まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2015/12/31

年末  

12/30 年末年始を自宅で送りたい夜間までアルバイトの息子の元へ遊びがてら迎えに行くことにした。

僕と嫁さん、そして娘で、まずは道中でスキーをしてから。(笑)
どこも雪がまだあまりないが、インターからも近く雪もそこそこあってリフト無料券も持っていたM町スキーリゾート(旧M町Mミスキー場)に行った。

嫁さんは初滑り、久しぶりの雪の感覚からリフトを降りて最初に滑りだして止まったとたん「おもしろい!」と笑顔で言う。(^_^)
さすが、僕をこんなにスキー好きにさせたきっかけを作った人だけあります。(笑)

そして新しいウェアを着た娘。
クリックすると元のサイズで表示します

嫁さんと娘。
クリックすると元のサイズで表示します

15:00くらいにスキー場を後にして息子の元へ。
18:00過ぎには到着したが、息子の部屋を見たとたんに唖然とした。。。
とんでもなく汚いので、息子が帰ってくるまで3人で掃除。


31日 そして今日、4人で家路。
混雑が予想されるあたりまではずっと下道を走ったおかげか、渋滞はまったくなく夕方17:30には帰宅。

それにしても、トンネルを抜けるまでは快晴だった青い天候がグレーの景色に変わるのにはおどろきます。
N潟って暗いです。。。



今年もあとわずかになりました。
来年もよろしくお願いします。m(__)m

2015/12/29

今シーズン初の雪道運転  雪遊び<スキー>

今日はOスキー場に行く。

チームの人たちとシーズン初めに顔を合わせ、これから使うポールを上げるために、最も後から入ってきた僕は行かなくてはならないと思っている。

最も後から入ってきた僕は、誰よりも早く着いていなければいけないはずだが。。。
思った以上の雪道のために、思っている以上に時間がかかり、ぎりぎりでしか間に合わないような時間になってきたので、チームの人にぎりぎりでしか着けない謝罪の電話を入れる。

今日はポールを上げるだけで、ポール練習はなし。
フリーで滑る。

それにしても、N潟市内はまったく雪がないが、さすがの豪雪地帯です、ずっと降り続いていました。

一人ずつ先に帰っていくチームの人たちから残り、14:00までフリーで自己練習して終了する。



今シーズン初の雪道運転。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2015/12/28

(無題)  雪遊び<スキー>

今日で仕事納め。

明日からはお休みです。(^_^)

でも。。。いつものスキー場に雪はありません。

2015/12/27

そんな休日・・・  

スキー場に雪がない。。。

まぁ、今日は緊急当番があたっていたので、遠くまで滑りに行くこともちょっと難しい。
お金を使わなくてよかったといえばそれまでなので、よしとした。

少しマニアルームの整理をして、昨日気が付いた嫁さんの車のヘッドライトバルブを交換することにする。
バルブは自転車に乗って、近くのイエローハットで買ってくるだけなので「イエローハットに行っちゃお、行っちゃお、行っちゃお」と口ずさみながら(うそです)イエローハットに。

それにしても、いつもながら簡単なようでスっといくことのないニュービートルのヘッドライトASSYを外す。
左右のバルブを交換して、なかなかうまく収まらないヘッドライトASSYを組みつけた。

で、点けてみた。。。???
今度はスモールランプが点いてない。(汗)

もう一度ヘッドライトASSYを外して。。。バルブを買ってきて再度組み付けることとなる。(^_^;)


と、今度は緊急当番の電話が鳴った。
仕事でございます。。。

なにもできなかった休日ですが、夜には家の掃除を少し手伝いました。

2015/12/27

忘年会  

今日は数年前ひょんなことから知り合いになった5人の忘年会。

その中の高校の同級生だった3人も今はまったく違う世界にいるが、基本的には全員が住む世界が違う。

僕的にはこんなことで知り合わなければ一生知り合うことはない人たちかもしれない。

僕の知らない世界を知っている人、僕の常識というか普通とは観点がまったく違う人、新しい情報や製品に詳しい人。。。

自分の殻に閉じこもって自分の興味ある世界しか知らない僕には、この人たちと接することでいつも「このままの自分じゃダメなんだ・・・」と思わせられる。

といっても、そう思うだけで実践できていないから。。。所詮「僕」なんですけど。

2015/12/26

(無題)  雪遊び<スキー>

中止になってしまったが、明日はOスキー場がオープンする予定だった。
そしてチームがポールなどを上げる予定だった。

僕もその手伝いをしようと思い、おやじさんに電話した。

手伝いに行きたいと言うと、おやじさんからは「練習するヤツは当たり前だ・・・もう特別扱いしねーんだから・・・」という返事をもらう。

うれしかった、僕も本当のチームの一人として認めてもらったような気がした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ