2004/2/18

福祉フォーラム出席  支援会議

先日の日曜日には福祉フォーラムに出席して、たくさんの皆さんに今日までの経過と在宅にもどれた喜び、これからの展望を伝えることが出来ました。大分市長からも直接にコメントをいただくことも出来ました。懐かしい方々にも会うことが出来ました。そして、退院から3週間が経過しました。今回は、これからさらに安心、安定した生活を送るための話し合いにしたいと思います。

2/15 福祉フォーラム
シンポジストとして出席(大分市長、障害福祉課長参加)

吉田さんから
 在宅生活二十一日目、少しずつヘルパーさんの名前を覚えて、今日の泊まりは誰かなと考える余裕も出て来た。といっても、不安なことも幾つか出て来た。吸痰については、上手い、下手と言えば多少の違いはあっても気になる程でもない。あえて注文を付けると、一回の吸痰は、2度以内に済ませる人は上手いと言える。

気になること。

一、文字盤の指し出し方
読み取り側から見易いと思う水平あるいは直角に向けられても、指す側としては、何ともし難く、指し棒を口から離すしかなくなる。直覚から指す側へ斜めに傾けて、指し棒と文字盤が直覚になる位置で、指し棒が文字盤に触るか触らない位置にすると、スムーズに話が出来る。調子に乗ったら内緒話や注文も増えて来る。

二、レスピ回路の破損や抜け落ち
在宅になって一度も回路の破損や抜け落ちは経験していないだけに、その時に冷静に対応出来るかと思うと一番の不安 事項である。レスピの学習会に来ていない人もいるので、確認の意味からも次の点に気をつけたい。
・気切部分の回路が外れていないにも関わらず、アラームが鳴り止まなくて、苦しみがある時は直ちに気切側の回路を取り外す。主な原因として、回路(特に呼気弁ライン又は気道内圧ラインの細い管)が外れている時や破損している時。
・針の穴程度の傷でも苦しくなるが、アラームには反応しない。注意して見ると空気または水漏れを指先で感じられる。
・呼気弁〈緑色の器具〉の蓋がゆるんでいたり、呼気弁がずれて正常に入ってない。叉は、呼気弁の中に水滴が溜り呼気弁の動が悪くなった時などが考えられる。良くある事としてウォータートラップの水を廃棄した後、正常に固定されていないこと等がある。
0

2004/2/4

在宅生活スタート  支援会議

ついに実践がスタートしました。28日の退院から1週間があっと言う間に経ちましたが、この間に関わった各事業所の皆さん、ご感想はいかがでしょうか。ただ、皆さんのハラハラドキドキのいろんな思いとは裏腹に吉田春美は何があっても笑顔で、180度の変化をとげた在宅の毎日を楽しんでいるようです。
さて、予定と実践の擦り合わせでしたから、いろいろと思い描いていた通りだったところ、全くシュミレーションと現実が違っていたところ、更には混乱を招いたところ、ひやっとしたところ、あたふたとしたところ、様々であったことと思います。今日はそのあたりの洗い出しをして、次の一週間につなげて行きたいと考えています。どうぞ遠慮なくご意見を出して下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ