2005/1/26

支援会議 NO.70_Y  支援会議

「2005年を迎えて思うこと」
 ・・・6年の入院生活から在宅へ、丸1年を迎えて・・・
吉田さんメッセージ
 20年前にも同じ様なことがあったのを思い出します。県立病院から健生病院に転院して、2年目の10月20日、障害者列車「ひまわり号」に乗り、その時のボランティアと意気投合したことで、半年後には共同作業所「どんぐりの家」の設立につながり、僕はその勢いで7年目の退院にこぎつけました。それから20年、いろんな人に助けられて来ました。今では、作業所も16ヶ所以上に増えています。ただ施設が増えただけでなく、そこで働く人たちの輪が広がっていることが大切であり、それこそ皆さんの宝物と感じます。
在宅2年目を迎えて、荷物の整理をしていたら沢山のハガキが出て来て、記憶にあまりない人や懐かしい人を思い出しています。しかし、亡くなった人も数少なくありません。皆、僕の生活を支えてくれた人ばかりです。
それでは、今年もよろしくお願いします。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ