2012/10/20

"シュタインズゲート"って、つまりなに?  能動的オタク趣味
収拾つかなくなって4ヶ月塩漬けにしてた記事を戯れに投稿する。

加筆修正してないので主観時間が4ヶ月前だし、文の途中で途切れているが気にしない。
最後の言葉がシュタインズゲートで終わっているので
それはそれでオチとして綺麗かな、とか血迷ったり

今さらネタバレとかどうでもいいけど、とにかく長いので記事は折りたたむ。


続きを読む

2011/11/27

むしり取った衣笠  能動的オタク趣味
…って何の漫画で見たんだっけ。

Citronの恋、ヨロシクお願いします!を聞いていたら、何故かこんな絵を描いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

(これ、どういうネタか他人に分かるのかしら…)

謎は全て解けた!
Citronが売れなかったのもかのんがセンターに来るのも必然だったんだよ!
まさか松尾早人がヒントだったとは…(ねーよ

で、10年ぶり(もっとかも)くらいにレイアースの甲冑描いたんだけども、意外と覚えてるもんだなーと。
腕甲が右だけで、グローブは左だけで合ってたよね。
さて、今日は何の記事書こうか…。

あ、そうだ。
過去の月間最多更新数は2005年1月の26件だったのですが、この記事をもって、めでたく記録更新となります。
ひゅーひゅーどんどんぱふぱふー。
今月中に30件目指そう。

あ、カット載せる時は能動的オタク趣味のカテゴリに入れてもいっか。

2008/1/11

今更にも程がある  能動的オタク趣味
今年ももう残すところ355日ですよ…。
こんばんは、hookyです。

久しぶりに載せてもいいかなと思える物が描けたので掲載。

勇者王ガオガイガーの続編という位置付けのhookyの創作「真・勇者王伝説」に登場する、「勇者王ギャレオリオン」
公式の続編である「勇者王ガオガイガーFINAL」に登場する、ジェネシックガオガイガーに相当する存在、すなわち「緑の星で建造されていた、本来の勇者王」です。

・獅子型ガオーマシン「ギャレオン」
・二頭竜型ガオーマシン「グランドレイ」
・双頭犬型ガオーマシン「ゲルベロス」
・翼竜型ガオーマシン「ゴルンドル」
と「星の子」たるラティオがフュージョンする事で誕生するギャレオリオンは、ラティオの持つ超能力を増幅し、対機界昇華プログラムの切り札となる筈でしたが、その完成(というか、起動)を待たずして緑の星は原種の侵攻にさらされ、ラティオの実父・カインは、ギャレオンに自分の人格をコピーしたAIシステムを搭載し、まだ乳児だったラティオと共に三重連太陽系から脱出させたのでした。

で、何が今更かって言うと、ギャレオリオンの大まかなデザインと合体ギミックを考えたのは、TVシリーズが終わってすぐ…
つまり、あと一月足らずで10年経ってしまうわけです。
それなのに今更こんな物を描いていて、しかも詳細なデザインが未だ決まっていないという事から分かるように、ストーリーの方も「お察しください」という具合です…

クリックすると元のサイズで表示します
ドリルガオーに相当するゲルベロスの合体

クリックすると元のサイズで表示します
ゲルベロスの脚収納案

クリックすると元のサイズで表示します
ステルスガオーに相当するゴルンドルの合体と、続けて
ライナーガオーに相当するグランドレイの合体
最後明らかにスペース足りなくなってるのがワロス
ガオガイガーだとライナー→ステルスだけど、それだとギミックの順序がばたばたするのでステルス→ライナーに変更した。
ライナーの進入が逆からなのは、ちょっとしたネタの為。


ガオガイガーは傑作だと今でも思っていますが、三重連太陽系の機界昇華大戦の一部始終については、まともに考えると説明のつかない事が多すぎます。
辻褄が合わないというか。
たとえば、ラティオ。
天海夫妻に託された時、まだ赤子でした。流石に新生児ではありませんでしたが…。
ESウィンドウを通過してきたとしても、緑の星から地球に到達するまで数日は要した可能性があります。
その間どう過ごしていたのか?
また、彼の額に浮かぶ紋章とGストーンの発光パターンが同一であるのは何故なのか?
(ラティオが先だとGストーンとギャレオンの完成が早すぎる。Gストーンが先だとラティオは天然の超能力者とは考えにくい)
また、何故彼とGストーンの発するパワーはZメタルと反発する性質を持つのか?
(ラティオが対ゾンダー生体兵器である可能性はTVでアルマによって否定されていますが、やはり天然の超能力者だと考えると無理がある)

さらに、ラティオとGストーンを参考に赤の星で作られた生体兵器・アルマとJジュエル、それを使用したソルダート師団と起動兵器群。
ラティオが三重連太陽系を脱出するまでの期間に、これだけの物を用意できるとは少々考えにくい。ここでも時間の問題が。
また、アルマがラティオと生体年齢が同じで、Jアークと共に地球に落下した時期もほぼ同じなのは何故か?
さらに、何故EI-01の地球飛来はラティオの飛来から5年も時を隔てたのか?
(アルマとJアーク級1番艦がラティオ同様に脱出してくるぐらいだから、その時点で三重連太陽系はほぼ機界昇華が完了していたと考えられる)

語り出すとキリが無いのでここらで切り上げますが、以上の様な疑問に一つ一つ回答を用意すべく考えた「三重連太陽系の真実を語る物語」が真・勇者王伝説です。
OVAシリーズをやる事は早々に分かっていたのですが、以上の事から「三重連太陽系には触れないお話になるんだろうな」と予想していたので、FINALで三重連太陽系に実際に行くという展開になった時には大層驚きました。
まぁ結果はトホホでしたけど…。
でもFINALは、話はつまらなかったけど、テーマとしては期待していた通りの事をやってくれた(多分やらないだろうなと諦観していた事も含めて)ので、評価としては複雑ですね…。
あれでちゃんと面白ければ…。

まぁ、それはさておき。
ギャレオリオンは、全てが緑の星のカインの手で建造されたメカ、FINALでいう所のジェネシックにあたるロボットなのですが、意外な所に共通点があってちょっと複雑な気分です。
1.動物モチーフのガオーマシン
  まぁこれは。ギャレオンがライオンモチーフなんだから他もそうだろうって事で、当時いくつもあった創作続編でも大体共通してましたね。
2.頭髪の存在
  まさか髪の毛生やすなんてネタで被るとは…。
  とはいえこれも、ガイガーの後頭部(うなじ)に襟足状の装甲がある事と、ガオガイガーのヘッドギアも弁髪状のパーツでステルスガオーと繋がってる事から発展させたネタなので、被っても仕方ないかな。
  …って、ああ、この絵には描いてませんね、頭髪。
  実際には細いチューブが無数にヘッドギアの後頭部から生えていて、ゴルンドルと繋がっています。
  余談だけど、ガオガイガーとの明確な差異を設ける為に、ガイガーの頭部の発展延長としてアレンジしたギャレオリオンのヘッドギアはお気に入り。
  つうかヒゲ面を思いついた時に「勝った!」と思った(誰にだよ
3.ギャレオンのデザイン変更
  これは本気でショックだった。
  ガイガーのイメージカラーが白、ガオガイガーが黒でガラッと変わるんですよね。
  これはガオガイガーという作品自体が対比を多用していた事から、意図的にデザインされたものなのですが、この変化を「異星文明製のガイガーと、地球製のガオガイガー」という対比と受け取ったhookyは、ギャレオリオンのイメージカラーを白で設定したのです。
  そうなるとガイガーのスカートが黒いのが邪魔なんだよね…。
  なので、地球上空でEI-01と戦闘した時(まだ生身だったガイを助けた時)に推進機関の集中しているスカートを破損して、そのせいで墜落して、GGGが後で直した時に黒くなったという設定にして、「真・勇者王伝説」の中で本来のデザインに修復するイベントを考えてたんだけど…。
  ガイガーがジェネシックガイガーに変化してスカートと背中のデザイン変わった時は本気で吹いた。
4.尻尾の存在
  これは割とどうでもいいんだけど、尻尾がついた時はちょっと驚いた。
  でも、ジェネシックの方がアイディアに溢れていていいんだよね。
  「滅びを呼ぶ悪魔」と称されるに相応しい禍々しいデザインだから尻尾がある事に不自然さが無いし、ガジェットガオーの時は首だし、節の一つ一つがガジェットツールだし。
  ギャレオリオンはただ単にグランドレイの尻尾ぶら下げてるだけだから意味も機能も何にも無いんだよね…。

各ガオーマシンのデザインについて。
ゲルベロスはまあ、ドリルガオーを動物の形に変形できるようにしただけで、モグラガオーと大差ないんで割愛。

肝はライナーガオーに相当するグランドレイで、これは、元々のガオガイガーのデザインの「無理」が全部ステルスガオーに集中してた事への回答として考案した。
ステルスガオーはガオガイガーの「両腕」と「ギャレオンに装着するたてがみ」をぶら下げて飛んでるというマヌケなメカで、一応両腕は補助エンジン、たてがみはランディングギアという設定になっていたけど、お前全然ステルスちゃうやん!と突っ込まずにはいられないデザインだった。
他にもステルスガオーはガイガーの両腕を内部に格納し、ガイガーの背面全体をスッポリ覆う事で、デザイン面でも装甲面でも結構重要な役回りで、ついでに言えばガイガーに合体して飛行能力を付加できる稀有なサポートメカでもあった。

一方のライナーガオーは、500系新幹線としてのスタイリングは完璧(動力車2両だけだけどな)でも、ガオーマシンで唯一ガイガーとの合体モードが無く、ガオガイガーに合体しても構成部分が肩と上腕だけという微妙なしょっぱさ。
(肩に新幹線は見た目に占める要素としては大きいし、設定上はどうやら両腕の攻撃と防御の空間湾曲エネルギーを生み出している部品でもあるようなんだが)
そこで、もうちょっと合体した時の見た目上のパーツを増やそうという事で、まずはどうせだから腕を丸ごと担当させる事に。
肩と腕だけじゃどうやっても動物型にならんので(コブラ型とかにしたら面白かったかも知れんが)、適当に羽と尻尾でボリュームを稼いで西洋のドラゴン型に。
余剰パーツになる羽と尻尾は背中にくっつけりゃいいやー、という発想。

ゴルンドルは、でっかい樽が無くなって身軽になったので、後はたてがみパーツを処理するだけ、じゃあ動物型だし脚が必要になるから脚で、って超簡単に決まった。
そのせいかゲルベロスと同様、未だにデザインがおぼろげにしか出来ていない。

ちなみにガオガイガーが「ガ」でギャレオンが「ギ」なので、「グ」「ゲ」「ゴ」で命名した。

ああ、ライナー救済で思い出したんでコレも貼っておこう。

クリックすると元のサイズで表示します
FINALで藤田一巳がメカデザイン担当するって判明した時に「じゃあ主役メカはゼータガオガイガーだな!」っつって速攻で描いたネタ絵。
地味にライナーガオー救済ネタだったり。


あとなのはさん描いたのでこれも。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと目つきがキツイな。
あと腰のボリュームが…アニメだともっとあったような。
でも9歳だしなぁ…。
アニメの美少女キャラは服着るとボリュームが大きく変化するよねぇ。
ムツカシイ。

2007/10/6

久しぶりに  能動的オタク趣味
SAIで塗ってみようかと思って落書き。

クリックすると元のサイズで表示します

線画がダメ過ぎる事を再確認する結果にorz
この状態まで持ってくるのにメチャクチャ時間かかった…。
まだ髪の毛の下地塗りがアバウトなまま。
軽く死ねそう。ていうか泣きそう。

絵のネタを解説しとくと、ソニックフォームの派生型になるオリジナルのバリアジャケット(捏造フォーム)。
蹴り足から対象に直接、電撃を叩き込む魔法「マイティキック」使用の為の、その名も「アメイジングフォーム」。
待機状態のバルディッシュを模したレガースが右のスネに装着される。

…というネタはすっかり事象地平の彼方へと消し飛び、残ったのは少々エロス強めなハイレグレオタードをまとった「魔王の嫁」19歳の姿だけでした。あっはっは。
何の役にも立って無さそうなスカート部分は、スカイガールズのコスチュームの影響をちょっと受けてます。

そもそも最初は9歳時のソニックフォームをベースに考えてたはずだ…。
当時はまだ3期でソニックフォームが出るかどうかさえ不明だったし(出るだろうという確信はあったが)。
それが、気が付いたらなんかムチムチになってて、なんか露出高くしてた。
このHENTAI!
それはそうと考えてみたら、髪こんなに短くないよね、フェイト。
まーいいか…この長さでも描いてて泣きそうだったし。

そして、やっとこ色を置き終わったはいいが、いざ塗ろうとしたら全く塗れなくなっててまた泣いた。
果たしてこの絵の次回更新はあるんだろうか(笑

2007/2/26

脈絡無く  能動的オタク趣味
ラクガキ。
オーマジンガーの内蔵武器、ニーインパルスキックからマジンガーブレードへと繋げる2HITコンボ。(違

クリックすると元のサイズで表示します画像大きいです

膝の衝角はニーインパルスキック使用時に射出され、単なる膝蹴りに比してその威力は数倍する。
この射出に使用されるストローク部分はマジンガーブレードの柄であり、また衝角は剣尻、台座部は鍔を形成する。
その為、ニーインパルスキック射突時にマジンガーブレードのグリップが完成する格好になり、流れ的にそのまま引き抜いて使用が可能。
刀身は何処に収まってるの?とか聞かないように。
ほらアレだ、マジンカイザーのカイザーソードみたいなものなんだよきっと。きっと?
ていうか、そもそもグレートのマジンガーブレードも、フトモモから出てくる設定だったはず。どう考えても収まらない長さのが。

もっといろいろ描きたいけど、デザイン確定してないとか画力が無いとかでなかなか厳しい。
いずれ何か描けたら、その時にまた。

2007/2/21

載せ忘れ  能動的オタク趣味
まぁいいや、絵カテゴリに入れられるし。

クリックすると元のサイズで表示します

昨夜描いたラクガキ。
久しぶりに可愛く描けたので満足。
まぁいろいろとバランスが変だが気にしちゃ負けだ!
女の子のつもりで描いたけど、髪型のせいか男の子と言っても通りそうな感じに。

…それにしても、何かに似てる…。
あ、エイミィにちょっと似てるか?
いや、ここまで髪短くないか…。

当初は頭だけ描いて満足してたんですが、後から体(というか服)を描き足してみました。
いやぁ、はだけたワイシャツは妄想が膨らみますね
で、これは
女の子が男物のワイシャツを着て「ぶかぶか〜」ってやってるお約束シチュエーションなのか、
エイミィがクロノのワイシャツを着て「ちょっとキツイかな(汗」(特に胸周り)ってシチュエーションなのか、はたまた
ローティーンの男の子がお兄ちゃん(会社員)のワイシャツを着て「お兄ちゃんの、おっk(以下略)ってシチュエーションなのか!
そこんとこハッキリしていただきたい!

…落ち着け。
ていうか誰に聞いてるんだ、俺。

2006/12/10

カラクリが分かったので  能動的オタク趣味
調子に乗ってもう1枚描いてみた。
(すげえ、我ながら信じられない行動だw)

クリックすると元のサイズで表示します
わーははは、描ける、描けるぜ〜!!
ちなみに下のガオガイガーはSAIでタブ直描き。
こっちはB5のコピー紙に0.5mmのシャーペンで。
どちらも消しゴムは使ってるけど、下書きはなし。

一応この絵の解説を。
昔々ある所に、ジャンク屋YAMASAというホームページがあったそうな。
マジンガー祭に乗っかろうとしてデザインだけ描いたけど、いつもの癖でDoGAで作るの大変な形にしちゃって挫折した。以上。(早っ

【オーマジンガー】
「最終、究極」を意味する[Ω](オメガ)を名に持つマジンガー。
光子力ビーム、ルストハリケーン、サンダーブレーク、ナックルランチャー、スリーブエッジ、エルボーバンカー、ニーインパルスキック、マジンガーブレード、オメガボルケーノなどの武器を持つ。
(ミサイルは…多分無い)
ホバーパイルダーとジェットスクランダーが合体したような飛行メカ・ウィングスパイナーを駆るパイロットがマシンダークロスする事で起動する。
マシンダークロスとは、機械の体と人の心が一つになる事を意味する造語で、まさに「マジンガー」のコンセプトそのものを体現した言葉。

ちなみにこの絵では、ウィングスパイナーはコックピット部分しか描いていない。

2006/12/10

何となく、絵が下手になったような気がする理由が分かってきたなぁ…。
ていうか、下手になったんじゃなくて、誤魔化す手法を無意識に使わなくなっただけだよなぁ、コレって…。

クリックすると元のサイズで表示します
そんなわけで久しぶりに落書きを1枚。
うん、やっぱりハッタリ利かしまくればそれなりに見られるなw

2006/9/12

だめだー  能動的オタク趣味
やっつけ絵しか描けねえー
それでもコレは、まだいい方じゃないかと思うぜ
というか、何か今まで描いた事無いバランスにまとまったのでちょっと面白いかもなんて思っただけだが
クリックすると元のサイズで表示します

2006/8/25

ネタ・寝た・Neta…  能動的オタク趣味
hookyは、働いていると平日は何もしない。
その癖、夜更かしはする。

そして、休日はひたすら寝ている。
午後9時に起きてどうするよ、俺…orz

まぁ、先週は休日出勤したのでしんどかったというのもあるんだけど。
夜勤4日+休出1日→夜勤明け1日休み→日勤4日というシフトだと、10日間毎日職場にいる事になるのでちょっと、ねぇ。

そして今日も休出で今から出勤、明日は通常シフトで夜勤だったりする。
つまり昨日は貴重な丸1日休みの日だったのだが、起きたのは午後9時。
ホントどうしようもないアホだな俺は。

というわけで休日を寝潰したので、何もネタがありません。
取り急ぎ、以前のようじょ絵(こっちじゃなくてtopページ更新の方ね)をトレスしてなのは絵をでっち上げてみた。

クリックすると元のサイズで表示します
さすがにちょっと頭身低いか。
しかし、こんな雑な絵でもそこそこ可愛く見える辺り、なのはは凄いね。
って、そりゃ脳内補正が働いてるだけだろうw

あ、ちなみに例によって例のごとく、記憶だけを頼りに描いたので服とかかなり違いますが、まぁ、そこは脳内補正でひとつヨロシク。

2006/5/3

生存報告その5  能動的オタク趣味
一時的に、古い絵の大量放出でもしようかと思っていた時期があったのですが、自虐モードに入ってしまった為に頓挫してます。
つーか、絵に関してはもう7年くらいずっと、自分の絵が嫌いでしょうがない状態なのですが。
3月の、一時的な気分の盛り上がりで、その辺を突破できそうだったんですが…。

というわけで、新しく描いた絵を1枚。
これも気に入らないので躊躇うのですが。
クリックすると元のサイズで表示します

2005/11/17

やばい。頭痛がする。
痛み自体は大した事ないんだが、腹に力が入らない。
手首から手の甲にかけて、むず痒い感覚がある。
ついでに吐き気一歩手前の不快感。

結論:体調わろし。
多分風邪ひきそうになってるなこれは。
月曜辺りから冷え込みが厳しくて、ちょっと寒気を感じてた事もあるし。
何故かドリスタンがまだ3包もあったから飲んでおこう。

こういう時は寝てしまうのが一番なんだが、今起きたばかりだから流石になあ。
hookyは寝る事で虫歯の痛みすら初期化できるのだ!(自慢するこっちゃない
それに、タチの悪い頭痛の時は寝たくても寝付けないしね。
というわけで、4日ぶりに記事を書くとしよう。
最近は「対ぎぶろぐ。」の絡みで、なるべく間を空けないようにしてたんだけどねぇ。
ここでこれ以上間を開けると放置癖が出て「対ぎぶろぐ。」も最後まで書ききれないと思うし、不精に反逆しなければ。俺はトリーズナー!反逆する男さ!
人は堕落するものだから、努めて自律しなければならないんだよな。
ブログの更新くらいで何を言ってるかって感じだが(笑

まず、作ったけど一度も記事を書いてなかった「同人」カテゴリを「絵」カテゴリに統合しました。

■O山さん
>それ、統計取るとO山出版の関係者にかなり高い確率で発症している。
>なお、労 災 は 一 切 お り な い 。

ギャース!!!
ひどいわ!
私をこんな体にした責任、取ってちょうだいよ!!

昨日はお疲れ様でした&ごちそうさまでした。
実はあの後、裏表紙に1箇所ミスを見つけたんですが、ゴミの取り忘れに見える程度なので勘弁してくださいorz
あと蕎麦はやっぱり煮汁で食うもんじゃないと思いました。
ご馳走になっておいて言う事ではないですが。

というわけで昨日をもって、O山出版での今年最後のお仕事もつつがなく終了。
これを読んでいる方で冬コミに参加される方は、2日目の東館に出展するサークル「O山出版」をどうかよろしくお願いします。

O山出版ホームページ

あ、なんかこの記事書いてたら頭痛も大分治まったし気分も良くなってきた。
…ひょっとして俺、PC依存症か!?(とっくの昔にそうだろう
それはそれで、やばい。

絵は、完成しないけどしないなりに、こういうのも描いてます。
クリックすると元のサイズで表示します
愛想ないんでSAIでサクッと色置いてみた。

ネタ絵っていうのは、ネタとして優れていれば、ウケを取る事が出来ればそれで勝ち、みたいな所がある。
「糞ボルト@楽描道場」を見てると良く分かる。
まあ前回の絵はネタとして優れていたかと言われるとNoなんだけど。
「バリ風味」絵としてはイマイチ過ぎるよな!はははは!orz
せめてフトモモまでは描かないと、と言うのもあるけど、線がバリってないもんね。
自分のクセを捨てきれないと無理だねこういうのは。

で、ネタ成分を含まない絵は、純粋に絵の力で勝負しなければならなくて、俺はそれが出来るほど絵が上手く無い。
ネタの無い絵を描いているとバランスとかが気になりだして、修正に修正を重ねて、でも自分の実力では修正しきれないわけで、それで描くのがイヤになっちゃう。

ネタ絵っていうのは、言うと「アイディア勝負」なんだよね。
アイディアを形にする事に最大の意味がある。
つまり、アイディアの込められた絵は、多少下手でも見るべき所があるし、描いていても面白い(テンションを持続できる)という事になる。
ネタ以外の方法でアイディアを出す事が現状、出来ないから「ネタ絵しか描けなくなってる」という事なんだよね。
要するに、俺には「描きたい物」が無いんだ、よ、ね…。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ