2009/1/29

Mingering Mike  

クリックすると元のサイズで表示します

アウトサイダーアートを鑑賞するのが好きなのですが、覗き趣味ぽい所があるのを否めないのが私です。「こんなことやってるんだ」と…
そんなアウトサイダーアート、しかもアウトサイダーソウルアートだそうです。

アウトサイダーソウルアート(仮) / ミンガーリング・マイクの妄想レコジャケ作品集: ドリ・ハダー 著、鈴木望 訳
http://diskunion.net/black/ct/detail/50B090124601
「60年代の公民権運動のさなか、ソウル・ミュージックに夢中になった引きこもり黒人が、歌う代わりに描き続けた段ボールのLPジャケットから、スウィートでドリーミーな音楽が聴こえてくる!マイク発掘物語を含む待望の邦訳!」
http://www.mingeringmike.com/

ベックがミンガーリング・マイクについて語る。
「ある男が不要品市場で何枚かのレコードを見つけた。失われた宝石みたいなレコードを偶然発見したわけ。で、そのレコードの中を見ると、それはレコードじゃなくて、ただの厚紙なんだ。
彼はほんとにがっかりした。
だって、その音楽はびっくりするほど素晴しいはずだと思ってたからね。
アートワークはみんなハンドメイドみたいだった。
彼が謎を解き明かして行くと、70年代の初め頃だと思うんだけど、Mingering Mikeという人物が、この世界に代わる別の世界を創造していて、そこでは、Mingering Mikeは大スターなんだ。彼は、彼自身の世界全体を造り上げて、その世界でアルバムを50枚ヒットさせていて。彼はアルバムを全部作ったーーアルバム・ジャケット、曲名、クレジット、全部作ったんだ。
音楽だけがなかった。
これは彼が作った様々なレコードを集めた本で、それで僕はアウトサイダー・アートを生み出すアーティストたちを思い出したんだ。
僕は、いつもHenry DargerやDaniel Johnstonのような人々に引き付けられて来たーーこういう人々は、彼ら自身のクリエイティヴな世界を創造し、そこでは、彼らはインフラストラクチャーや何かの一部である必要がない。彼らは、完全にひとりで出現するんだ。
彼らは、楽しみのために何でも欲しい物を創造できて、そこには、何か正当なものがあるのさ。
以前はアメリカン・ライフには、こういうことがもっとあったんだ。」

ゲットープリンス聴きたい是!SEX RECORDSをスピンしたい是!
札幌の図書館は買ってくれるかな?要請書を書きます。
クリックすると元のサイズで表示します
マイクで〜す
0

2009/1/28

牛筋カレー  日々の食事

母から貰ったブッ壊れた圧力鍋。母が言うには把手を紐で締め上げれば圧がかかると言うのです。
スーパーで牛筋を見つけたので、これで牛筋カレーを作ってみようかと思ったわけです、母から貰った圧力鍋を利用して。
私はレストランで出るような黒っぽいカレーが好みなので、小麦粉を炒めて焦げ目をつけてルーを作ってみました。しかし、ちょっとコゲ味が強くなってしまいました。映画「タンポポ」で乞食の一人の「フランス料理はコゲ味との戦いですからねぇ。」というのを思い出しましたね。
ま、でもだいたい出したい味が出ました。
クリックすると元のサイズで表示します
黒っぽいカレーと言う割に色が薄いのは、コゲ味が強かったのでヨーグルトを投入した為です。
0

2009/1/26

オランダだけど  YouTube



まるで当別の山奥で撮影したみたい。
0

2009/1/19

本当かね  

これはどういう状態なの?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/1/7

ロン・アシュトン  

クリックすると元のサイズで表示します
Stooges guitarist Ron Asheton found dead
死んじゃったてさ。
最近は好きなミュージシャンが死んでも、しょうがないかと思うようにしてます。
クリックすると元のサイズで表示します
Reverend Guitars
0

2009/1/2

メイドカフェを楽しむには  

2008年の最後の最後にメイドカフェにいってまいりました。
あーいうところは、お互いルールを分かった上で初めて楽しめるものです。私はルールを全く理解しないまま行ってしまったが故に疑問と不満と嫉妬だけを募らせてしまいました。
当初の予定では萌え萌えで年跨ぎを決行しようと思っていたのですが、その場に居る事が苦痛で仕方が無くなってしまったので11:30頃に店を出てしまいました。
場所はススキノ。あらゆる欲望をみたす為の店が連なっております。夕方に降っていたみぞれ混じりの雪も止みました。耳をすませば除夜の鐘が聞こえてきます。除夜の鐘を108回突くのは108の煩悩を滅するためと聞いた事が有ります。鐘の鳴る方に自然と足が向いておりました。
境内に足を踏み入れると鐘を突く為に人が並んでおり、私もその列に加わりました。そして、心を惑わす煩悩から少し距離をおけるように鐘を突いたのでした。
その後、場所を移動してひたすら一緒に行った人たちと駄話をしながらメイドカフェへのリベンジ&猫カフェへのチャレンジを誓いあいました。
メイドカフェは趣味ではありませんが、悔しいのでリベンジをします。
行ったメイドカフェ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ