2010/3/31

はるみ之つぶやき60号  

はじめに
 支援会議スタッフのみなさん今日は、お疲れ様です。新年最初の支援会議を開催したいと思います。昨年から今日までの健康面に特別な変化もなく、まぁまぁ何とか元気に過ごしていると本人は考えています。それでは、本人の自主的に作成したデジュメに沿って会議を進めたいと思います。尚、本日の司会進行をなでしこヘルパーステーションの池永さんに務めていただいて、記録を樫の木ヘルパーステーションの松嵜さんにお願いしました。よろしくお願いします。
日時 2010年2月24日(水)午後6時から午後7時
 場所 吉田春美宅
 出席者

    議題
 まず最初に人工呼吸器に関する事を4つ話し合いたいと思います。
1、 レジェンド人工呼吸器の内部バッテリーの停止事故と対策について。
2、 テストバッグの水滴除去方法と内部の綿花らしき物の湿気対策について。
3、 人工呼吸器の室内温度の下限はありますか。加湿器が無いだけに冷たい空気が肺に入る事で何らかの心配はありませんか。スキー場や冷房の効いた室内での使用は非常識という記述もあります。廊下の壁に貼っていますが、誤りはないでしょうか。ちなみに、就寝時は暖房を停めています。
4、 フレシキルチューブ内の湿気が多い事や朝の体温が35度台と低い事に人工呼吸器は関係ないでしょうか。
 次にお薬の話です。
5、 夕食後に服用しているカマグを0.5gにしていましたが、便が硬くて廃便に苦労していました。そこで、0.5gを追加して飲むようにしました。今の所は、比較的容易に廃便出来ています。今後も、排尿と合わせて廃便管理を注視しましょう。
6、 昼食や夕食後にパソコンをしなくて静かにしている時は、胃の腹満と前頭葉の違和感に耐えながら、ガステール効果でガスが早く小腸に降りてくれる事をひたすら待っています。気持ち良く寝ていると思われるようですが……。
7、 寝る前のクスリを飲むと腹満が緩和して、いやしんぼをしたくなります。ラキソベロンとガステールとグッドミンのどれが効いているのでしょう。僕は、睡眠薬のグッドミンと思います。入院中に飲んでいた安定剤セルシンは、気切の違和感や過呼吸を解消する為でした。グッドミンも眠気と合わせて、腹部の違和感を緩和させる精神的な効果があるのではないかと思っています。
 次に、先日の採血結果をもとにした、栄養面の健康状態を理解したいと思います。
8、 今後の食生活を含めた注意事項について。ありますか?
9、 その他、各事業所の意見や報告をお願いします。
10、我が家では、雨降りの来客を歓迎する思いから、玄関軒先に雨避けを作りました。
11、最後に次回の支援会議について。
4月28日(水)18時〜19時
司会
記録

以上で、113回目の在宅支援会議を終わりたいと思いますが、話忘れた事はありませんか。また、会議の内容について、不備な所やこんな話がしたいなど、気のついた事がありましたら、次回の支援会議前日までよろしくお願いします。
それでは皆さん、本当にお疲れさまでした。
 
浣腸日記
2本の日⇒2月2日、9日、11日、13日、20日、21日。
3本の日⇒2月1日、3日、4日、5日、6日、7日、8日、10日、14日、16日、17日、18日、19日、23日。
4本の日⇒2月12日、15日、22日。

体調管理日記
 毎週水曜日の外出で、樫の木の近辺を1時間近く散歩している事は、お腹を振動させるので、3時のガス抜きが楽しみです。そして何より、文字盤無しでも、口パク息で話しながら散歩をしていると、言語障害を忘れて精神的な自立を感じています。

歯の隙間を埋める
 2月2日13時。歯の定期往診で発見されていた隙間を埋めました。気がつかないで放っていたら、虫歯になるとのことでした。

節分の日
 2月3日。樫の木に遊びに行ったら、豆まきに遭遇した。注意事項の中で、吉田さんにはやさしく投げるように言っていた本人が一番先に投げて来た(*^_^*)多分。

風呂に酔った
 2月9日。暦の上では立春というけれど、この冬最高の暖かさ。朝の室内温度は、20度を超えている。お風呂の温度は普段と同じだが、なかなか冷めない。次第に汗が噴き出て、止まらない。若い頃に風呂に酔って、ふらふらしながら冷たい水を飲んだ事を思い出した。

姪っ子に男の子産まれる
2月9日前10:55に3756gの男の子が産まれた知らせのメールが来る。また一人から、おじいちゃんと呼ばれる事になった(^^♪

背中の左がキリッと痛い
 2月11日の朝5時ごろから、左肩甲骨の下あたりが不間隔にキリッと痛くなって目が覚める。最悪、狭心症か、良くて、ガスの悪戯を考えていた。キリッ、ズキッ、ズンッなのか、その都度の痛みを表現しにくい。11日の夜中に痛みは治まった。

夜中の2時に大量のガス放出
 2月12日。下腹部に刺激を感じて目が覚める。ガス抜きチューブを少し引いてもらった瞬間にガスが出て、気持ち良い。間もなくして、小指大の大便が出たけれど、朝まで黙って放置した。

ひたすら我慢する
 2月14日。ガスが溜まっている。17時頃から前頭葉に強い違和感。胃の腹満激しく何もする意欲無し。幸いに呼吸は苦しくない。ガスが小腸に下がって行くのを微かに感じながら無言で我慢する。夕食を1時間遅くする。

母のつぶやき
 12年前に亡くなった母から子どもの頃に聞かされていた言葉。“友達がうめえもんを食べよんのを見ち、指くわえち欲しがるな。どうしてん欲しかったら、かあちゃんが買っちゃる。そしち、はるみが饅頭でんお菓子でん持っちょったら、友達と分けちたびいや、2倍も3倍も美味くなるけんの。”
 そう言えば、母が仕事帰りに買って来てくれた1個10円の回転焼を一人で食べるよりも、遊びに来た友達と一緒に食べた時の方が美味しかった。
 指をくわえた事はないけれど、バニラアイスに包まれた小豆アイスが食べたかった。アイスキャンデーは、10円だから毎日でも買ってもらえたが、30円もする小豆アイスは、1年に1回買ってもらえました。値が高いだけに本当に旨かった。

ワークスペース樫の木誕生と僕の生活 bP0
点滴寮の風呂日は、2日に一回だったような、月曜と木曜の週2回だったような記憶が交差しています。衣類の着脱に時間がかかり面倒でしたが、一番先に入り、一番後に出るようにして何とか時間内に入浴出来ました。でも、頭をうまく洗えなくて困っていたら、以前は、床屋に勤めていたという同室の安東さんが頭を洗ってくれるようになって、本当に助かりました。そして、散髪もしてもらいました。また、安東さんからは、算数を勉強するきっかけにもなる掛算の初歩も教えてもらいました。
この頃の安東さんが22歳、僕が16歳でした。そして、共同作業所どんぐりの家を16年後に設立する際にも大きな力になってくれました。若い頃の友達は、城さんを始め安東さんなど今の僕の生活に掛け替えのない人です。安東さんや多くの友達の手助けに支えられながら、団体生活のリズムにも慣れて来た梅雨時のある日の事です。雨が一晩中降っていました。朝起きてトイレに行く時に、廊下の一角に水が溜っていました。その天井を見ると雨漏りの痕跡がありました。点滴寮の名称の通りに『点滴』とは、冗談にもならないと笑ったものです。建築3年目であり、手抜き工事じゃないか?との噂もあったが、まもなく補修工事をして雨漏りは改善されました。クリックすると元のサイズで表示します
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ