2020/7/18

ブラックスワンの訪れる湖  オーストラリアの自然

皆さま、こんにちは。


メルボルン本格的な冬の訪れともに、日々感染者が増えていてなかなかロックダウンから解放されない毎日。


ようやく(遅いよ)政府からも18歳以上のマスク着用のアナウンスがありましたが現在この地域では70%くらいの人々がマスクを着用しています。


それと共に、外出する時は目を覆うサングラスや伊達メガネをし、混み合う場所は避ける、他の方との距離の確保が必要ですね。もちろん帰宅の際は手洗いやうがいも必須です。


私も喉がおかしいなぁと思ったらすぐ以前ご紹介したベタディーンでうがいをしています。




さて、ロックダウン中の日課として設定した、運動不足解消のためのサイクリング。。。なんとか続けています


あまり運動は好きな方ではないので、はじめはなだらかな坂道でも結構辛かったのですが、何事も続けていると身体も慣れてくる様です。


雨の日もめげずに降り止んだ時を見計って行くのですが、先日はかなり遅く夕方の5時近くになってしまいました。


この辺りの皆さん考えることが同じようで、いつ行っても散歩している人、ランニング、サイクリング、子連れ、老夫婦など意外と混んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
ある日の夕暮れ



いつも鴨はたくさんいるのですが、こんな看板がありました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
参考イメージ


残念ながらまだ黒鳥は見れていませんが、いつか見れることを楽しみに日課を続けようと思います。


それでは今日はこの辺でお終い〜
0

2019/12/16

第2弾☆オーガニックケアのあれこれ  オーストラリアの自然

皆さま、こんにちは。


今週のメルボルンは明日からかなり暑くなりそうですね。水分補給、熱中症になりかけたら首の後ろをアイスパックなどで冷やすと良いですよ。


今までこちらで購入できる商品を色々試してきた中、最近はこれに落ち着いている〜というヘアー・スキン・ボディーケアについて少しご紹介します。


昨年、お友達から頂いたソイミルクソープバーを液体ボディーソープの替わりに使って以来、今や色々なソープバーを試しています。


ほとんどが植物由来成分で、ハーブやマヌカハニー入りだったり、形も色も可愛い。


石鹸というと妙にキュキュっとした洗い上がりというイメージがありますが、どれもかなりしっとりとします。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ケーキ屋さんのようなディスプレイ
クリックすると元のサイズで表示します
思わずお花を添えてプレゼントしたくなる感じ


お値段もひとつ$4〜5で液体ボディーソープのボトルサイズ分くらいは使えます。


朝はパッキリシトラス系、夜はラベンダー入りなど、その時の気分によって使い分けても楽しいですね。


次にシャンプー&コンディショナーです。どなたかのBlogでも紹介されておりましたが、香りがきつくなく、抜け毛も減り、パサつき感もなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
Organic care Shampoo & Conditioner 725ml $6/each クリア
私はDRY NOURISHを使っていますが、ノーマルヘアーやカラーヘアー用もあります。


最後は、赤ちゃんからお年寄りまでも使えるお肌に優しいボディー用モイスチャライザー
全身に使えて、ベタベタせずサラッとした使い心地。2〜3ヶ月はもつのでお得です。

クリックすると元のサイズで表示します
Australian pure beauty sorbolene 1L $6 無香料/白色


大体これらはメジャーなスーパーマーケットで購入できますし、オンライン購入も可能です。


オーガニックと言えども多少化学成分が入っているのは否めませんが、酷いものになると香料がきつかったり、目に滲みたり、泡立ちは良いけど実際ちゃんと洗えてるの? と思うような製品も多いです。


毎日使うものなので、なるべく身体に負担なく、効果もあり、環境にもお財布にも優しいものを選びたいものです。


0

2019/12/15

オーガニック・ナチュラル・有機的・自然派?  オーストラリアの自然

皆さま、こんにちは。


近年、『オーガニック』という言葉がよく聞かれています。ここオーストラリアでも『オーガニック大国』とまで言われるようになっています。


では『オーガニック』とはなんぞや?と考えてみた時、大体が、『健康に良さそう』『自然派』『有機栽培』『地球温暖化の防止』『自然の生き物を大切にする』などなど思い浮かぶのではないでしょうか?


また『オーガニックフード』などの食品に限られている訳ではなく、実際はこのような定義がなされているようです。

クリックすると元のサイズで表示します


環境の保全 化学農薬や化学肥料を使わずに、水、土、大気を汚染から守ります。

健康な生活 保存料や着色料などの添加物をできる限り低減し、食品の安全性を確保します。また、化学的な染料や塗料を使用せず、アレルギーのない生活を目指します。

自然との共生 自然の動植物を守り、生物多様性を保全します。

身土不二 適地適作・地産地消で、地域の文化を大切にします。

健全な社会 児童労働の禁止、植民地栽培の排除、南北格差の解消など、人を大切にする社会を実現します。


最近、よく普段の生活の中で遭遇する実情を考えてみました。


@次男の小学校で1泊キャンプ旅行でのこと。出発前のオリエンテーションで、何やら親御さんらが大きなトレイに色々入れていました。『何だ?ランチでも集めているのか?』っと思ったところ、どうやらメディケーションに必要な薬系や常用薬、アレルギー系の薬などかなりの量になっていました。


A学校での前期終了パーティーでのこと。みんなそれぞれ持ち寄りをしたのですが、その中の1人は、『私はグルテンフリーなの』と言うことで、小麦粉系の食べ物は食べないそうです。


B最近よく聞く『ヴィーガン』。前の職場の同僚もそうでした。また『ベジタリアン』とは異なっていて一般的なベジタリアンが肉や魚を食べないのに加え、ヴィーガンは卵・乳製品・はちみつも口にしません。そして、最近では『ヴィーガン専門店』も数多くあります。欧米諸国の方が比率が高いように思います。


C子供の頃から、足りない栄養分はサプリメントで補給するご家庭もあります。『太陽ビタミン(D)』は、皮膚が太陽光、正確には紫外線B波にさらされると体内で生産されます。


D小学校では休み時間に外で遊ぶ場合、日焼け対策のため帽子は必須ですが、更にはサングラスまでも装着してからでないと外で遊べないのです。


E花粉症の人々が日本でもオーストラリアでも急増しています。


考え出したら、まだ色々と思い浮かぶ点は多くありそうです。


いやぁ、時代は変わってきているんだなぁっと日頃ヒシヒシと感じますね。昔はこんなにアレルギーや持病を持つ子供は多かったかな? 子供がサプリメントを常用薬として飲んでた? 肉や魚、乳製品からの栄養素ってどこから摂るの? 休み時間にドッジボールしたり思いっきり体動かすには視界が悪くならないのかな? グルテンフリーに関しても小麦粉に含まれるグルテンが昔の小麦粉に比べ倍増しているそうです。なので取り過ぎはよくないにしてもバランスが大事なのかもしれませんね。


私の子供の頃はと言うと、太陽の下で朝から晩まで真っ黒になり野草のような生活でしたし、サプリメントは今だからこそ私自身で必要なものだけをたまに補給するくらいです。(主にはビタミンCや腸内環境をよくするプロバイオティクスなど)


日本の小学校は給食でしたので、よく献立表の隣にこんな表もあり、知らず知らずのうちに身体に必要な栄養素はこういった食品からバランス良く摂取されます的なものが根強く残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

オーストラリアの学校の大半は給食はなく、サンドイッチにハムやチーズ、レタスを挟んだり、ベジマイト、ピーナッツバターなどを塗ったり、休み時間に食べる用の軽食では、野菜スティックや、スナックバーなどお菓子みたいなものを入れていたりします。


地球規模でみると一概には言えませんが、少なくとも戦後の高度成長の中で食品や土壌、環境、化学、医療、福祉などの様々な分野で良くも悪くもエスカレートしていくとともに、過分なものを吸収し取り入れてきていたことが、影響しているのではないかとも思います。


確かにそういったことで、人々の生活は随分と変化し、食べたいものはいつでも気軽に食べることができ、食べ物は格段に美味しくなり、移動も便利だったり、生活も楽になった部分が多くあり、健康を保って2045年には予測寿命も100歳?!とどんどん延び、長生きされる方もこの先多くなる傾向にはありますがその反面、大人も子供も様々な身体の変調をきたしている事実も多く見受けられます。


食べ物に関する思考や、摂取する/しない、健康維持、更には生態系の維持、ある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り人生に幸福を見出しているか、いかにクオリティーオブライフを向上させていくかは奥深い課題でもあり、様々な実情も踏まえ考えていきたいと改めて思う今日この頃。。。なのです。


次回は、最近凝っているソープバーについて〜
0

2019/7/22

マイナスイオンたっぷり〜神秘的な森・ダンデノンレンジズ  オーストラリアの自然



みなさん、こんにちは!


今回は、山のような丘のようなダンデノンレンジズの中のご紹介です。


一歩足を踏み入れると、そこには神秘的な空間が広がっています。


そして、四季折々色々な風景を見せてくれます。


『春』は大体9月半ばから
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


『夏』は12月〜3月
蒸気機関車に乗って山の上まで(Puffing Billy Railway)
クリックすると元のサイズで表示します
途中のレイクサイドには子供プールもあるので水着持参
クリックすると元のサイズで表示します


『秋』は1番綺麗な時期〜まるで絵画のよう
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


本格的に寒くなる6月『冬』もまた幻想的な世界に迷い込んだような色合いになる
クリックすると元のサイズで表示します


春〜夏にかけては苺やさくらんぼのフルーツピッキング
秋は栗拾い
冬はマイナスイオンたっぷりの中で森林浴など、自然派の方は街よりもきっと楽しめるかもしれない。


その他にも、カフェやレストラン、ミートパイやスコーンの専門店、ガーデン、ナーサリーなどなどのんびりと過ごす1日にはもってこいの場所だ。


メルボルンシティーより、車で小1時間くらい。
0

2010/3/7

巨大な雹が落ちてきた(実物大)  オーストラリアの自然

クリックすると元のサイズで表示します


これすごくない?!


ただの氷のかたまりじゃぁないんですよ。(奥さんっ!)


2010年3月6日15:00すぎくらいかなぁ〜
それまでちょっと晴れ間が見えた空が急にど〜んよりとしてきて、恒例の嵐...



その後、




「どん・どん・どどんっ」
まるで大太鼓がなるような音が屋根から聞こえてきたと思ったら…



直径5cmはある巨大なが降ってきました。



恐ろしい...



私と2boysは実家へいたので幸いにも直撃からは免れましたが、ちょうどその頃訪ねてきた義弟がフリーウェイで看板がなぎ倒されていた、とか 家の窓ガラスが割れてしまった、とか この大きさじゃもちろん車への被害も大きかったと思います。
(車屋さんにとっては大きな損害ですよねぇ、でも雹が降った次の日は一斉に車のセールなんてことも聞いたことがあります)

突然頭上から時速70kmいやそれ以上の氷のかたまりが降ってきたら...道行く人達はひとたまりもありませんよね。

みなさまのご無事をお祈りします。

それにしても



こんなことってよくあるのぉぉ〜???



声を大にして言いたい!!!

0
タグ:  巨大 悪天候

2010/2/28

納涼と庭の花々  オーストラリアの自然

ここメルボルン...朝晩は急に冷え込むうようになりすっかり秋っぽい。

クリックすると元のサイズで表示します

見えるかなぁ〜緑の中に黄色く色付いた葉っぱもみじ

夏納めの時期、メルボルンのハーバータウン ドッグランズで、日本人会主催の夏祭りがありました。
直前まで浴衣を着ていこうねぇなんて言ってたのですが、生憎肌寒く、どんよりとした曇り空曇り来年こそは...開催楽しみにしています

屋台あり、やぐらも組まれ盆踊りあり、特設ステージでは和太鼓や日本舞踊、抽選クジ(なんと一等は日本行き往復航空券飛行機とかミシンなどすっごい豪華
あ〜クジ引いとけば良かった!(おバカ×o×

ということで、今回はお友達と(旦那・子抜きで)ゆったりとお出掛けでしたが、冷やし中華と端麗生ビール乾杯を片手にいっぱい話しもできて大満足な夏祭りでした。

その後もウォーターフロントのカフェでカプチーノ片手に盛り上がり、時間を忘れたひととき。

出店の一角。一筆描き実演で描いていただいた子供の名前。サラサラサラリッっと、とっても素敵に仕上がりました。いい記念になります。
クリックすると元のサイズで表示します


ここにいると季節感や日本の行事がごっちゃになるわけで、夏祭りと思いきや、2月から子供の新学期もはじまって約1ヶ月。日々ママタクシー送迎と生活のリズムを掴むのに肌もボロボロT_Tかなりお疲れ気味なのです。子供が楽しそうに元気に通ってくれるのが一番なんですけどね。
どっちかというとインドア派の私。週末は家でゆっくりしていますバラ


夏のお花と植物

クリックすると元のサイズで表示します

白いバラ

クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ開いちゃってるけど、色が可愛いくてよく一輪挿しにしてます

クリックすると元のサイズで表示します

朱色の鈴のような形

クリックすると元のサイズで表示します

私の好きな紫色の花

クリックすると元のサイズで表示します

こでまりみたいだけど違う 年柄年中咲いています

クリックすると元のサイズで表示します

終わりかけた赤いつつじやこの隣にはまだ咲いてないけどピンク色の椿があります

夏でもすごく暑かったと思えば朝晩は冷え込んで、この微妙な気温差のためか季節はずれの花々が咲いています。

この間パッションフルーツを植えました。色んな果樹を増やしたいなぁ

日本はこれから春桜、メルボルンは秋落ち葉へと季節の変わり目、みなさまお身体大切に〜

0
タグ: 夏祭り  植物

2007/9/24

Birthday Trip?!  オーストラリアの自然

この週末は久々に、先週の私の誕生日にかこ付けて一泊小旅行へ行ってまいりました。どうも最近夫婦の会話も子供中心の業務的チックになりがちだったので、リフレッシュも兼ねて…

さてどうなることやら…

行き先は、『QUEENS CLIFF』という場所で、メルボルンの中心から約100km南にある海辺の街。Geelongの港町を抜けて更に30km下ったペニンシュラで、週末をゆっくり過ごすのには最適のシーサイドエリアでした。街並みは、年代を感じさせる雰囲気でアンティークショップや雑貨屋さんがあったり、ミュ−ジアムがあったりと、のんびり歩いて散策するのも楽しいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

出掛けに義弟家族がお祝いに訪れてくれたので、現地に到着したのは夕方近く。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

我が家の愛車JEEPチェロキーの上にもカモメが。

途中立ち寄った海岸沿いで見つけた♪この〜木、なんの木、木になる木〜っぽい??

         クリックすると元のサイズで表示します

そして、今夜宿泊するゲストハウスへ到着。ラベンダーに囲まれた素敵な洋館。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ゲストハウスの目の前にある浜辺
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
日が沈む頃、たくさんのカモメ達が…

さぁそろそろ夕食へ出掛けよう、パスタが食べたい気分♪。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

しばらく辺りを回った後、ちょっと小洒落たカフェレストランを見つけ…

私が頼んだのは、シーフードスパゲッティ、ニックはダックの野菜煮込みを、ジュリちゃんは大好きなチップスを。
         クリックすると元のサイズで表示します

食後は屋外のカフェで、ビールを飲みながらゆっくり会話を楽しむことができました。

さて、翌日日曜日。子供に人気・機関車トーマスの催しがこの近辺にあるそうで、早速出掛けてみました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

現物の機関車展示もあって、中に入り汽笛を自分で鳴らすことができたり、風船作りやフェイスペインティング、ダブルデッカーのバスまで展示してありました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう子供天国で、その場を離れる時にはあまりに楽しかったのか、はしゃぎ疲れて眠かったのか泣き叫んで大変(><)

☆Thomas The Tank Engine の詳しいサイトです☆ 次のトーマスイベントは12月のようです。

その後、もう少し足を延ばして、『Point Lonsdale』へ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
一面水平線を見渡しながらの、ピクニックなんていいなぁ

そして、帰途へ…

帰り道一面の黄色に目を見開いたのが、何ヘクタールにも続く菜の花畑。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これは花粉症の原因なんだ。とニックが言っていたが本当なのだろうか?!

帰りは、Queenscliffから約40分の対岸Sorrentoまでカーフェリーに乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します             さぁ乗船

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

イルカが飛び跳ねる一瞬も見れましたよ。
海風がとても気持ち良かったぁ〜

日常生活の振り返りや反省、夫婦の会話を少し楽しんだり、これからの目標や計画などを考える時間を過ごすことができました。

この1年のスタートをきる良いきっかけとなった旅でした。

♪人気blogランキングへ♪
↑ポチッと一押し、とっても嬉しいです☆
0

2007/6/11

お天気のストレス  オーストラリアの自然

ビクトリア州に位置するメルボルンはこの週末3連休。日本でいうハッピィーマンデーですね♪(クイーンズバースデー)
お天気もまあまあの様子。

さぁ思い切って溜まっていた洗濯でもするかっと勇んでいたのもつかの間、大物を干し終わった途端、ポツポツ…「あ〜まだ2回転残っているのに。」(水と時間の節約の為、ほぼ毎日洗濯しているんですけどね…)

こんな事は日常茶飯事である。ここのところ冬に差しかかってきているが、日本の冬空の様にカラッと一日晴れる日がない!少ない!!

↓ちなみにここをクリックすると今週のメルボルンの週間天気予報がわかります。
【メルボルンの今週の天気予報】
*注 戻す時はブラウザーの〈戻る〉から

てな感じであります。必ず曇りまたは雨マークがついているんです。ちなみに水曜日まで雨。後半でさえも大概晴れって!この大概がくせもの!ここ1ヶ月位はこの様な状態が続いてます。

ちなみに1日の天気の変わりよう、どんな風かといいますと

早朝−曇り(ん〜とりあえず洗濯回すか)
 ↓
午前中−青空が広がり、晴れ間がのぞく(よっし、干すぞっ!)
 ↓
午後−曇が一面に雨もポツポツ(まだ乾いてないよ)
 ↓
夕方−夕焼けが一面に。でも日は家の陰(なんだかまだ湿っぽい)

確かにメルボルンは一日に四季があるって言われるほど、天候の変化が激しい。のは分かる。にしても…気温も極端に下がってきているし、毎日こんな感じで、最近はヒーターを入れているので部屋干し派。(乾燥機、ほしいなぁ)

みなさんは、どうしていますかぁ?日々の洗濯。

日本では、今年の冬は暖冬だったと聞いている。メルボルンは水不足。どうやら気象現状がおかしな事になっている気がします。この恵みの雨は良い事なのですがね。

↓オーストラリアでは庭にクローズラインという物干しがあるのが一般的
クリックすると元のサイズで表示します
とにかくいっぱい干せる。そして風が吹くとクルクルと勝手に回ってくれる。

blogランキングへ←読み終わったらワンクリックをお願いします☆(このブログのランクが分かります)読んで頂いた皆様のお陰でなんと急上昇20位台にUP中です!本当に有り難うございます。(嬉し涙)

0

2007/6/6

雪を見に。山へ…  オーストラリアの自然

ここメルボルンにも雪が降る場所があるんですね。
先週から旦那が「雪を見に行こう」っと言っていたので、防寒服をまとい市街から約100kmの道程を日帰りドライブで行ってきました。

場所はここ↓レイクマウンテンリゾート
クリックすると元のサイズで表示します

この日は残念ながら先週の雨続きで雪の残骸しかなかったんですけどね。

スキーやクロスカントリーなども出来るそうです。
ちなみにスノーボードは1度やった時に挫折し私は専らスキー派です。

以前は冬が到来すると、札幌国際・安比・八幡平・蔵王・福島・新潟や富士の麓のゲレンデへ出向いていましたが、ここかれこれ8年位はやっていなかった。

懐かしいィ〜もしかしてオーストラリアでもスキーが出来る?!
念のためスキーウェアは日本から運んできていたものの、う〜ん思案中…

ということで、この日は山の中腹の見晴らし場まで少し歩いて、持っていったサンドイッチとコーヒーをつまみ、ジュリちゃんもあまりの寒さに愚図り出したので早々に下山しました。

下山途中で見付けた雪だるま↓
クリックすると元のサイズで表示します
blogランキングへ←読み終わったらワンクリックをお願いします☆(このブログのランクが分かります)現在60位台です
0

2007/1/3

サザンクロスの夜  オーストラリアの自然





昨夜、サザンクロスを見た…



南の夜空にキレイに煌めいていた…



遠い昔の話…天の南極には南極星に当たる目立った星がないため、
大航海時代以来、主にこのみなみじゅうじ座が天の南極を測るために使われた。



そうである。



日本では、波照間島など限られた場所で観測ができるそう…



間違いやすいのがその右側近くにニセサザンクロスがある。



光り方が本物より鈍く、少し大きい。



南半球に来た時は是非ごらんあれ…



天の十字架…
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ