2008/1/14

占いの話〜今年、あなたの運命はいかに〜  日記

ふと気付いたら1月ももう半分まできていた^^;久しぶりの更新です。

前の日記で【夢の事典】についてちょっと書きましたがそれについて補足。

例えばこんな風なんです…
先日旦那のニックが夢をみたそうです。かいつまんだ内容は、
『綺麗なガーデンで自分がオレンジ色の蝶を追いかけている。その蝶達は交尾をしていた』という夢。他にも色々あったそうだけど、印象に残っている一部だけ。

そこで、この内容を事典で引いてみました。
【蝶】-色鮮やかなチョウは、この先どうしていいのかわからなくなるほど生活が満たされる前兆。チョウが照明のまわりを飛んでいたら、あなたの勝利は短命です。死んだチョウは、危険を暗示。
【オレンジ】-異例の大成功を暗示。
【庭】-花が咲いていない小ぎれいな庭は、心地よい生活を暗示。ただし感情のもつれがあるかも。手入れが行き届いていない庭なら、トラブルは目前。花が咲き誇る美しい庭なら、申し分のない夢。愛情もお金も手に入ります。これ以上望むものがあるでしょうか?!
【追う】-自分が追いかけられたり、人が追われているのをみたら、穏やかな老後を暗示。
【セックス】-夢の中でセックスを楽しんでいたら、あなたは新しい環境に難なくとけこむことができるでしょう。他人がセックスをしている場面は、充実感と成功を暗示。けれども夢の中で少しでも不快なことがあったら、感情的な問題を抑えているのかもしれません。専門のカウンセラーに相談してみましょう。

というような感じなんです。まぁいいように解釈する程度に使ってます。

さて、今年…
細木数子さんの六星占術でみると私は天王星人(+)で年運が再会らしく、そこからの抜粋だと今年は、『人間関係のうえで大きな収穫が得られ、就職、転職、開業、移転などは、すべてこの時期にすべきでしょう。』といいらしい。

みなさんは、どうでしたか??

でもこれって、12周期で日運・月運・年運があるようで、しかも【大殺界】の時は『身内や知人の不幸が相つぎます。ときには自分の生命も危険になります。何はともあれ、現状を維持して動かないでください。』恐いです。もちろん全部気にしてたら身動き出来なくなりますが^^。

ちなみに2005年にジュリアスが産まれた時の年運は『健弱』その後1年位は精神的にも色々あって病院通いもしていたので、なかば当たってるのかもなんて思います。

これ以外にも、厄年がありますよね。女は【数えで33歳】それに前後して前厄・後厄と、仕事でもやりがいが出てくる時期、結婚・出産なども重なったりと大変な時期に…と思います。厄年の起源や由来(気になる方は長いけど見て下さい)
外国では、厄年という概念がないようで、毎回年始に厄除けのお祓いを受けていた私にニックは不思議がっていました。一緒に神殿に入ってお祓い体験が出来たので喜んでましたが。ちなみに、厄年は訳すと『climacteric(age)』《文》転換期、厄年・『unlucky age』となります。

もう一つ忘れてはならないのが、占い師による占い。これは、狭い世界で一世風靡していましたが、東京の『広尾』にある初老のご夫婦による占い。かなり当てはまっている部分が多かったです。多くのインフォメーションは言わなかったのに、『○歳〜○歳までの間こういう事がありましたね。』ドンピシャ!主に手相や顔相を見ていたような。身近な人の写真を持っていっても、『あなたにとってどういう影響があるか』などもかなり納得できる内容でした。その時は結婚前だったので、ニックやその家族の写真を見せました。『お義母さんちょっと手強い』今更ながら『あ〜そうかもなぁ』と妙に納得^^その占い師には相当手厳しいことも言われます。今もまだやってるのかな?料金は2時間5000円だったような気がします。

★今までに気になった占い一挙公開(時間のある時にでも試してみてね)★

・これは友達のお母さんがはまった?占いですが、結構詳しい占い宿曜占星術

・これから妊娠を考えている方へ中国の男女産み分け占いジュリアスの時は大当たりでした。

日本歴史占い私は平安時代の女官、源氏物語の作者『紫式部』ホンとかいっ?!

・宮崎駿映画のキャラクター占いジブリ・キャラクター占い

このご時世占いサイトは五万と溢れかえっている中のほんの一握りを紹介。
当たってる、そうではないはあくまでも自分次第。
紹介したサイトは全部無料なので、良かったら遊んでいってね♪

♪人気blogランキングへ♪
↑オセアニア地域在住の方のBLOG集です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ