1999/5/21

支援会議に寄せて  支援会議

 ついに携帯用の人工呼吸器が届きました。約1年半かけて片足しかかかってなかった最初のステップにやっと両足が乗ったところでしょうか。これは吉田さんの在宅を目指す熱意と医療スタッフの努力の賜だと思います。次は第2ステップに向けての体制づくりをしなくてはなりません。病院の中から病院の外に支援体制を広げていきます。前回の話し合いで、医療サイドから、本人、医療スタッフ、樫の木スタッフそれぞれに6月を目指した目標設定と体制づくりの提案がなされました。今回はそのあたりの進捗状況と具体的な取り組みについて検討したいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ