2005/4/4

うわ、アホだ俺w  動画再生・編集
以前の記事「動画再生ソフト」で書いた、メディアプレーヤークラシックにaviを関連付けられない原因が判明した。

最近自分のPCの中をいろいろいじっているのだが(データを移動したりフォルダを整理したり)、ふいにTeraPadでファイルを開けなくなってしまった。
起動してからドロップ、またはファイルオープンは出来るのだが、ダブルクリックで開けない。
以前、Windows2000を使っていた時にも突如陥り、結局解決できなかった問題だったのだが、調べてその原因が分かった。

エクスプローラーから「ツール」−「フォルダオプション」−「ファイルの種類」で拡張子の関連付けを自分で編集する事が出来る。
(XPの場合。他のWidowsでも大体同じような手順でいける)
この時、ファイルをダブルクリックしたら関連付けられたアプリケーションを起動して、そこにダブルクリックしたファイルを開くようにするために
「"起動するEXEファイルの場所" %1
と記述するのだが、正しくは%1もダブルコーテーションで囲って"%1"と書かねばならなかったのだ。
(結構、アプリケーション側の設定で関連付けしてもこれがされてない事があり、それでも問題ない場合もある)

たったこれだけの事で、TeraPadの問題はアッサリ解決した。
そこで、もしやと思ってaviにもう一度メディアプレーヤークラシックの関連付けを手動で行い、"%1"と書いてみた。

開けた。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ