2005/10/9

ぶっ壊す覚悟で  電化製品(PC関連以外
ラジカセ分解してました、今日は。

ウチの、というか僕のMDラジカセ、1年以上前から全くMDを再生できなくなっていたんです。
ちなみにメーカーはAIWA。
ですが、家電量販店の店頭で1時間かけて選んだ物ですから、性能や機能に不満はありませんし、悪い品物だとは思いません。

しかし、しかし!
かつてポータブルMDを愛用していた時分に、カセットテープを全てMDにダビングして処分してしまった自分にとって、MDが聞ける環境は必要なのです、なのに!
最初はもちろん所蔵MDを再生出来ていたのですが、古い物、管理の悪かった物から順に少しずつ再生できなくなっていき、遂には全てのMDがTOC Readingすら不能になってしまったのです!

ああやはりAIWAは駄目なのか!?
ここで修理に出したらそれこそ「安物買いの銭失い」になってしまう!
そんな事は承認できん!!

と、諦めてないような諦めてるような良く分からない感情に基づき、見事「放置」を決め込んで早一年余り。
ついに私は決断しました。
「自分で直す!」

ポータブルMDもそれでトドメを刺した事は甘酸っぱい、もとい苦い思い出ですが、MDは聞きたい。
しかし、修理に出す金はない。
ならばもはや道はありません。
ピックアップの寿命には早過ぎるはずなので、考えられるのはレンズの汚れとレーザーの出力低下です。
(ちなみにPS2のジャンクなんかを修理してる人のサイトの受け売りですけど)

MDレンズクリーナーも持っていないんで、とにかく分解するしかありません。
CDプレーヤーならフロントローディングでさえ無ければ直に拭けるんですが、ここがMDの厄介な所ですね。

さて、まず最初にすべき事は…
ネジ穴が深いのでドライバーが入りません。
ドライバーのグリップを削る所から始めましょう。
(かなり躊躇ったけど、背に腹は代えられん…MDラジカセの方が大事だ)
模型用のノコで切り込みを入れ、ヤスリで形を整えます。

準備が整った所で、今日はおしまい。
続きは明日にします。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ