まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2018/9/30

シーズンラスト  水辺遊び<釣り>

少し悩んだが、天候も持ちそうだし、今日で最後の川に行くことにした。

イワナだけのエリアまで行けば、最後に満足できる釣りはできるだろうが、天候の急変に備えてイワナヤマメ混棲のところを釣ることにした。

川の状況は思ったよりよかった、こんな日に釣りに来る人もいないようで、車も止まっていなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらくすると、木っ端ながらも太ったヤマメ(14p)が釣れた。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、さすがに1シーズンいじめ抜かれてきた魚はそうそう出ない。。。
もう1尾木っ端ヤマメが釣れたのみ。
クリックすると元のサイズで表示します

これでやめようかと思ったが、最後なのでもう少し釣ろうと本流に行った。
本流は見るなりダメだなこりゃという感じ、ダムが水を止めているのか流れていない。
クリックすると元のサイズで表示します

木っ端ヤマメが3尾。
クリックすると元のサイズで表示します
ここの本流のヤマメは同じ木っ端でも上の川で釣れるものよりなんだか貧相な感じがする、大きい川の方がエサも多いはずだと思うがどうしてなのか?

それともう1尾。。。結構引いて楽しませてくれたんですが、イワナかと思ったら。。。本日一の大物、ハヤちゃんです。(^_^;)
クリックすると元のサイズで表示します

これで本当に今シーズンの川はおしまいです。

2018/9/29

明日はダメだな。。。  水辺遊び<釣り>

イワナやヤマメは明日を最後に禁漁期間に入る。

最後に釣りに行きたかったが、明日は台風も近づいてきてさすがにちょっとダメだろう。

クマも、僕が見た翌日に直線距離で数qのところで襲われた人がいたらしい。
2頭いたらしいから、僕が見たクマと同じクマかもしれない。

今シーズンは先週でおしまい。
今シーズンは結構数も釣れたし、体長はそこそこだったがすごくいいコンディションのヤマメも釣れた。

先週の最終日もそこそこ釣れたし、いい終わり方だったと思う。

10月はMTBとランの大会が一つづつ。
まだ時間があると思っていた鳥海山MTBも実はもう来週だった、明日はスポーツクラブでエアロバイクでも漕いでおこうか。


30日> ダメだろうと思って寝ていたら、意外に台風が遅いようで、天候が悪くない。
遅くなったけど、これから用意してちょっとでも釣りに出かけてみようかな?
状況は悪そうだけど、釣れても釣れなくとも最後だし。

2018/9/28

道具って・・・  水辺遊び<釣り>

僕のように浦島太郎の釣り師にとってはびっくりするような高性能で精密機械のようなリールやカーボン技術の粋を尽くしたようなロッドがこれでもかというほどラインナップされる現在なのに、不思議なことにオークションなんかではクラシカルなアンバサダーだったりカーディナル、ミッチェルなんかのリールやフェンウィックFC-60 FC-38といったロッドが高値で取引されている。

性能うんぬんよりも趣味性の高いフライリールやフライロッドであればそれも納得できるが、カーディナルやミッチェルなんか性能で言えば現代の糸が巻かれて売っている2000円くらいのスピニングリールと大差ない。(というか、現代の2000円のリールの方がいいと思う 笑)

コレクションとして置いておく人ももちろんいるだろうが、現在の用具に疑問を持ち出した人もいるのかもしれない。

沢山釣れればもちろんいいけど、沢山釣ることや大物ばかりが釣りの楽しみではないと思う。
竿やリールなんてのは最新の性能ばかりがその良さではないと思う。

まぁ、僕も含めて日本人はその域にはなかなか達することはないと思うけど、そう思ってきた人も意外と少なくないということかな。

2018/9/28


スポーツクラブでの通常の軽いトレーニングの他に、今日は夜に三浦先生のトレーニングと同じようにやってみた。

といっても、三浦先生ほどのウェイトはかけていない。
リュックに2Lペットボトル5本、片足1sずつのウェイト。(三浦先生の半分)

これで家の周りの起伏のある所を狙ってウォーキング。

約2.5qほどの距離でしかないし、ランニングでなくウォーキングなのに結構汗をかくもんです。

2018/9/28

す すげえ ベイトキャスティングりールでねえけえ  水辺遊び<釣り>

先日手に入れた山型カップのアンバサダー5000C

釣りキチ三平で三平くんが魚紳さんから受け取ったときのセリフは記憶のかぎりではこうだったが、実際にまたコミックを手にした今、確認してみた。

19巻99ページ。
どれほどに印象的だったんだろう、ほとんど間違いない。(笑)

三平くん 「魚紳さん こ これは・・・・ す すげえ ベイトキャスティングりールでねえけえ」

魚紳さん 「いやあ ずいぶんらんぼうにあつかったからキズだらけになってるが ちょうしだけはバツグンさ・・・・」
クリックすると元のサイズで表示します

40年の月日を経て、釣りキチ三平で最も印象深かったリールが、同じリール袋とともに僕の手にある。(僕のはキズひとつないピカピカだけど 笑)

2018/9/27

フロントフォークのホースクランプ 自作  山道遊び<MTB 自転車>

サスペンションフォークにディスクブレーキのホースをクランプしていた部品が破損した。(黄色の〇部分についていた部品)
クリックすると元のサイズで表示します

この部品、以前にいちごうにお願いしてアメリカから3つほど買っておいたのだが、これまでにも壊れたことがあって、その3つすべてを使い果たした。
クリックすると元のサイズで表示します

これまでは、どこかに引っ掛かって破損させたのだろう、あんまり力のかからないものだとばかり思っていたが、こんなに破損が続くとちょっとおかしい。。。
どうもサスペンションがストロークすると、ブレーキホースがクランプを広げる方向に動いて、薄いプラスチックのクランプが破損に至るようだ。(そのためにインシュロックでその動きを制限するようにホースを留めてはいたが、それでも破損する)

同じ部品をまたアメリカから買うのもいいが、結局のところまた同じように破損するだろう。

そんなことで自作することにした。

素材はアルミ板を曲げて作ることも考えたが、ブレーキホースへのダメージも少し考えてジュラコンプラスチックを削り出しで作ってみることにした。
クリックすると元のサイズで表示します

オリジナルのものよりも少し大きめ厚めに作って強度を考えてみた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

装着してみた。
クリックすると元のサイズで表示します

別にこんなものなくともインシュロックでフォークに縛っただけでもよさそうなもんだけど、まぁ気分的なもの。(笑)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ