まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2016/7/27

フライタイイング  水辺遊び<釣り>

前々から気がついてはいたが、この前の休日に釣りに行って、よく使うタイプのフライのストックが少ないことを再認識。

そりゃそうだ、釣りによく行っていた頃なんて、もうずいぶん昔の話、もう20年以上前だろう。
たまに釣りに行くときには、その頃から使っていたフライのストックを使っていた。

フライ自体はたくさんあるが、僕が普通はまず使わないスタイルのいいカッコいいヤツばかり。
そんなヤツはよく見えないし、すぐ沈む。。。ほとんど使ったことがないフライボックスの飾りのようなもの。(笑)

使うのはパラシュートタイプとエルクヘアーカディス(僕はエルクヘアーを使わないけど)、この2タイプ。

そんなことで、近いうちに巻いてみようと道具とマテリアルを棚から降ろしておいた。

で、久しぶりに3本ほど巻いてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

巻くこと自体、指先は覚えているのですが、目が衰えてきているのを痛感します。(^_^;)
使った老眼鏡は1.0ですが、最近はそれでも追いつかないようですし、こういった細かい作業にはさらにキツい度の眼鏡が必要かもしれません。(笑)

#14サイズのパラシュートタイプのモスキート。(ウィングはカーフテイルじゃなくてカーフボディ?って毛の細いヤツだったかな)
クリックすると元のサイズで表示します

こうやってフライを巻いていると、フライフィッシングっていうのは、現代の社会ではあまり歓迎されるものではないのだろうなと思います。
絶滅危惧の鳥や動物の毛が珍重され、高価な値段で売られていたことを思い出す。(現在のフライマテリアルの状況を僕は知らない)

まぁ、元は貴族の遊びですから、貴重なものや高価なものってのは一目置かれる存在なんでしょう。

2016/7/27

ラテラルエッジ  

昨日の診療で、先日作ってもらったインソールを調整してもらった方がいいという先生。
すぐさま装具屋さんを呼んでくれた。

内側に荷重が多くかからないようにするラテラルエッジというヤツの調整らしい。

今日、調整が終わったインソールを受け取った。
ラテラルエッジは踵外側に入る調整用の品物だが、素人が考えると外側を上げると内側に荷重が多くかかるんじゃないか?と思うが、そうではないらしい。

普段履きの靴ということで、ラテラルエッジが5oと少し高めになったインソールを仕事用の靴に入れなおした。
高さはそれほど気にならない、不思議だが内側へかかる荷重が少なくなったのが実感できる。

しばらく使って調子をみてみたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ