2005/1/26

支援会議 NO.70_Y  支援会議

「2005年を迎えて思うこと」
 ・・・6年の入院生活から在宅へ、丸1年を迎えて・・・
吉田さんメッセージ
 20年前にも同じ様なことがあったのを思い出します。県立病院から健生病院に転院して、2年目の10月20日、障害者列車「ひまわり号」に乗り、その時のボランティアと意気投合したことで、半年後には共同作業所「どんぐりの家」の設立につながり、僕はその勢いで7年目の退院にこぎつけました。それから20年、いろんな人に助けられて来ました。今では、作業所も16ヶ所以上に増えています。ただ施設が増えただけでなく、そこで働く人たちの輪が広がっていることが大切であり、それこそ皆さんの宝物と感じます。
在宅2年目を迎えて、荷物の整理をしていたら沢山のハガキが出て来て、記憶にあまりない人や懐かしい人を思い出しています。しかし、亡くなった人も数少なくありません。皆、僕の生活を支えてくれた人ばかりです。
それでは、今年もよろしくお願いします。
0

2005/1/26

支援会議 NO.70_M  支援会議

 今月28日で在宅生活1年を迎えることになります。何度が入退院はあったものの、素晴らしい実践だと思います。支援スタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。吉田さんは利用者として、皆さんは事業者として、制度活用の範囲の中でのこととは言うものの、決して、それだけでは乗り越えては来れないお互いのコミュニケーションと目に見えない努力の成果だと思います。特に今年は福祉情勢の激変の年であり、障害者にとっても事業者にとっても大変な耐力が要求されることが予想されます。これからも次の1年間をクリアするために、多くの議論を深めて行きましょう。
さて、今回の会議では、スタート時点に各事業所の特性を考えて現体制を作って1年間が経過して、それぞれの事業所の様子にも変化があったのではないかと思いますので、必要があれば、改めて見直しをして支援体制の安定と充実をはかって行きたいと思います。忌憚のないご意見、ご提案をお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ