2009/12/18

はるみ之つぶやき58号  

はじめに
 今年も残すところ15日となりました。支援会議スタッフのみなさん本当にお疲れ様でした。我が身の1年を振り返ると、真っ先に低血圧症を思い出します。初めての事で何が起きたのか分からないまま、軽い眠気のような意識が薄れていく思いでした。時々経験する低血糖症なら脱力感や空腹感から冷や汗などの段階があるから、焦ることなく対処出来るけれど、点滴の薬の副作用で気が遠くなっているのかなと思うまでには数分の迷いと不安がありました。僕の皮膚には副腎皮質ホルモンが適さないことのように点滴でも副作用を起こす薬がある事が再確認出来ました。何とも治療には、先生の頭を悩ませるかと思いますが、よろしくお願いします。
 一年締めくくりの挨拶としては早すぎますが、本当にお世話になりました。来る年もよろしくお願いします。

浣腸日記
1本の日⇒
2本の日⇒12月13日。
3本の日⇒12月2日、3日、4日、5日、6日、7日、8日、9日、10日、11日、12日、14日、15日。
4本の日⇒12月1日。

体調管理日記
 インフルエンザ感染予防対策の一つとして、マスクを着用している訪看さんやヘルパーさんが来た時は、咄嗟に僕の唇が固く閉じてしまう。食事や吸引の近さになるとマスクの効果を疑いたくなる。それでも、朝の検温で36℃以下をキープしているうちは、インフルエンザを防げていると思って一安心している。

エアーマットカバー
 12月1日。床マットの滑り止めシートをヘルパーの杉本さんに買ってきてもらいました。早速、エアーマットカバーの上に敷きました。夕方になっても身体が殆どズレ落ちていません。我慢する事6年数か月でしたが、あまりにも簡単に解決出来ました。(*^_^*)(*^_^*)

訪問入浴のヘルパーさん
 12月1日。訪問入浴の新人ヘルパーさんを紹介されました。名前は聞いた傍から忘れたけど、顔には見覚えがあった。話を聞いているうちに病室の掃除に来ていた人と思いだした。毎朝8時頃、掃除しながら優しく声をかけてくれ、笑顔の挨拶をしていました。ある日、ナースコールが頬から離れて困っていた時に看護師さんを呼んでもらった事もありました。

一泊旅行の夢
 入院中の2001年11月1日〜2日。樫の木一泊旅行に参加した事がありました。1日目は、大分農業文化公園を見学して、宿泊先は、大分市民いこいの家やすらぎ(別府)でした。2日目は、マリーンパレスを見学しました。この一泊旅行では、樫の木の看護師(最田さん)と病院の看護師(飯田さんと衣笠さん)が交替で対応してくれました。入院していたから実現出来たのかもしれませんが、在宅生活7年目を迎えるにあたり、同じ夢を見たくなりました。12月1日にはるみ之つぶやき57号を発信したばかりで、つぶやくネタもなかったので、引用しました。

外泊訓練
 入院中の支援会議の取り組みで (2001年3月25日、5月25日、7月6日、8月24日、2002年3月27日。) 5回の外泊訓練をしました。在宅復帰なんて夢のような時の懐かしい思い出です。夕食をどんぐりの家で食べて、翌朝9時に病室に戻っていました。

国道197号線を散歩
 12月2日。天気が良かったので、国道沿いの西萩原歩道を散歩しました。ちょっとのつもりが、1時間もぶらぶらしました。これも人工呼吸器が軽くなったからと思います。途中で吸引の為に電源を探しながら歩いていると、車いす用のトイレを見つけました。そこには電源があると思って、ヘルパーさんに合図しましたが、ヘルパーさんは、一目散でお店に入って行きました。そこは、トヨタカローラ大分萩原店でした。いうまでもなく、電源を快く借りられました。

レジェンドエアー人工呼吸器
 新しい人工呼吸器にも慣れて来たようです。最初の頃の低圧アラームには苦労させられたけれど、今では、テストバッグを接続する事で対応している。そして、高圧アラームの設定を2回変更して、自発呼吸にも異常反応しなくなった。そんな事以外に気になる異常は今の所は無い。良くなったと思う事は、軽くて移動が比較的容易になった事と、ウォータトラップや加湿器がないので、それだけ、空気漏れ疑う場所が少なくなった。あとは、車椅子で移動する時に人工呼吸器を入れるバッグが欲しい。

右上の歯が完成
 12月8日。13時の歯科往診で右上の歯を入れました。歯が1本抜けただけでも、ご飯を食べにくかったり、舌打ちを空振りしていました。

何はともあれ記念日
 12月9日。障害者週間(しょうがいしゃしゅうかん)とは、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的とした週間。1995年(平成7年)6月27日に、当時の総理府(現内閣府)障害者施策推進本部により12月3日から12月9日までの1週間と定められた。 これは国際障害者デーであり、また障害者基本法の公布日でもある12月3日を起点とし、障害者の日である12月9日までの1週間と定めたものである。2004年の障害者基本法改正により、12月3日-12月9日を障害者週間とする旨が法律に明記された。と、ウィキペディアに記載されていました。そして、僕にとっての12月9日は、1997年12月9日に入院して、その夜から意識を失い、人工呼吸器を装着する事になった一日でした。

第112回在宅支援会議
 2009年12月16日(水)18時から19時
 司会 
 記録 
新型インフルエンザ対策
 季節性インフルエンザの予防接種は受けました。新型インフルエンザの予防接種は受けません。我が家に出入りする人たちの感染予防対策が大切です。人工呼吸器を装着している事が感染予防にもなり、万一に感染した場合でも重症化を防げると思います。
加湿器と空気清浄機も稼働します。※必要ならマスクも取り寄せています。
樫の木以外への外出を控えます。正月を乗り越えて、2月の支援会議までの食糧を確保しました。大分県内の新型インフルエンザ流行もピークを越えたようです。
エアーマットカバーの滑り止め対策
 はるみ之つぶやき58号を参照。
一泊旅行の夢
はるみ之つぶやき58号を参照。
レジェンドエアー人工呼吸器について
はるみ之つぶやき58号を参照。
同意書について
 前回の在宅支援会議で疑問になった点についての参考にしたいと思います。
 退院して在宅生活の支援を受けるに際して、各支援事業所に提出しました。
その他の意見や報告
今後の予定
次回の支援会議
  2月24日(水)18時から19時 司会          記録
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ