2010/4/27

はるみ之つぶやき61号  

はじめに 
 はるみ之つぶやき61号を発信します。毎月発信したいと思いつつ、2月の支援会議以降は何かと気持ちが落ち着かなくて、つぶやきをまとめきれないまま、4月の支援会議を迎える事になりました。
 そんな今年を振り返ってみると、健康面では例年になく安定しているように思います。7年目の在宅生活を振り返っても、この4年間は検査入院さえもしていない。体調の良い時に大腸の検査ぐらいはと思うけれど、入院するのは心配ばかり。家にいる方が安心。外来で日帰り検査出来るならと思ったりもする。でも、ヘルパーさんが介助に付けないから、これも大変な覚悟と準備が必要になると思う。そこまでするなら、入院検査の方が安心なんて事になっても困る。
浣腸日記
2本の日⇒2月25日、3月4日、5日、4月10日、12日、15日、19日、20日、21日、22日、23日、24日、25日、26日。
3本の日⇒2月24日、26日、27日、28日、3月1日、2日、3日、6日、7日、8日、9日、10日、11日、12日、13日、14日、16日、17日、18日、19日、20日、22日、23日、25日、26日、27日、28日、29日、30日、31日、4月1日、2日、4日、5日、6日、8日、9日、11日、13日、14日、17日、27日。
4本の日⇒3月15日、21日、24日、4月3日、7日、16日、18日。
ある日のQちゃんタイム(*^_^*)
 20何人も僕に関わっている訪看さんとヘルパーさんのQちゃんタイムを壁掛時計で計ってみました。カニューレ内に吸引カテーテルを差し込んで吸引して、引き出してしまうまでに要する秒数は、訪看さん全員が、理想的な14秒以内でしたが、ヘルパーさんで14秒以内のQちゃんをしたのは、4人でした。ヘルパーさんは平均して20秒を超えています。又、吸引カテーテルの弱くなっている時は、もっと余計な時間を要します。更に、人工呼吸器を外して付けるまでに1分を要しました。又、僕が吸引を受ける時に息を止めても、まあまあ苦痛を感じない時間は、20秒でした。昨年の4月にも、吸引に対する思いを書いていますので、ご一読をよろしくお願いします。
介護福祉士の模擬試験をして見た
 インターネットで介護福祉士の3択模擬試験をやって見た。こんなに幅広い問題に合格するのは難しいと思った。最初は、初めて知った設問やひっかけ問題もあって、ヤマ勘も含めて4、50点前後だった。でも、2,3回やって見ると、少しずつ設問に違いがあるものの、回答率も上がって来た。記憶力のテストにもなった。
バスタオルの使い方と上下左右の確認
 バスタオルを背中に敷いているのは、汗取り効果と共に、介助者二人がベッドサイド左右両方向から持ち上げて上下左右へ移動させるのに用いる。その際、肩とお尻付近のバスタオルを持って、そのまま移動させるのではなくて、脇の下とお尻の下まで、バスタオルを握りこむ。そして、介助者二人の呼吸を合わせて、天井方向に3p程度浮かせた状態で、上下左右へ移動させましょう。
日曜日の感覚
 ある日曜日の午後、ヘルパーさんがネブライザーの準備をしているので、舌打ちをしたら、訪看さんが来ない日曜の午後と分かった。ヘルパーさんの腹押しで、ガスが出る事を願う日曜の午後でした。
お姫様抱っこ
 3月9日11時。樫の木ボランティアさん感謝会へ出席しました。その際、車いすへの移乗を第2どんぐりの広石さんにやってもらいましたが、僕を抱きかかえるのは初めてとは思えない程に軽々と気持ち良く移乗させてもらいました。
バルン交換
 3月10日。バルンの固定水を入れる時に痛みがあった。バルンを入れる際も同じ個所に微かな刺激を感じていた。しばらくして、尿パックに鮮血を確認する。訪看さんが帰る頃には、出血は止まっていたが、クラビットを1錠飲む。夜、濃が出ている事を確認する。その後は、熱発もなくて経過している。
定期歯科往診
 3月11日。前回の治療でキャラメルを控えるように約束して守っていたから、右上の歯が取れる事もなくて、無事に歯のクリーニングをしてもらえました。
レジェンドエアー人工呼吸器と息が合う
 食事をした後で意識的にげっぷをしやすい。げっぷが良く出る。胃が苦しくて呼吸を早くしても人工呼吸器が上手く受け止めているように思う。
カニューレ交換した夜
 3月20日の就寝後。気切部から空気が漏れる。カニューレ風船の空気が足りないと思う。ベッドの頭を高くしたり、枕を高くしたりしながら、顎を引いて空気の漏れるのを抑えて何とか朝まで寝られた。
プリンターとプリン
 文字盤で話す時に先読みをしてしまう。プリンターを繋いで欲しいのに、プリンと早合点してしまう。野菜ジュースは、や、で分かってくれるように、一日の生活の流れで滅多に違う事も言わないけれど、まれに長い話をする時は、言葉を選ぶようにしている。
気道内圧ラインが抜け落ちた
 3月24日。樫の木へ行く時に玄関のスロープを降りた所でアラームが鳴りだした。息が少し苦しい。何か外れているのが山村さんにわかったけれど、何処に付ければ良いか分からない。そこまで教えてなかったから仕方ないけど、幸いに家の中で物干しをしていた脇田さんを呼べたから無事解決した。昨日、横を向いてチラッと見た時に根っこまで入ってなかった不安が的中した。気道内圧ラインが外れても少しは呼吸できる。もし、呼気弁ラインが抜けたら全く呼吸できない。
郵貯預入限度額
 郵便貯金が2千万円までは、元本と利息が保証されるらしい。宝くじで1億円当たったら、郵貯に2千万円、他の銀行8行に1千万円ずつ預けようなんて夢のような計算しか出来ない。全く大金持ち優遇の制度でしかない。国民に身近な郵便貯金なら、預入限度額を300万円位にして、利息を2~3パーセントにしてくれたら預けられる人もいるだろう。低所得者や障害者優遇利息というのがあっても良いと思う。
花見
 3月31日。樫の木で昼食を済ませて散歩する。高見児童公園の2本の桜を眺めながら、以前にも一人で見たような気がした。
樫の木歓迎会
 4月3日。予定より1時間早いけれど、平野雄作さんにお姫様抱っこしてもらって車椅子に移乗する。初めてなのに軽々と気持ち良くふんわりと抱えられました。
歓送迎会が歓迎会になったけれど、かつてない程に賑やかで楽しい宴でした。でも、僕は、柚梅酒を50cc飲んで間もなくボーっとしてきた。呼吸に苦しいような変化はないけど、食欲が湧かない。ウーロン茶を飲みながら、みんなの歓声に酔いしれるしかなかった。おちょこの底一杯の酒で酔い潰れていた親父の血を受け継いでいる事を自覚した。
腹の調子が良くない
 4月4日。朝からガスも出ないし、腹の動きも良くない。黄色信号点滅。夕食を止めて食後の薬を飲む。1時間ぐらいして汗ばんできた。黄色信号の点滅止まる。アイスクリームを食べる。続けてビスコを食べる。22時に眠剤を飲む。気分良くなり青信号。栄養補給で干し柿を1個食べる。
火災報知機を設置
 4月6日。個人の家でも火災報知機の設置を義務付けられた話を聞いた数日後、インターネット通販で火災報知機のカタログを見てしまった。そして、買わされてしまった。台所とベッドの真上に設置した。
ヒヤリハッと!
 人工呼吸器と生活するようになって何10回と数えきれないヒヤリハッとに遭遇して解決して来ましたが、解決して終わりではなく、その都度、病棟カンファレンスや支援会議で再確認と再発予防を共有して来ました。生活の中で、ヒヤリハッとを避けることは不可能ですが、共有することで、事故を未然に防げたこともあります。
臼杵に帰省
 4月10日。臼杵の実家には、仏様への届け物を済ませて、田口先生に会って来ました。86歳とは思えないしっかりした歩きで玄関に出迎えてくれました。3年前よりも元気で若返られたように思いました。いろいろ楽しい話をしていたら、旦那さんの記憶力にも驚きました。
人工呼吸器の定期交換
 4月16日。呼吸器センターの福本さんが、往診の時間に合わせて人工呼吸器の定期交換に来てくれました。9時の訪看に始まり、10時の訪問入浴、そして11時のヘルパー交代と訪看と往診という忙しい午前中でした。
ある日の訪看さんの会話
 ある日、我が家から事務所に帰った訪看さんが、昼休みに交わした言葉です。
“きょう、吉田さん、ダメじゃった!”…“えっ!”……“ガスが、いっこん出らんかった”…残念そうに指打ちをする。“なーんな、そんことなー!ビックリしたー(*^_^*)”“私が3時んときー、私が、出しちゃるわー(*^_^*)(*^_^*)”
そして結局、出らんかった<`ヘ´>m(__)m
ガス抜きチューブをすり抜けた
 4月19日の夜中。ガス抜きチューブをすり抜けて、ガスが出た。一緒に大便も出た。
歯科往診
 4月22日10時35分。朝の訪看さんと入れ替わりに訪問歯科の定期往診を受けました。朝食に食べた餡パンの小豆の痕跡を発見されました。(*^_^*)
クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ