まじめな方は閲覧注意! へそ曲がり。。。変なヤツ。。。かむるち2号の日々の遊び、日記など好き勝手に書いてます 見られた方は笑って許してやってください (^_^;)

2020/4/29

猿の惑星  

オークションで買った「猿の惑星」DVD-BOXが届いた。
クリックすると元のサイズで表示します

後にリメイクされた作品ではなくオリジナル5作品、僕の好きな映画だ。

BOXが出たときには少々高価で買えなかったが、今のこの世界状況を見ていると、また観てみたくなってオークションで購入した。

リメイク作品では多くの人間がウィルスによって死滅するようだが、オリジナルではどうだったか覚えていない。(最初のと続を観てみたところ、核戦争のようだ)

なんにしろこの作品は、近い将来ヒトがなんらかの理由で衰退することを示唆していた。
今がまさにその始まりかもしれない。。。

1960年代にすでに想像されていたヒトの未来。
この作品からのメッセージを考えたことのある人はどれだけいるだろうか。。。

自由の女神が海岸で砂に埋もれていても、なんとか姿を残しているような事態で済めばいいが。。。

2020/4/29

わらび採り  外遊び<外でいろいろ>

この時期、嫁さんが楽しみにしているわらび採り。

健康のための外出ということで、近くの山に嫁さんと娘と一緒に。

秘密のポイントでは、まず人に会うことはない。
三密には程遠く、コ●ナの脅威におびえることはない。

お昼はお弁当、外食はしない。

最初のポイントは、あまりいいものが採れなかったので、別のポイント。

わらびを探す嫁さんと娘。
クリックすると元のサイズで表示します

ビニール袋に3つ、けっこう採れた。
クリックすると元のサイズで表示します

2人ともよろこんでくれて笑顔、身体の健康もそうだが、心の健康にもよかっただろう。

2020/4/28

逆上がり  

夕食後、娘と嫁さんと一緒に近所を散歩に出た。

歩いた先にあった公園。
そこに鉄棒があった。

娘は僕と嫁さんに「逆上がりできる?」と上から目線で言う。

「もちろん」僕と嫁さんは言う。

で。。。
僕はできたが、嫁さんが「あれ?」と言ってできない。(笑)

何度やってもできない嫁さんに、僕と娘は大笑い。
「数年前はできたのに」と言う嫁さんだが。。。

それでも衰えを自覚できたってことは、それを克服するために練習すればいい。
気づかないことほど怖いことはない。

2020/4/28

遊漁券  水辺遊び<釣り>

会社帰りに昔からの行きつけの釣具店に行った。

久しぶりに僕が顔を見せると、店主はおどろいたように「おぉ」と声を出す。

「釣り券買いに来ました」そう言うと「やっと?オレは今年もうけっこう行ったよ」と言う店主。

「釣れますか?」と言うと「小さいのばかりだけどね、ドライで釣れるよ」と教えてくれた。

県内水面の年間遊漁券、釣りをしない人には釣りをするのにお金がかかるのか?と知らない人も多いと思うが、河川や湖沼のような内水面で釣りをするには厳密に言うとどこでも漁業権が必要になる。
もちろん漁業権が管理されている内水面である以上、害魚であるブラックバスを釣っていても本来は遊漁券が必要となる。

実際には平地のそこいらで釣っている分にはなにも言われないし、どこであっても見つからなければわからない。

若い頃は買わないで釣っていたし、監視員に現地で日券を買わされた翌年、1度だけ年券を買ったその年はまったく監視員に声をかけられることもなかったので、それ以降はまた買わずに釣っていた。

その後、釣りから離れた後、子供か大きくなるまでしばらくは、めったに釣りに行かなかったので、稀に釣りに行こうと行った時は、取りに来たら払えばいいと思っていたが、数年前にまた久しぶりに何度も川に行くようになったときからは遊漁券をを買うことにした。
それだけのお金を払うだけの価値のある放流されているのか?河川管理はちゃんとされているのか?etc・・・いろいろな言い分がないわけではないが、それがルールである。
だからといって、遊漁券を持たない人たちをどうこう言うつもりはない。

本当にお金を持っていなかった若い頃とは違い、今の僕はそのくらいのお金はなんとか払うことができる。
どんな理由をつけても、ルール違反はルール違反。。。
もしこれがスポーツだとしたら、どんなにすばらしい結果を出したとしても公認されない、いや仮に公認されたとしても、選手自身はどんな気持ちだろう、一生後ろめたさの残ったままになるだろう。

僕が毎年遊漁券を買うようになってから、店主も「何回か行くなら年券買った方がいいよ、今は現地売りの日券で4000円も取られるし、なによりビクビクしながら釣ってても気分よくない」と言う。

券ができるまでの間、店主と釣りを始めいろんな話をした。
券ができてもその話は止まらない。
もう40年以上の付き合いだ。

2時間以上店にいた。(笑)

2020/4/27

車。。。  

アルファロメオ4Cが最終オーダーとなった。。。

ロータスエリーゼとともに、ライトウェイトミッドシップで興味のあった車だけに残念だ。

とはいえ。。。買えるような値段じゃないけど。(^_^;)

車なんて基本的には便利で故障が少なくて維持費もかからない、そういったものが一番だとは思うが、もしも僕が小金持ちで心や時間にも余裕があるようなできた人間であるのなら、そういった車とは別に、目立つうえに走らせておもしろく、所有欲を満足させる、そういった車を1台持ちたいと思う。

大金持ちなら文句なくランボルギーニアストンマーチンを買うが、それこそ今後天地がひっくり返ってもありえないだろう。(笑)


前記のアルファロメオ4Cやロータスエリーゼだって、天地がひっくり返りさえすれば手にはできるかもしれないが、まずないだろう。(笑)
他にも実用的ではなくとも欲しい車というのはある。(まぁ買えないだろうが 笑)

フィアットパンダ4×4
クリックすると元のサイズで表示します
このパンダ4×4は中古車で手が出せる価格で現実的だが、補修や維持はもちろん趣味の領域になるだろうな。

シボレーコルベットスティングレー
クリックすると元のサイズで表示します

フォードマスタング
クリックすると元のサイズで表示します
コルベットとマスタングは、いつの時代のも好きだが、どちらも画像の年代の型が一番好き。(なんといってもグラマラス&パワフル すばらしいボディをもったアメリカの女性のようだ)

ランチアデルタインテグラーレ
クリックすると元のサイズで表示します
ラリーでも活躍した車両らしいが、そんなことはどうでもよくて(笑)フェンダーの張りだし方とかハッチバック車には似つかわない存在感がたまらなく好き。(パンパンにはち切れそうなスーツの女性を彷彿させてたまらない)
程度のいい車両は少ないだろうし、補修や維持は大変そうだけど。

アウディTT
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツの車はあまり好きではないし、ちょっと現実に無理して買ったら(中古なら無理すれば買えないこともない・・・かな?)普通に使いそうなあまりに実用的現実的な車だが、これは意外と好き。
86だったりランサーエボリューション、スバルのSTIとかの国産のスポーティモデルにおやじが乗ってると、ものすごくカッコ悪い(ホンダS660や、どんな車でも国産改造車は、特にカッコ悪い)が、こいつはおやじが乗っててもいい雰囲気だ。

そういった意味からも、現行のジャガーF-TYPEもカッコいいし、いい雰囲気を持っている。
もちろん買えないが。(^_^;)


古い車で絶対手にはできないような車には特に好きな車が多い。

ランボルギーニミウラ
クリックすると元のサイズで表示します
(収まっているV12エンジンも含めて世界一美しくすばらしいスーパーカーだと思う)

デトマソパンテーラ
クリックすると元のサイズで表示します
(見た目とは違う中身 このスタイルにアメリカンパワー こーゆーのがたまらない)

トヨタ2000GT
クリックすると元のサイズで表示します
(日本車とは思えないセクシーなラインだ 特にこの角度からがいい)

ジャガーE-TYPE
クリックすると元のサイズで表示します
(エレガント 美しさは時代を超えると思う)

ディーノ246GT
クリックすると元のサイズで表示します
(ディーノのボディラインは美しくてセクシー エロささえ感じさせる)

フェラーリデイトナ
クリックすると元のサイズで表示します
(ディーノをフェラーリと言わなければフェラーリの中では最も美しいと思う)

etc・・・



他にも欲しい車ってのはいろいろあるけど、見て楽しんでるくらいが一番いいかな。(笑)



美しさ、かわいさ、服の上から想像できる中身、Sな内面、気品、etc・・・女性と同じ好みになるのかな。
古い車に好きな車が多いけど、女性も歳を重ねても魅力的な人って多い。

まぁ、実際には。。。1つしか選べないのなら、自分のライフスタイルに合った、堅実で現実的なものを選ぶというのも女性と似ているかもしれない。(手が出ない出せないってのもある 笑)

2020/4/26

小雨の休日  

外出自粛ということに縛られすぎているつもりはないが、今日の休日は家にいることが多かった。
というのも、天候がほとんど小雨だったのもあったからだが。(笑)

外に出たのは、必要なものを買いに近くのホームセンターに行ったのと、パンを買いに近くのパン屋さんに行ったこと、そして晴れ間を見て少し車を洗うのに外に出た程度か。

それ以外の時間は、マニアルームの整理を少ししたり、泥だらけだったMTBをきれいにしたりした。

スキーのチューン用具もある程度仕舞って、釣りや自転車の用具を出しやすくした。

そして、フライリールにもフライラインを巻いた。
クリックすると元のサイズで表示します

今年は人が出ないので、野生動物も活発だろうから、クマには気を付けないとだが、もう少し暖かくなればドライフライシーズン到来だ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ