2018/12/15

アズールレーン  受動的オタク趣味
確か今年の一月に(一週間ほど?)アズールレーンをプレイしていたのだが。
当時はなにかいまいちピンと来なくてすぐやめてしまった。
いわゆる艦これフォロワーなゲームとして戦艦少女Rを去年一年間プレイしていて、
同じようなものと思って始めたら思ったより勝手が違ったのが理由だったと思う。
(ちなみに艦これは一昨年に半年ほどやっていた)

というかガチャゲーはやる事多すぎんねん。
新しく初めて一通り覚えるまでに気疲れするねん。

その後7月ごろに一度復帰しようとしたのだが、以前のサーバがどこだったか分からなくなっていて、
入れるサーバには全部入ってみたが、全てチュートリアルから開始だったので諦めた。

自分の中でどんな心境の変化があったのか分からないが、11月からもう一度プレイを開始した。
もちろん過去のデータを発掘できなかったので完全に最初からやり直しである。
で、一月半ほど経った現在の指揮官レベルは52、図鑑達成率は32.3%。…あれぇ?
めっちゃやってるやん!超ハマってるやん!

いや、正直このゲームだいぶヌルいわ。
最初、戦闘が横シューなのが馴染めなかったんだけど、別にオート戦闘に任せときゃいいし。
ていうか攻撃は自動なので操作するのは移動(回避と位置取り)だけなんだけど、全然敵の攻撃避けらんないんだよね。
だからシューティング要素意味ないじゃん!って最初は気に入らなかったんだけど、
だからこそオートでもあんまり影響がない。たまに敵の魚雷全部拾いに行ったりするけどw
オートだと敵のいないところに魚雷撃ったり、航空攻撃(敵弾を消すボム的機能がある)の
ゲージ溜まると即使うのでもったいなかったりするんだけど、ぶっちゃけオートでも勝てるくらいに
艦船を育成しとかないと海域攻略がしんどいだけだった。
手動操作なら確かに強敵に勝てることもあるけど、被ダメージが大きくて進軍が困難になる。
オートでもほぼノーダメで勝てるくらいの艦隊じゃないと、海域ボスにたどり着けなかったり
たどり着いても勝てなかったり、勝てても戦闘不能艦を出して評価や友好度を下げる。
それに気づいたらプレイがかなり楽になった。

艦これと違う点として、修復が必要ないというのが最初は戸惑った。
たとえ戦闘不能になっても轟沈(キャラロスト)もないし、海域から撤退すれば瞬時に全回復する。
(ただしコンディションは下がるらしいが、目に見えて下がったところは見たことがない…)
戦艦少女Rも轟沈はないが、修復は必要だし戦闘不能出すと友好度がガツンと下がる。
それらと比べるとアズールレーンはあまりにもヌルい。
修復そのものが必要ないので、時間がかからないだけでなく、修復に資材を消費することすらない。
というか資材の種類は燃料だけで、弾薬、鋼材、ボーキサイトとかはない。
それゆえ建造もめっちゃシンプルで、メンタルキューブという触媒?と資金しか消費しない。
艦これだと特定の艦を狙って出す為の建造レシピというのがいろいろあって、
それを知らないと資材を無駄にするだけだが、アズレンだと小型、大型、特殊艦建造の3つから選ぶだけ。
どうせランダムなのだから悪足掻きできない方が精神的にはよい気がするw
実際毎日何かしら新しい艦が入手出来ているし…

戦艦少女Rを始めた理由はSaruというイラストレーターだった。
が、Saru艦はなかなか手に入らなかった。
カッシンヤング、ノブゴロド、スフバートル、アルバコアだけかな持ってるの。
ヴィットリオ・ヴェネトとか雪風とかオバノンとか欲しかった…
アズールレーンはSaru艦がボロボロ手に入るのも嬉しい。
しかしそれ以上に嬉しい誤算だったのが…Saru艦に限らずみんなかわいい!
現在105隻の艦船を保有しているが…今んとこ「かわいくない」子が一人もいない。
チャールズ・オースバーンだけ若干微妙かな…ってくらいでみんなかわいい。すごい(語彙力

今はもうドックに余裕がないので課金しようかな…って悩んでるところ(ハマり過ぎである

ところでレナウンさんって本当に1−4でドロップするんですかね…まだウチに来てくれないんですけど…

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ