まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2016/7/24

ちょっとだけ  山道遊び<MTB 自転車>

久しぶりになんとか起きて休日の午前中から出かけようという気になった。

と言っても出かけたのは10:00をまわっていた。
さらに今日は、新しいソファが運ばれてくるので、それまでには家に戻りたい。

ということで、MTBに乗りに行くも、実質乗れる時間は1時間程度。
近くてそこそこ楽しめるところに向かった。

駐車場に車を停めてMTBの用意、そういえばMTBに乗るのは久しぶりな気がする。
クリックすると元のサイズで表示します

気温は30℃を超えている、短時間のライドにはうってつけの条件だ。

いつものコースを1周だけ、約10q程度のライド。
クリックすると元のサイズで表示します


お昼過ぎに家に帰ると、ちょうどソファが運ばれてきていました。
新しいのは本革製のリクライニング付にしました。
クリックすると元のサイズで表示します

お昼を食べて、リクライニングさせながら高校野球を観ていると、ウトウトしそうになりました。



今日は、娘もN潟島を1周しながら海と川の写真を撮ると言って、ミニベロに乗ってサイクリングに出かけたそうでした。

2016/7/22

ポケモン  

娘が今日配信となったポケモンGOをダウンロードしたが、登録がなかなかできず、とりあえず息子のgoogleアカウントでサインインして楽しむことに。

いきなりゼニガメとドードーを家の中でゲットしたみたいですが、あんまりおもしろさがわからないみたいです。(笑)

僕も娘のi-phoneを持って家の外まで出てみましたが、一番近くても近くの公園まで行くことになりそうでしたのでやめときました、初ゲットならずです。(笑)

2016/7/21


今年はスキーの大会以外の大会参加にあまり乗り気じゃない。

スキーのレースにはようやく慣れてきて、参加することが楽しいのかどうなのかというところからレースを楽しめるレベルになってきて、たとえ結果が伴わなくとも楽しくなってきたのだろう。


マラソンやランニングイベント、自転車のロングライドなどは、今のところ先日急きょ参加したミニマラソン大会だけ。
最近はまた、人が企画したものより自分で考えたことを自分で達成する楽しさがおもしろくなってきているようだ。


久しぶりにテニスのゲームもやってみたいが、僕にとってテニスってのはどうも申し込みのときのテンションと試合当日あたりのテンションが大きく違うことが多く、ダブルスであれば組む相手とも予定を合わせる必要がある。。。人に合わせるのは僕には合わない。
申し込みと試合日時が近い大会なら出てみたい。


そんな雪のないシーズン、今日は今年最初となる申し込みをした。
マラソンの部に出るわけでもないのでマジで走るわけではないが(笑)今年で第30回大会となる毎年9月の第一日曜に開催されるU佐山岳マラソン健康歩こう大会。

もうひとつ申し込みをしようと思っているのは、参加するのは実に5年ぶりになるだろうか鳥海山グルッと1周MTBサイクリング。
同日に開催されるシティマラソンはもういいだろう、フルマラソンを走ることは可能だとすでにわかっているし、記録的にも市民ランナーとしては十分満足していいと自分に言い聞かせた、これ以上記録を伸ばそうとすると、本格的にトレーニングと故障とを考えながらやる必要があるだろう、マラソンなんかにそこまでやるつもりはない。


他には秋になかなか実行できずにいた企画ができるようであれば、今年はテンションを上げてやってみたい。

2016/7/21

(無題)  

僕の尊敬する巨泉さんが亡くなった。。。

巨泉さんは自身自らもう自分のような存在の人間は出てこないようなことを自身の著書に書いていたのを読んだことがある。
クリックすると元のサイズで表示します
しいていえばテリー伊藤だと書いてあったと思うが、やっぱり巨泉さんにはだれもかなわない。

最近、書店に行くと田中角栄さんの本が並んでいるが、巨泉さんも角栄さんと同じように二度と現れない昭和の偉人だ。

ご冥福をお祈りします。

2016/7/20

それ方言なの?  

娘が「こしょる」という言葉を知らなかった。(単語にするとこうなるが、あまり単語では使わないけど)
娘は普通に方言を話す方だと思うが、この言葉は知らなかったようだ。

そこからいろいろな方言を調べていた娘は「アメが泣く」というのも知らなったようだ。
僕的にはそれが方言とは知らなかったし(笑)学校で先生から指される(指名される)といったらいいんだろうかそういうのを「先生にかけられる」というのも方言?(地方独自の表現)だと初めて知った。(汗)

今時期によく言う「あっちぇ」(文字にすると発音とちょっと違うな)、反対に冬に使う「さーめ」(これも文字にするとニュアンスが伝わりづらい)も方言だと知ったのは最近のことだ。

オメさんがたも気ぃつけねと、つこてる言葉それみんな方言らかもしんねれ。(笑)



娘が調べていた中で「さんじょっぱらい」。。。そういえば最近あまり使われていないことにも気がついた。
類義語は「おおばら」「おおばらこくたい」として教えておきました。

2016/7/18

北海道  

今日は結局なにもしない(僕的には遊ばないという意味だ 笑)休日だった。。。

というのも、実は北海道に行こうという話もあって、その予定も考えなければならなかった。。。
クリックすると元のサイズで表示します
お盆休みに母と嫁さん、娘と共に北海道へ行く計画があった。
来年は受験の娘は北の地にあこがれていて、その最たるものが北海道。
その北海道に行ったことがない娘を北海道に連れて行ってみようという計画だ。

最初、母はフェリーで直接行くつもりで軽く考えていたようだったが、調べてみるとフェリーの時間やらなにやらで上手くスケジュールが取れない。
ツアー旅行などのようにすべて縛られるものは好きではないので、結局は僕がスケジュールを組んだり手配をしたりすることになった。

飛行機が最も手っ取り早いが、すでに取れないだろうしなにより高い。。。(^_^;)
渡ってからの交通手段もいろいろ考えなければならない。

電車をつないで北海道に渡る手段もあるが、なにも決めていないのに制限時間がある僕らには、電車時間優先というのもなにもできないだろうということで青森から船で北海道に渡るという手段を考えた。

青森-函館間のフェリーを調べた。
車が乗らないのなら函館でレンタカーを借りるということも考えて、とりあえずレンタカーを調べてみたが、お盆期間はさすがにすべて出払っているようで借りることはできなそうだった。

そこで車を乗せることを優先したフェリーとすることにした。
幸い 行きと帰りで少し思ったような時間でなければ車を乗せられるフェリーを手配することができた。

自分の車が持っていけるのなら、後はいつものようにある程度の予定でアドリブ行動の旅行ができる。
とりあえずの行きたい、行けるところに照準を合わせて宿を調べ手配した、やはりお盆期間中ということもあって少し高めの設定だったが、1人あたり朝食付き1泊¥10000〜¥13000であるからまだなんとかという範囲だ。

距離や移動時間もある程度調べて、母には旅行会社のようにスケジュール予定を作って印刷したものを渡した。(笑)

ツアーや単発のピンポイントでない限りは、やはり海を越えるというのは結構難題だったりする。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ