガイガーシリーズを知っている人なら分かるはず。
あの頃は固定キットしか売ってなかったから余計、造形に力入れてたんだろうけどね。
バイパーUとかゴルディーマーグとかが極地だった。
でもカッコいいのよ。
だってカッコよさを求めてアレンジしてるんだもん。
方向性が好みと合えばだけど、ハマると惚れるのよね、ああいうのは。

DoGA-Lシリーズは全関節3軸だから、山口可動は自分で決めて設計して実行しない限りできないんだけど、造形アレンジを真似するだけならいくらでもできる。
山口可動も大好きだけど、山口氏のマッシブなロボット造形が好き。
ヤマグチ君はそれを模倣しようとして作ったから【ヤマグチ君】という名前がついてるのです。

関係ないけど海洋堂の、固定キット専門という社のポリシーを曲げさせた氏の可動魂と実力に乾杯。
ホント、経緯を知ってると熱い人です、山口勝久氏は。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ