2000/9/29

支援会議に寄せて  支援会議

病院の増改築に伴い、吉田さんの病室も3病棟の個室から4人部屋、再び個室へと移動を繰り返しています。もうしばらくすると看護スタッフの移動に併せて、2病棟に移動する予定だそうです。吉田さんは個室を強く希望しています。理由は同室の患者さんに吉田さん自身だけでなく、訪れるボランティアさんも気を使うこと、また、同室の患者さんの処置や息づかいなどで、ゆっくり睡眠が取れず気力も体調も充実ことなどがあげられるそうです。看護婦(士)ボランティア及び一般ボランティア募集の吹く風や朝晩の冷え込みに秋も深まりを感じる頃となりました。吉田さんの参加できる行事も状況次第ではいくつかあるようです。樫の木でも「ふれあいバザー」「一泊旅行」「もちつき大会」などなど、いつも吉田さんの参加する場合を想定して話し合いをするようにしています。しかし、やはり問題は医療行為のこと、看護スタッフのことなどです。今回も看護婦ボランティアの募集について、叩き台をつくってありますので、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ