2008/8/21

はるみ之つぶやき  

はじめに
 8月20日、55歳の誕生日を元気に迎えられたことを亡くなった父と母に感謝しています。そして、2006年6月28日から4日間入院したことが、はるみ之つぶやき22号に書かれています。約2年余りの在宅生活を続けています。僕にとっては、充実した毎日であったと思います。
 しかし、2年前に小手川さんと森末さんが相次いで亡くなったことは、樫の木をはじめ多くの人達の大きな悲しみになりました。もっともっと将来に向かって指導して欲しかったです。この2年余りには、いろんな事がありました。特に、障害者自立支援法の施行は、障害者の自立を阻害しただけでなく、家族や支援者の精神的、経済的な負担と苦痛にもなっています。こんな時に小手川さんと森末さんは、どんなアドバイスをしてくれたかなと思います。お盆を迎えて、掛け替えの無いお二人の死が悔やまれてなりません。

浣腸日記
1本の日⇒
2本の日⇒7月17日、19日、21日、22日、23日、25日、29日、8月3日、6日、8日、12日、13日、18日。
3本の日⇒7月18日、20日、24日、26日、27日、28日、30日、31日、8月1日、2日、4日、5日、7日、10日、11日、14日、15日、16日、17日、19日、20日。
4本の日⇒8月9日。

体調不良日記
 7月22日、夜中に暑いような寒いような調子が良くない。扇風機を付けたり消したり。痰の切れも悪い。明け方、ヘルパーさんに汗を拭いてもらって、タオルケットをお腹に下ろしたり、体温調節をする。熱もありそうだけど、朝の訪看まで待つことにしました。朝の検温37度4分〜37度6分。8月10日、7月22日と全く似たような経過と症状になる。

あさがお&ひまわり日記
 8月24日、ひまわりの花が25cm.になって、重たげに首をたれている。あさがおが物干しまで延びて、沢山の白い花を咲かせている。28日、昨夜の雷雨で、ひまわりの花びらが散ってしまった。

陽が落ちたらエアコンを切る
 今年の夏は特に暑く感じる。夜中は、エアコンを切って寝ているけれど、昼間はエアコンを入れっぱなしにしていたら、クーラー病になりそうな気がした。そこで、夕飯を食ったら、エアコンを切って窓を全開にした。扇風機を切ることは出来ないが、朝の訪看さんが到着する30分前までエアコンを入れないようにしている。昨年は殆ど切ってないから、多少の省エネ効果になるかな?

バッテリー内臓の吸引器
 7月18日、バッテリー内臓吸引器が支給されました。これから台風の時期になると心配なことが停電です。人工呼吸器は、2時間くらいは内臓バッテリーで動くけれど、吸引器は、携帯発電機では使用不可能だったので、バッテリー内臓の吸引器が欲しかった。これで安心です。

樫の木祭り
 7月26日。15周年記念樫の木祭りに行ってきました。隣に住んでいながら、樫の木に顔を出す機会は少ない。寂しいけれど、管を3本もぶらさげた上に、重い車椅子を押してもらうことを考えたら、余程の事がないと出る気にならない。その余程の事で樫の木に行ったついでに、樫の木の周りを散歩しました。とっても楽しかったけれど、脇田さんは重たそうに押していた。聞くと、人工呼吸器の荷台が足に触って、押しにくかったそうです。

意思伝達装置
 8月8日。念願の意思伝達装置が来ました。でも、パソコンに何もインストールされていないので、明日から自立支援のヘルパーさんに手伝ってもらって、手探りのインストールをしてみようと思う。壊れることは無いだろう。

ピンチヒッター
 7月23日(水)、小池さんが体調不良になって、急遽、藤原さんが初めての支援に来てくれました。あまり心配は無かったけれど、樫の木から私用で訪れた時に何度か文字盤で話してみたが、上手く出来なかった事だけが心配でした。ところが、今日は、大谷さんから文字盤の手ほどきを1回受けただけで上手くなった。いざ支援に入ると、気合で覚えた感じもしました(^^♪

貯金箱に利子
 1年間に、ん万円の目標で5百円玉を貯めて、目標額を達成したので数えたら、不思議な事に多かった。金額は言えないけれど、5.5%の利子がついていた。儲かった(^^♪ きっと、貯金箱が計算する間もなく、せっかちに詰め込んでいた〇〇さんのお陰かも知れない。また1年後が楽しみになった

支援会議スタッフのメッセージ bX
 こんにちは、はじめまして。6月から樫の木ヘルパーステーションで働くことになりました柴田です。よろしくお願いします。
高校を卒業してから24年間は、看護師として働いてきましたが、このたび、縁あって樫の木で働くことになりました。自分に、この仕事が出来るのか不安と戸惑いが本当にありました。
 職種もまったく違うことで、それに今までみたいな患者さんに接するような姿勢ではいけないと思いました。樫の木グループの皆さんの意見も参考にしながら、一から学びつもりで、自分なりに介護の本を読んだり、サービス提供の資料をみながら勉強をする中で、看護師の経験を活かしていけたらと思っています。少しでも、利用者やそのご家族の皆さんのお役にたちたいと頑張ってますが、サービス提供責任者と名がつく限り、大変な仕事だとあらためて感じています。
 利用者やそのご家族の皆さんの夢や希望なども、出来るだけ叶えられるようなヘルパーステーションを目標にして、支援スタッフ一同で頑張っていきたいです。そこで、吉田春美さんの居宅自立支援に入らせてもらっています小池さんに、この続きをお譲りしたいと思います。
そんな訳で、今月このコーナーを担当することになりました樫の木ヘルパーステーションの小池です。2月に産声を上げたばかりの、新規の自立支援ヘルパーステーション(樫の木)から声がかかるまで、私は、今年大分で42年ぶりに開催される二順目国体局で臨時の仕事をしていましたが、元々は一応、調理師です。(*^_^*)
私が、福祉の世界に興味を持ったきっかけは、身内に障害者が居たことです。全盲の母方の祖母と、パーキンソンの父方の祖母の姿を見て育ったせいかも知れません。いつの間にか自然に介護の勉強を初めていました。大阪から父の退職で大分に引越し、仕事の合間にホームヘルパーの資格を取りました。大分に引越をして、初めのころは高齢者介護施設に就職していましたが、縁あって国体局で仕事をしている時に新規に立ち上げるステーションが有るからとの声かけに自然と心が響きました。そして、国体局臨時職員の期間終了前に樫の木ホームヘルパーの一員として、今の私がいます。初めの頃は、はっきり言って戸惑いもありました(>_<)高齢者介護との違いに何もかも始めての経験で、高齢者介護と障害者自立支援の違いに戸惑いもありました。ほんとに手探りの状態でした。φ(..)メモメモ。吉田さんの所に4月から入るようになって、ここがホントの樫の木ヘルパーステーションのスタートだった様な気もします。分からない事や悩み事は、すぐに吉田さんに相談しています。必ず答えを出してくれます(*^。^*)これからも、よろしくお願いします。頼りになる私の辞書です。
さて、ここから今の私の仕事の一部を紹介します。居宅に入り、ヘルパーとしての仕事もありますが、樫の木ヘルパーの仕事で一番人気がプール支援です。みんな頑張ってリハビリをしています。4月から少しずつ入るようになって、今では、ほとんど毎日昼13時からは16時過ぎまで身障センターで水の中を歩いています。みんな本当に良く頑張っています。思わぬ効果で、私もしっかりダイエットになっています(^^)vで、ここでまたちょっと勉強をと !(^^)! 思っていたところに障害者スポーツインストラクター初級の講習があるのを新聞で知り、さっそく応募して何とか初級をもらう事が出来ました。今は、風船バレーの審判、その他色々な競技の審判目指して頑張っています。
 ヘルパーとしてだけでなく、スポーツや旅行などの社会参加に少しでも、皆さんのお役に立てれば嬉しい限りです。よろしくお願いします。

編集後記(川島真実子)
吉田さん♪ 55歳のお誕生日おめでとうございます!
(*^_^*)
重度の障害を持たれているのに・・それを感じさせない前向きな吉田さん♪いつも毎日のハードルを見事に越えられ、新しい歳をお元気で迎えられて本当に嬉しく思います。そしてそんな吉田さんの姿に励まされています。これからもお元気で(B型の)吉田節を聞かせて下さいね。
吉田さんの支援の歯車に加えさせて頂き、私のセントケア訪看も1年と半年・・今年は樫の木のヘルパーステーションが発足して新しい支援スタッフが増え(強力に!)、各支援事業所もスタッフの入れ替わりがあり・・吉田さんのお宅では「初めまして!宜しくお願いします」と楽しく会話が広がります。逆に最近見ないな〜と言うと辞められてしまった方がいたり。それでも支援の歯車は吉田さんを筆頭に快調に回り続けています。年々猛暑が厳しくなっていると感じるこの夏・・私達支援スタッフも各方面で忙しく夏バテをする暇も無く働いています。せめて吉田さんの家では冗談を言いながら肩の力を抜いて・・何か新しい、楽しい情報を(甘い物の話など♪)吉田さんに発信して行きたいと思っています。いつも吉田邸を出る時の気分が良いのは私だけじゃ無い気がします。そんな浄化作用のある吉田邸をみんなで支えて行けたらと心から願います。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ