2019/9/6

これで何度目の新しいことだろう  学校生活

皆さん、こんにちは。


メルボルンはなが〜い冬が明け、ようやく春めいてきたようなそうでないような。。。


あちらこちらに、ピンクの梅や桜?らしい花が満開ですが、今日は花冷えの1日でした。


さて、今日は少し最近の様子なんかを書いてみようかと思います。


あれは、まだ2019年初冬のメルボルン、雨の降る寒い日でした。


以前から興味のあったEducation &Support の勉強を始めようかなぁということで、大学の説明会に参加しました。


それから、それから色々と検討したり、該当コースの申請手続き、『Working With Children Check』や『Police Check』、『Health Check』、そして私はこちらのYEAR12(高校)を終了していないので、このコースに対応できるかどうかの、英語と数学のテスト諸々。。。(√とかXっていつぶり?!)


ちなみにオーストラリアでは、子供や学童に関わる場所で何かしら従事するには、必ずこの『WWCC』や『Police Check』が必要です。


その後、しばらく審査があり無事に大学から入学許可がおり、さぁタイムテーブルをっと確認したところ何と!スタートがちょうど日本へ旅立つ日だったのです。


日本行きの2日前にオリエンテーションに参加し、学生証も入手。


一応学生課なるものに確認のメールをし、返信はなかったものの日本から戻った週明けの月曜から3週間遅れで何とか滑り込みセーフ!


3週間の授業の遅れや、9月から早速始まるWork Placement(教育実習)の場所の申請、履歴書提出、そして面接などで、日本での思い出に浸る間もなく次から次へと矢継ぎ早にやる事盛りだくさん。。。


それでも何とか実習の小学校も決まり、大学にも通いながら今週から勤務しています。


過去に日本では某英会話学校で勤務していたのですが、どちらかというとマネージメント側だったので、教師ではないのですが、教える立場はどんなものなのか、果たしてこの仕事が自分に向いているかはまだ未知の世界。


今担当しているのは、たまたまその小学校に『日本語』の授業がありYear1〜6まで。結構なボリューム。先生は日本人ではないのですが、本当にエネルギッシュ、ダイナミック、オーガナイズもバッチリされていて熱意のある方です。


現在は、3校で約700名以上の小学生にもう20年以上も日本語を教えている。とのことでとても嬉しく思いました。


後もう1日は、Year4,5,6の普通学級の子供たちをみています。


そして私もまた新しい出会いとスタートをきるのはこれで何回目になったでしょうか?


こちらでは、まだ子供が小さかったため、旦那の勤務時間とのバランスをとりながら、はじめはバイトから、派遣会社経由のお仕事も何軒か。


その後、フルタイムのお仕事を7年、転職も経験し、その都度『はじめまして』の回数も増え、何だかもう場慣れしてきたというか、相当メンタルも鍛えられてきたような気がします。


でもいくつになってもこうやって新しい環境で(今回は学びですが)はじめられるのは、大変だけど人生の勉強にもなるなぁと思います。


それにしても、子供達のエネルギーには圧倒されますが、学びたい!知りたい!興味がある!好き!という彼らのサポートができることは本当に嬉しい毎日です。


大学では、まだ基本的な内容や、児童養護理論やそれを実践に活かすには?自閉症、ADHD、学習障害なども深く学んでいき、来年になると養護学校での実習もあるようです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/6/23

小学生でも制服のあるオーストラリア  学校生活

いつもこの『私のメルボルンライフ』をご覧いただいてありがとうございます。

ここメルボルンはかなりの寒さになってきていて、今日は日中でも4℃という寒さ。加えて雨続き。。。
日本はこの時期暖かくて良い季節かな。梅雨の時期とはいえ、暖かいのは助かります。


今日は制服について。


ここオーストラリアは小学生から制服を着用します。


こんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します



中学生、高校生ももちろん制服はあり、しかもみんなちゃんとした正装で学校へ行く。


学校の区分は、ザックリと『公立』『私立』『カトリック校』と分かれていて、特に『私立』『カトリック校』では、通学時に指定の制服のみ、プラス革靴という規制がある。日本も私立小学校は制服着用ですね。


海外の学校生活というと、割とラフな感じとか、自由奔放のイメージがあるが、そうでもない。


しかしその反面、ガールズは小さい頃からピアスの穴は開けていて、それは特に隠すわけでもないようだ。


靴も体育の授業がある時は、指定の体操服、スニーカーを履いていくが、普段はレースアップの革靴である。


これは伝統なのか、どうなのか、『小学校または中学校の最終年度の生徒が、最終年度の身分を示すために独自のジャージ、ジャンパー、またはジャケットを着用するのが一般的』出典:wikipedia


お国が違えば、色々異なる部分も多いが、毎日毎日なぜこんなに汚れる?!っていうくらい泥のついた革靴をせっせと靴墨で磨いている。


思い起こせば、母も毎朝父の革靴を磨いていた。


足元がスッキリしていると気分も違うだろうという母の思い。なのである。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/4/15

ピッカピカの一年生とイースターホリデー最後のエッグハンティング  学校生活

お元気ですか?

途切れ途切れのこの日記ももうすぐ7年目を迎えようとしています。
それと共に私のココメルボルンでの生活もかれこれ7年…
早い気もしますが、私にとっては日々がチャレンジで、辛く苦しいこともあり、楽しいこともいっぱいあり、の毎日だったような気がします。

これからもまだまだチャレンジャーでいたいなぁと思います。


日本では、新生活、新入学の季節。桜前線も日本列島北の方まで上昇中のようですね。

この4月、新社会人、新入学、新生活を迎えた皆さま、おめでとうございます祝



うちの長男も晴れて、日本語土曜校で新一年生になりました。
3月末に卒園式が終わったと思って一先ずホッとしていたのも束の間、あっという間の入学式。

クリックすると元のサイズで表示します

今年になって乳歯がどんどん抜けはじめ前歯2本はえかわり中&ちょっと緊張の面持ち…

日本の小学校で使っている教科書を配布され、メインは国語と算数のようですが、週一回の授業のみなので家庭での継続学習も必要だし、早速宿題もでていました。 
                                           
         ウサギ     ウサギ     ウサギ     ウサギ

さて、この週末イースターホリデー最後に、恒例のエッグハンティングをしました。お天気もよく、気温も25,6度と暖かかったので子供達も(大人も)とっても楽しめました。

前回(昨年)はまだ小さかったノア君も今回は、前線参加!
クリックすると元のサイズで表示します

大きいピンクのエッグを掲げて自慢気 ̄ー ̄


クリックすると元のサイズで表示します


入学式の緊張もとけ、いつも調子に戻ったようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/2/4

新学期とドラマと黒い革靴と  学校生活

新学期が始まりました。

うちの長男も晴れて小学校準備コースへ入学です。

さて、少し前から旦那がまるでランドセルを買いにいくような意気込みで靴を買いにいかなくちゃな、なんて言っていましたが!?

靴屋さんへいくとあるある黒い革靴が…

何年かいてわかったけど、こっちの靴は、結構なお値段のものでもすぐダメになる、すぐへたる、すり切れる…、意外に安い靴の方がもったりすることが判明。

きっとすぐ履きつぶすだろうし、お値段も手頃なものを購入。

ジュリちゃんは「みんな、黒い靴履いてくるの?」ってちょっと心配していました。


さて、初日…
まずは机の上に名札と一緒にこんな手紙と内容物が。

〜Dearest Parents
Here is a little 'gift'for you as you leave your precious one with me on the first day of school. As you hold this cotton ball in your hand,the softness will help you to remenber the gentle spirit of your child.
After you've gone home and dried your tears,make yourself a hot cup of tea.Put your feet up and relax.Remenber that together you and I will work for your child to be the best they can be.〜
抜粋

と共に、コットンの小さなボールと、涙を拭く様のティッシュと、ティーバックがセットで置かれていました。

すっすごい!!!配慮だ。

持ち物等の配置が終わって周りを見回すと…いるいる、話には聞いていたけど、泣きはらして目が真っ赤なママ、すっごい晴れやかに入ってきて、妙に先生にベッタリでアピールしまくるママ、「いやーー、この子は6番目の子でねぇ、うちは8人子供がいるんだよ」って平然としてるダディ。

こちらの小学校は入学式という式典はないし、でも一応初日だし私はそれらしい恰好をしていったものの、大半の親御さんは、割とラフ。中にはT-シャツに、ビーサンだったりと多種多様。

メインの先生は、若い女の先生とサブにベテランっぽい年配の先生が。

ココの学校は家から車で5分とかからない、教室は昨年辺りから学校へ政府の助成金が出ているようで、新校舎で気持ちがいい。

クラスは15名で2クラス、男女はだいたい半々くらいのようです。

ジュリアスは、初日、教室に連れていったはじめの10分は周りをジィーーーと見回して様子を伺っていたようだけど、帰ってきてから「楽しかった?」て聞くと、もうお友達ができて一緒に遊んだらしい。

ほんの2秒で友達を作れる技を教えてほしいわ。


2月中の一ヵ月は、水曜は休憩の日で9時から1時までの短い時間なので、あっという間ですが、私としてはこれでちょっとホッとしたような、一番は本人が楽しんで学校へ行ってくれればなによりです。

ってことでやっぱりみんな揃って黒い革靴、制服は女の子のように可愛いワンピじゃないけど、大きい付属のリュックサックを背負って、僕頑張るよ!

ちょっとしたドラマと初めての事と、さすがに涙はしなかったけど、驚きや発見もありで私も楽しみな学校生活。(自分もそのくらいじゃないとやってけないしね^^)


ちなみに今日のお迎えの際、8人兄妹のお宅はなんと小型自家用バスでした。さすがっ!


クリックすると元のサイズで表示します

カレンダーで指折り数えて迎えた初日

クリックすると元のサイズで表示します

初日終了後、ホッとしたかな
0

2010/11/29

秋の行事と日々  学校生活

ここのところ夏時間も相まりすっかり日が長くなって、夜9時過ぎまで日があるので、たまに夕方以降今何時だっけ?という錯覚をしてしまうくらい。

日々、時間がないってわけではないけど、一人だけで行動できることが限られているので、心を亡くすほど忙しいというより、BOYSのあまりの騒々しさには、毎晩、気絶しそうなくらいの毎日です。

兄弟をお持ちのママさんに聞いてはいたものの、ほんとーーーに!う・る・さ・い!!!
二人が絡むようになってきて、何かあっちゃ奇声&泣声をあげている。
子供がいる家では大概そうだとは思うけど、家の中でしーーーーーんと静まりかえる時なんて今のところ皆無。何かをする時、静かではないと気が散るほうなので日々を振り返ったり、落ち着いて今後を考えたり、自分のことを考えるなんて、到底できなさそう。

すべてがその日、その日の同時進行の日々なのです。
それでもきっと大きくなったら特に男の子はママなんていいよ、あっちいって!なんて言われる日も来るだろうし、こんなちっちゃい時期に一緒にいられることは多少大変だけど、日々のちょっとしたことも見守ってあげられるので、楽しいこともいっぱいあります。

体調もすっかり元気になって、毎年夏になるとはじめるホットヨガでもちょっと再開しようかなーっという気力が湧いてきました。


さてとっ、ジュリアスの通う日本語学校では秋(こちらは春)の行事や季節もよくなってきたので、Farmへ出掛けたり、10月末はお友達のお家でのハロウィーンパーティなど、写真と共に、めずらしくノアの長い昼寝の合間に書いておきます。

お友達ママさんお手製のハロウィーンカップケーキ
クリックすると元のサイズで表示します

パパさん実演のパンプキンランタン
クリックすると元のサイズで表示します


秋の(こちらでは春)の運動会
クリックすると元のサイズで表示します

徒競走や借り物競争、親子競技、、玉入れ、お遊戯などなど昔懐かしくとっても楽しい一日

クリックすると元のサイズで表示します

ダディと二人三脚

クリックすると元のサイズで表示します

前は嫌がってやらなかったポニーライドも5歳にしてようやく
The Collingwood Children's Farm


 
クリックすると元のサイズで表示します

昨日のお友達のバースデーパーティで
なりきりJunior Master Chef

「今日は僕が作るぅ〜」息巻いていました。

★ちなみにココは、クッキング教室や、各種パーティーなども開催しているようです。ジュリアスは大喜びでした!
(会場は−Gourmet Kids)
0
タグ: 運動会 行事 栽培



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ