まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2019/1/31

スキーブーツ防寒  雪遊び<スキー>

今履いているスキーブーツ、少し寒い日には足の指の感覚がなくなるくらい冷たくなる。。。

ジャストサイズでほとんど空間もなくインナーもすごく薄いために仕方がないといえば仕方ない。

マスキーなるスキーブーツにかぶせるネオプレーンの品物も試してみたが、大した効果は感じられなかった。

先日は履いているストッキングのようなソックスをメリノウールの入っているものに変えて試してみたが、やはり大した変化はなかった。
https://purple.ap.teacup.com/0824/5043.html

このたびZAOに行くにあたって、いつもよりもずっと寒いZAOで耐えれるのか?と不安になった。
そこでアルミテープを思いついたので、ダメもとで少し細工をした。

シェルの内側にアルミテープを貼る方がスマートだがちょっと難しいので、インナーの足指の部分に張り付けた。
クリックすると元のサイズで表示します

ZAO初日の猛吹雪の中、気温は-7℃。
念のためブーツにはマスキーをかぶせた。

これほど寒くなくとも、寒い時はいつもなら30分もしないうちに感覚がなくなるくらい足の指が冷たくなるが、冷たくならない。。。
どのくらい持つのだろう?と思ったが、感覚がなくなるような冷たさにはまったくならずに済んだ。

寒い時は、ブーツを脱いだ後に足指がジンジンと痛いくらいの冷たさになっていることが多かったが、それもない。

翌日も山頂は-10℃、他のコースは前日ほどは寒くなかったがほぼ1日滑っていた、それでも足指が感覚がなくなるくらい冷たくなることはなかった。

ブーツを脱いだ後もジンジンしなかった。

遮熱だの断熱だのの理屈はどうでもいい、僕は学者さまじゃない。
自分の足指が冷たくなければそれが結果であり、自分が満足できればそれでいい、そんなわけでこれは満足。

2019/1/30


昨日今日と「スキーをしているのにZAOに行ったことがない、樹氷が見てみたい」という娘のリクエストでZAOに行ってきました。


昨日>
天候は冬型で、道中からかなり雪が降ったりしています。。。

スキー場にはお昼前に到着。
宿に受付をして準備を始めますが、とにかく風が強くて雪もガスもすごい、止まっているリフトも何本もあるようです。。。

まずは中央ロープウェイで上がって中央ゲレンデに出てみますが、どこがゲレンデなのかもわからないくらい。
遭難しそうな中、滑っているのか移動しているのかという状態。(^_^;)

夕方になって少しは天候がよくなってはきましたが、風がとにかく強い!
それでも娘のご機嫌もちょっとは戻ってきたかな(笑)という感じ、ようやく写真も撮れる状態になって1枚。
クリックすると元のサイズで表示します

僕はこれまでに2回ZAOに来ていますが(1度は日帰り)天候に恵まれたことはありません。
学生の頃はホームゲレンデだった嫁さんも、そんなに天候に恵まれた記憶はないらしい。
樹氷ができる条件を考えれば当たり前ですか。。。

凍える中、宿に戻ってお楽しみのジンギスカンの夕食。(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します

おいしかった。(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します


今日>
昨日は上ノ台、中央方面のエリアを滑ったので、今日は横倉の方面から。
ロープウェイを乗り継いで。。。あれ?樹氷高原駅のところってそのまま乗り継ぎだったっけ?と思っていると、さらにロープウェイがゴンドラに変わってます。
以前はものすごく混んでいた記憶でしたが、すぐに乗れました。

今日の天候は雪も降っていないし風もなくおだやかですが、ガスがすごくて視界が効きません。
山頂駅の気温。
クリックすると元のサイズで表示します

外に出ると。。。ガスでまったく見えません。
樹氷を楽しみにしていた娘のテンションは⤵⤵⤵

少し下ってなんとか見える程度のところで樹氷の姿をスマホに収める娘。
クリックすると元のサイズで表示します

ユートピアゲレンデのあたりまでくると、だいぶ見えるように。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここで嫁さんが財布を車に忘れたのに気づいたのもあって、一度下まで下ることに。
下に行く途中、横倉の壁も滑ってみたいという娘、横倉の壁にもアタック。

下で昼食をとっていると、天候がかなりよくなってきました。
どうしてもきれいな樹氷が見たい娘の要望で、もう一度山頂に上がることに。

ところが、天候がよくなったとはいえ、ZAOは上と下でずいぶん違う。。。
山頂付近はときどき晴れ間が出てきれいに見えるときがあったりするものの、くっきり遠くまで見渡せるというわけにはいかず。

それでもかなりはっきりと樹氷が確認できて、少し下れば美しい樹氷原が見られました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ユートピアゲレンデのリフトで。
クリックすると元のサイズで表示します

黒姫スーパージャイアントのところかな、ご機嫌の嫁さん。
クリックすると元のサイズで表示します

ZAOには樹氷の時期に来たことがないので、実は僕も樹氷を見たのは初めてです。
天候に恵まれてきれいな樹氷を見ることができてよかったです。(^_^)

いつもはスキーを滑ることが主な目的な僕ですが、今回はスキーを使った観光といったスキー「滑った」という感じは少ないものの、娘と嫁さんと一緒に楽しい時間を過ごしました。(^_^)


15:00過ぎで終了して、無事帰宅。



※画像はまだ整理できていないので、後日追加したり入れ替えたりする予定

2019/1/28

ダイアモンド  

今どきブラウン管なんて言ってもわからない若い子も多いだろう(笑)が、モニター越しにリアルタイムでそこに行かずともなんでも見れたりする、動画なんてものも簡単に撮れてしまう時代になった。

記録というのを否定するわけではないが、あまりに情報量の多い記録は、輝きがないように感じている。

自分の目で見て肌で感じたドキドキ感、それは映像には記録されない。
情報量が多ければ多いほど、それは自分の中で価値のないものにされてしまっているように思う。

プリンセスプリンセスのダイアモンドという曲、リアルタイムに売れていた頃はあまり興味ある曲ではなかったが、あまりに情報量も多く便利さにあふれている現在になって好きな曲のひとつになった。

歳をとってもやめられない。。。まぁ、やめるつもりはない。(笑)

2019/1/27

ゲートトレーニング  雪遊び<スキー>

朝起きると外は吹雪だった。。。
スキー場はもっとすごいんだろうな。。。と思いながらも車を走らせる。

しばらく走ると雪はやんだ。。。うちのあたりだけが降っていたようだった。
けれどやっぱりスキー場は降っていた。(^_^;)

それでも思ったよりはなんとかなりそうで、ポールセット。
それほど硬くはないコースになっているからなのか、若干浅めのセットでセットされた。

せっかくの浅めのセットなので、今日は思い切ってラインを変えて滑ってみた。
失敗ももちろんあったが、急斜面はターンというより、ただ落ちるだけの感覚の方が強い。
それでも落とされることなく、もちろんゲートもクリヤーしているので、速いというのはこういうものなのかもしれないと新たな発見。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

昼食後、チームの方から昨年モデルの板を安く譲ってもらいました。
今年買った板と同型の前モデルなので、サブ板として使おうという目的ですが、試合でしか使っていなかったというその板は新品同様、僕が今年買ったニューモデルよりもきれいかも。。。(^_^;)

その後にフリーを5本滑って終了。



そして、夜には明後日からの予定のため娘が帰ってきました。(^_^)

2019/1/25

クラブ研修  雪遊び<スキー>

仕事を終えた後、ナイターに行った。
講師がM師匠だったのもあって久しぶりにクラブ研修に出た。

25年前から変わらない練習。
基本は変わらない。

今どきのスキースクールでやっているような内容は僕には難しくてよくわからないが、真っすぐな長いスキーの頃から変わらない内容が本来の基礎だと思う。

僕が速なれるかもしれないヒントももらった。
M師匠がアルベルトトンバの練習を見てきたときにも言っていたことだった。
次の練習で試してみたい。


研修後にフリーで滑っているときだった。
スノーボードに後ろからぶつけられた。。。

こんなときにかぎって脊椎パッドをつけていない。。。
幸い背筋のあたりが痛いだけで済んだが、一歩間違えば大変な事態になっていただろう。
ぶつかってきたスノーボードのヤツが「大丈夫ですか!?」と言ってきたが、大丈夫じゃなかったらどうするつもりなんだと言いたいところだ。

大事なスキーもケガをした。。。
すぐに点検したときには気づかなかった。。。
これも幸い滑走面やエッジに問題はなかったが、後で見たらサイドウォールと一部化粧面の角のあたりが削れていた。
補修しなくちゃ。。。

スノーボード、スケートボード、サーフボード、チャラチャラした横向きのヤツらは大っ嫌いだ!

2019/1/24

ブースターストラップ 今度は嫁さんの  雪遊び<スキー>

今度は嫁さんのブーツに。
クリックすると元のサイズで表示します

スタンダードのを買ってきました。

ストラップカラーはいろいろあるけど、やっぱり普通の黒がいいらしい。



で、取り付け。

ブースターの部分と穴をあける部分のあたりにマスキングテープを貼って、センターをマーキング、ブーツを履いて通常使用するときのバックル位置にしてブースターのセンターを合わせ、取付穴の位置を出して穴位置をマーキング。
クリックすると元のサイズで表示します

半田ごてでマーキングした位置に穴開け。
クリックすると元のサイズで表示します

取り付け完了。
クリックすると元のサイズで表示します

この取り付け方については、最初の頃からこういったものをお店に任せるとロクなことがないと、自分で満足いくようにやってきた。
https://purple.ap.teacup.com/0824/388.html

基本はセンター。。。だが、このセンターというのもどこにどうやってセンターの基準をもってくるかというので考えるところだ。
僕の考えとしては、完全なセンター出しは不可能だし、仮にズレるならばブーツ内側よりも外側が伸びるようになる方がどちらかといえばいいだろうと、それを踏まえて何度も見直して納得する位置を出し、思いっきり締めたときの伸びや使っているうちに伸びることをあまり考慮せずに位置を出している。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ