2005/1/11

まじかるカナンの1話見逃した・・・
ジンキの1話も逃したし、何やってるんだ俺(笑

やはりハードディスクレコーダーを買うべきだったかなぁ。
今、市場に出回ってるのはほとんどDVDレコーダーで、HDだけのレコーダーってもう全然ないんだけど、近所のヤマダに1台だけ置いてあったやつは、それでも6万の値がついてた。

いろいろ考えたけど、DVDに焼いて残すなんてPCでも出来るし、HDレコーダーじゃそれも出来ないしコピーガードかかってるコンテンツはPCに移して焼く事も出来ない。しかも外部チューナーないとデジタル放送が録画できない。
どの面から見ても、迷うまでもないと思ったのでキャプチャボードを買った。出費も半分で済むし(これが大きい)。
また、当時は映像編集(MAD)をやる事も考えていたので。

でも、結果的にはこういう事態を招いてしまっているわけだ。
流石に寝ている間もPCの電源入れておく気にはならんし、深夜アニメを撮る為にわざわざ起きてPCの電源入れるなら、リアルタイムで見れば済む(実際、DVDに焼いて残したりしないし)。

つーか、今やってる事ならビデオデッキで出来るのだ。テレビの予約出力機能使って、外部入力で録画してるんだから。
ただ、画質と閲覧性の問題からビデオデッキは使わないだけ。
撮った番組を見るために巻き戻すのが面倒。重ね撮りしないよう気をつけるのも面倒。内容の管理も面倒。
あと、hookyのデッキは素醍醐味もとい粗大ゴミ置き場から友達が拾ってきた物をもらったヤツなので、古い上に調子も悪い。よくテープを噛む。

結局のところ、何が言いたいかと言うと、専用の機材で納得の行くメディアがない。だから、なんでも出来るPCで録画するという選択をしてしまったのだ。
hookyはMDが好きである。映像を記録できる大容量MDがあれば、迷わずそれに飛びつくだろう、きっと(笑

DVDレコーダーでも同じじゃないかって?
全然違う。
ここでいうMDとは、「ポータブル録再MDプレーヤー」の事を指す。
基本的に、単体では録音できない。マイクなり何らかの音源なりが必要だ。
だが、最近の物はどうか知らないが、hookyが持っていた、98年当時6万した(ちなみに、チラシで半額になってたのを見て慌てて買いに行った)MDはそれこそMDの仕様で出来る事は全部出来た。

ディスクタイトル、トラックタイトルの入力。トラックの分割、結合、削除、順序入れ替え。録音レベルの調整。録音時の自動トラック分割(CDなどの無音部分でトラックを分割)、任意トラック分割(録音してるのを同時に聞きながら、ボタンを押して分割できた)。多機能でいて、最近の携帯電話よりは少ないボタンで快適に操作できた、洗練された設計(これは自分の持っていたMDがたまたま優れていただけで、MDの利点ではない)。
他にもいろいろあったが、忘れた。もちろん、ケース入りディスク媒体をカートリッジ式に使用という点も大きい。

なんか、MDの仕様を褒めてるんだか、hookyの持っていた機種を褒めてるんだか分からなくなってきてしまったが(笑
もう一度整理してみよう。
まず、メディア。光磁気ディスクを採用する事で、デジタルデータの恩恵を享受している。CDと同じで劣化の心配がない。頭出しで聞きたいトラックをすぐ聞ける。しかも光磁気ディスクはCD-ROMと違い、何度でもデータの書き換えが出来る。新しいデータで上書き出来るだけでなく、今あるデータの編集、一部削除などが出来る仕様はCD-RWをも上回り、CD-RAMに相当する。ちなみに、全く同じ技術を使っているものとしてはMOがある。一般家庭には普通ないと思うが。
ATRAC3という音声圧縮技術を開発してまで、メディアサイズを小さく収めた事、そしてケース入りディスクという形態で管理を容易にした事も重要なポイントだ。
(もっとも、油断してると隙間から埃が入ってディスクにこびり付くし、強い磁力を近付ければデータが壊れるはずだが。それで結構な数のMDがダメになった)
録音には外部ソースからの入力が必要だが、それ以外の事は全て本体だけで出来る。
今でこそMADと言えばPC上で再生する動画が主なものだが、当時は音声のみの物が多かった。それも、大学生でそういう同好会(笑)の人間が、学校の機材(オープンリールデッキとか)を利用して制作している事が多かった。実際、カセットデッキじゃかなり難しいのだ。ヘッドが上がったり下りたりする時間や、モーターの回転にかかる惰性まで熟知しないととても編集できたもんじゃない。MDに触れて、編集欲を刺激された人間は多いに違いないと想像する。
編集というものは何もマニアックな趣味ではない。テレビ録画のCMをカットするのも編集だ。
hookyはお気に入りのラジオ番組をMD録音して、残しておきたい所だけ編集して1枚のMDに入れたりしていた。番組中で曲がフルコーラスかかるという事はあまりないので、別々の番組で都合3回かかった曲を切り貼りしてフルコーラスに仕立て直したりした事もある(笑
今日、個人の映像編集者が多く存在するのは、PCの普及とデジタルコンテンツのメリットによるところであるのは間違いない。
話が逸れた(というか本筋に戻った)が、再生・編集・管理という3つの異なる操作が一つのインターフェイスで出来て、しかもなるべく単純な操作系にまとめられていた。単体で完結していて、分かりやすい事が重要だったという事だ。

これ程の自由度、操作性が映像記録媒体には存在するだろうか?
まず、テープメディアは×。カセットデッキなど問題にならないほど、応答性が悪い。まあ、安物の機械が特にひどいのであって、高額商品は少しはマシだろうが。どちらにしろデジタルデータの利点には太刀打ちできない。
次にハードディスクレコーダー。ハードディスクレコーダーには容量の限界がある。新しく何かを撮るには、取捨選択して古いデータを消さなくてはならない。デジタルの利点を一つ、自ら潰している。
DVDレコーダーは、そもそもハードディスクレコーダー+DVDビデオ規格限定の録再機であるので、ハードディスクレコーダーの欠点は克服しているが、DVD自体が規格戦争の真っ最中で統一性がない問題がある。βとVHSの争い再びである(もっとも、VHSは公開されたβの仕様をパクった後発規格らしいので、言うなればオープンソースのプログラムを改造して自分が作ったプログラムと言い張り、金を取るようなものだが)。
VHSにもS−VHSやらデジタルで録画するD−VHS(MSXのテープレコーダー思い出すなwちなみに、デジタル放送の配信データを記録できるのは今の所これだけ)やらの派生規格が混在するのを見ても、どうも映像記録媒体というのはいまだ円熟に至らない世界のようだ。
・・・なんか、いっつもSONYの強欲さが元凶のような気がするのは苦笑ものだが。
結局のところ、この問題は時間が解決してくれるのを待つしかない。その頃には、ブルーレイディスクが席巻していてDVDは完全に廃れているんだろうが。

別の可能性を期待する手もある。最近、USB周辺機器としてカートリッジ式の外付けハードディスクという物があるわけだが、同様にハードディスク交換ベイなる製品もある。詳しい説明は省くが、様々なメーカーからリリースされている内蔵ハードディスク、これらは統一規格のもと、性能は違っても外寸は同じに作られている。それをカートリッジに収め、データ転送の高速な内蔵ハードディスクの交換を可能にする、傑作アイディア商品である。
蛇足だが、Cドライブの交換が出来るので、1台のPCで複数のOSを使い分ける事も出来るのだ(出来ない製品もある)。
このアイディアをハードディスクレコーダーに導入した製品が出ればどうだ。
巷にあふれる3.5インチ内蔵HDがどれでも使え、交換によって無限の容量を持つHDレコーダーが出来上がるじゃないか!
将来的なHDの性能アップにも期待できるし、PCとの連携を前提に作れば動画データの形式(フォーマット)にも選択肢が増える(DVDはMpeg4だったはず)。これでデジタル放送対応チューナーと単体での管理編集機能がついていれば完璧だ!

・・・というか、そういう商品は既にあるような気がするし、外付けのキャプチャーボックスとかがそれに近いような気がする。
しかし、ここで重要なのは、そういう製品をPCの周辺機器ではなく、据え置き型のAV家電として出す事だ。HDレコーダーやDVDレコーダーのように、VHSに取って代わる物として。要するに家電メーカーの「テレビ・ビデオ製品カタログ」に載る扱いでないといけない。

そして、最後に操作性の話に戻るわけだ。
素人考えだが、最低限の操作は6ボタンで出来るはずだ。
リモコンに、決定キーとそれを取り巻く上下左右のカーソルキー、シフトキーの計6ボタン。
シフトキーで本体の電源を入れる/押す毎に操作モードを切り替える/長押しで本体の電源を切る。
再生モードでは決定キーで再生/一時停止、左右でチャプター移動、下で停止、上で・・・倍速再生は別にいらない気がするので、バイリンガルの切り替えとかのメニュー呼び出し。左右押しっぱなしで早送り、巻き戻し。一時停止中はコマ送り。
再生中にシフトキーで編集モードに。決定キーで編集メニューの呼び出し/決定。
非再生中は管理画面が出ていて、自動的に操作も管理モードに。シフトキーで録画予約とデータ管理の切り替え。決定キーでメニュー呼び出し/決定。

ほら、6ボタンで充分出来そうでしょ?
10ボタンにして、0をシフトキー、5を決定キー、キーボードのテンキーのように残りを8方向カーソルキーにしてもいい。これでもボタン10個で済む。
ホント、こういう製品出て欲しいです・・・。
まあ、その前に当面の生活の心配しろって感じですが(笑

しかし、またえらく長い文章になっちまったな・・・
しかもエロゲ原作アニメから発展してMDマンセー話って(笑

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ