2007/8/27


天気も良いし、バッテリーの充電もしておいたので、ひさしぶりにラビットに乗ってうろうろしてきました。
目的地は八幡奥にあると言う油田跡地です。ネットで大雑把に所在地を把握し出発です。
久しぶりのラビットは相変わらず牧歌的な気持ちさせてくれる乗り物で、時速70キロでも何となくのんびりした感じで走ります。
国道231号線を北上し聚富で山へ向います。途中ちょっと道に迷っていると聚富神社でお祭りが開かれておりました。
テキ屋は一つもなく、地域住民が出している屋台のみのこじんまりとしたお祭りでした。しかし、余興大会で凄い爺さんが演奏をし始めました。
齢80(自分で言っていた)になる彼は、インカムマイクをセットしエレガットを弾くのです。エレガットにはコーラスとリバーブが深く深くかかり、ボーカルマイクはエコーがビンビンです。サイケと言ってもいいかもかもしれません。

演奏曲目は「酒は涙か溜息か」「岸壁の母」「禁じられた遊び(!)」の三曲のみ。しかし、かなりお腹一杯になりました。
このまま帰ってもいいかなと思ってしまいましたが、当初の目的である油田跡地探索にでかけました。
八幡から当別にぬける道道途中で五の沢林道に入り、林道内に油田跡地があると言うのは事前のネット情報で知っておりました。
林道と言ってもアスファルトがしかれた至極快適な道でした。
途中とんぼを撮影してみたりして

上ったり下ったりをくり返していると当別側に抜けてしまいました。途中「火気厳禁」の看板は見かけたのですが、山火事注意の為の看板だと思ってしまい、ラビットを停めて探索に出かける事をしませんでした。ガソリン残量も気になっていたので、引き返さず札幌に向いました。
近所のガソリンスタンドで給油したところ、今まで見た事がない燃費が算出されました。
31キロメートル/1リッターという原付バイクなみの燃費でした。
信号がほとんどない道を走ったからでしょうかね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ