2011/4/28

はるみ之つぶやき68号  

はじめに
 今回のはるみ之つぶやきは、東日本大震災を抜きには考えられません。3月11日午後2時46分ごろ、宮城県沖で起きたマグニチュード9の大地震。緊急地震速報を聞く間もなく、アナウンサーの声が緊張している。東京のNHK室内も激しく揺れていた。北海道から九州までの津波警報がパソコンでも見られた。大分市の防災メールも来た。その後の原発事故を含む物的、人的被害の大きさは、筆舌に尽くし難い。それを想定外と表現している事に疑問を感じた。その時、日本沈没の映画も空想や想定外ではないと思った。何よりも、原発の利益最優先が明らかになり、安全神話が壊された。しかし、電力の30数パーセントを原発に依存している。それを安全で環境破壊も少ない太陽光や風力、地熱、バイオマス。そして、日本の海底深くにあるメタンハイドレートなどの電源開発を強く望んでいます。11日の大地震から1カ月後も震度6の余震で酸素吸入器が停止して死亡した在宅患者も居ました。僕は、震度5や6なんて経験が無いし、4も無い。我が家は持ちこたえるか。天井が落ちないか。せめて電源が落ちた時の最大限の対策だけでも考えたいと思います。

浣腸排ガス日記 A=2本。B=3本。C=4本。D=5本。
2月21日C、硬くて出にくかったが、スッキリした。22日B、硬いのが良く出たけど、ガスが少ない。23日B。24日B、2本で終わっても良いくらいに良く出たが、残便感があって3本する。粘液便とガスも出た。25日B、柔らかい便が良く出た。26日B、軟便とガスが良く出た。27日B、ちょっと少ない軟便だけれど、排ガスボトルに溜まっていた液状便を勘案すると、まあまあの量になるかな。28日B、朝2本でスッキリしたつもりが、昼食後に便が噴き出したので、念のため、15時に浣腸1本する。ガスも良く出た。3月1日A、1本目から気持ち良く出た。2日C、もっと出そうな残便感があって4本もしたけれど出ない。昼前にガスが出た。3日B、量としては少なかったが、残便感はない。4日C、便が少なくてガスも少ない。感謝会の食事が喉を進まない。5日B、快便。昼食前からガスも快調。6日B、液状便でいつもより少ない。7日B、1,2本目で硬い便が出て、3本目は粘液便だったが、ガスが出ない。8日B、便は良く出たけれど、ガスが腹に溜まっている。9日B、快便。昨夜食べた寿司が良かったかな。ガスも出た。10日B、快便。ガスも良く出た。11日D、1本目でガスは良く出たが、便が出ない。3本目と4本目にお腹押しと適便をしてもらって柔らかい便が出た。朝早く抜いたガス抜きチューブに便が詰まっていた。12日B、1本目で硬い便が良く出る。13日B、良く出た。昼食の時にガスも出た。14日C、残便感があって、お腹を押してもらう。2本目でガスも出た。15日B、便は良く出たけれど、ガスが少ない。昼食後の腹満を我慢していたら、13時を過ぎたころからガスが出始めた。16日A、1本目が固形便、2本目に軟便が噴き出た。大変良く出た。17日B、便がとても良く出た。3本目は勿体なかった。外出後にガスが良く出た。18日B、昨日と同じくらい良く出た。19日B、昨日の夕食後から就寝するまで、ガスが良く出ていた。ガス抜きチューブが詰まっているように、すり抜けて出ていたが、便が噴き出す気配はなかった。20日C、明け方5時にガス抜きチューブの脇から便が噴き出した。浣腸の便は固かった。21日B、1,2本目が柔らかい少量の便で、3本目が硬い便だった。何かおかしい。22日B、1,2本目で硬い便が大量に出た。3本目は軟便が噴き出した。これで良い。23日B、1本目にやや硬めの便が出た。2,3本目は少なかった。24日B、1,2本目で軟便が大量に出た。3本目は粘液とガスが出た。25日C、2,3本目で大量の軟便が出たけれど、1,4本目が空振りだった。惜しい。26日B、1本目からガスが良く出た。便も2本目で大量に出た。27日B、1,2本共に軟便が良く出た。3本目は粘液のみ。28日C、大便は、それなりに出たけれど、ガスが胃に溜まっていて苦しい。マーゲンチューブでガスを抜いてもらって楽になった。朝食に食べた餡パンのボリュームが腹の許容量を超えていた。29日B、良く出た。ガスも出た。30日A、形のある軟便が気持ちよく出た。31日B、3本目はいらなかったと思えるくらいに良く出た。4月1日B、1,2本目ともに良く出た。3本目は粘液。2日A、1本目で軟便が良く出た。2本目も軟便とガスが噴き出る。3日B、1本目は、ガスが良く出た。2本目で軟便が大量に噴き出した。3本目は迷って念のためにしたけれど、空振りだった。4日B。5日A、ガスが下腹部に降りていたからとしか思えない大量の便とガスが2本目に音を立てて噴き出した。初めてと思える快適な排便だった。6日C。7日A、1本目で大量の普通便が出る。2本目は液状便。8日B。9日C、2本目でそれなりに出たと思うけど、ガスの音が聴けなくて4本になった。10日C、昨日の摂取量からすると便は少ないけれど、ガスは出ているから良い。11日B、便はそれなりかな。少し物足りなかったけれど、ガスが良く出たから良い。12日C、形のある柔らかい便が大量に出たらしいが、僕としては硬く思えた。ガスも良く出た。13日B、まあまあの量だったが下腹は、すっきりした。浣腸をするまでにガスが出ていた。14日B、気持ち良く出た。肉を食べた翌朝は快便になるように思う。ところが、15時の訪看で、胃のガス抜きをしてもらった。15日C、もっと出る様な気がした。夜中の1時過ぎのガスは気持ち良く出た。16日C、残便感がある。17日B、気持ち良く出た。18日C、4本目は余計だったかも知れないが、腹はスッキリした。19日B、大便もガスも良く出た。昨日の長距離探索の効果かな。20日B、夜中のガスは気持ち良く出た。21日A、快便、昼食後にガスが良く出ていた。

在宅支援会議
 2月23日18時からの支援会議に間に合うように早めの夕食を摂る。2か月に1回の支援会議に向けて、はるみ之つぶやきをまとめたり、会議のデジュメづくりを始めるのが1週間前。もっと早くすればよいと思いながら、切羽詰まるまで他のどうでも良さそうな事に時間を費やしている我が道を行くB型人間です。

ゆうあい訪問歯科
 2月24日。毎月1回の往診と歯磨きケアをしてもらいました。入れ歯を上手く使っていると褒められた。

散髪
 2月25日。訪問入浴の日に合わせて、訪看さんが来る前に佐々木さんが散髪に来てくれました。退院した時からずーっと2〜3か月のうちに散髪をしてもらっています。退院を夢見ていた頃を思い出しながら、本当に感謝しています。

人工呼吸器のコンセントが抜けた時
 朝の掃除機をかけている時や夕方に人工呼吸器の付近を歩いている時に突然、アラームが鳴り止まない事がありますが、痰が詰まった時の音とは少し違います。人工呼吸器のコンセントを差し込み忘れたり、抜けかけている時です。

やっぱり言われた(^^♪
 7年前から来ている訪看さんは居ないと、前回つぶやいたら、“私が来ている!”と言われた。迷って書かなかったけど、想定した事でもある。集中治療室から個室に移った時から、土、日、祝日を除く殆ど毎日、専属看護師みたいに食介や吸淡に来てくれていた日高さん。夕方になって帰る時は、病室のドアを開けて、レスピの作動音を聴きながら、“また、あしたー。”と言って、投げキスをしてくれた。病棟のチームを変わってからの事は知らないが、退院をする時に訪看をしていた日高さんです。まるで僕の退院を待って訪看になったような感じがして嬉しかった。そして、在宅生活1年を過ぎた頃だったかな?産休と育児休暇で1年半のご無沙汰をしたから、前回のつぶやきにしなかったのでした。そう言えば、角野さんも訪看から訪問入浴に変わってからも火曜と金曜に来ている。会える度合いを考えたら、角野さんが一番と思うけど、気にしていないかな(*^_^*)

日高さんの妹?双子?
 横顔は、日高さんと間違えそう。正面から見ても似ているけれど、10年くらい若返った顔だから、楠本さんと分かる。10回目くらいの訪問から緊張の糸が切れたように良く喋って良く笑う所も似ている。そして、爪切りが上手い訪看さんです。

ある朝の本当な嘘
 昼から3時に来る訪看さんは、可愛くて美人と言うので、楠本さんかなと答えたが違っていた。美人なら直ぐに思い当たるが、可愛いが加わると考えてしまう。まさか、まさか、目の前の日高さん本人とは到底思わなかった。騙されたけど、その日は楽しかった(*^_^*)

晴れ男
 2月28日、明け方から雨模様で樫の木に出掛ける頃には曇っていたが、昼食を済ませた頃から陽が照って来た。早速、近くの梅を見に行く。梅の花と下校の中学生を暫く見送っていたが、日差しが強くなって樫の木に引き返す。因みに、同時刻の2,3キロ先では雨が降っていたらしい。

気まぐれ加湿器
 3月3日、2日くらい使ってなかった加湿器を昨夜になって使おうとしたら動かない。今朝になって水垢を掃除したり、思いつく事を塚田さんにしてもらって、一瞬動いて又止まった。その後も、あれこれ試したが動かない。ところが、塚田さんが帰って5時間くらいして、まともに動き始める気まぐれ加湿器です。そして、6日からも加湿できなかったので、10日の15時30分頃、塚田さんにいろんな対処をしてもらってスイッチを入れておいたら、23時過ぎに加湿しだした。結局、加湿器のスイッチは入れたままで、コンセントのスイッチをON,OFFすれば、機嫌良く動く事が分かった。これもエコかな(*^_^*)

外出後のガス排出について
 外出する時は、ガス抜きチューブを抜いている。入れたままでも、外出中にガスが出ないわけではないが、抜いている方が帰ってからチューブを入れる時にお尻を持ち上げただけで、ガスが噴き出る快感は何とも言えない。

低血糖と思うけど
 3月20日16時過ぎから胃の腹満が激しくなる。呼吸が苦しくなったら、訪看さんに連絡してもらおうとじっと我慢していた。17時過ぎから額に汗が滲んできた。次第に顔一面に流れ出した汗を拭いてもらった。そして、腕も、汗ビッショリになっていた。砂糖湯を作ってもらって飲んだり、砂糖を食べたりして汗がひいて気分も良くなった。ガスも少し出て腹満が和らいだので、卵粥と梅干を食べた。

大分駅と中央町を散策
 3月21日。僕にとって滅多にない雨模様の中を大分駅まで、タクシーを走らせる。久しぶりに駅構内を探索してから、ラーメン屋に入って食事する。帰りのタクシーまでの時間を利用して、中央町商店街を散策する。そして、
日本が一つの気持ちになって
竹町入り口で東北関東大震災募金をしていたので、財布の小銭を全部募金したけれど、何かもっとしたい気持ちになった。新潟中越地震と阪神淡路大地震の時も大変な事が起きたと思った。でも、3月11日の地震と津波の被害が日増しに大きくなる事や被災者救援ボランティアの活動をラジオから聞くたびに涙を流す毎日です。僕に出来る事は、少しの募金と蛍光灯とエアコンをなるべく切る事や、東北地方のお取り寄せショッピングを利用する事で、震災者と原発事故被害住民の辛い気持にちょっとでも近づきたいと思います。

福本さんへメール
こんにちは。東北関東大震災と原発事故を思うにつけ、僕の生活には電力が欠かせない事を痛感しています。
 レスピの内蔵バッテリーと外部バッテリーで10時間程度かな?。吸淡は出来るかな?。車に繋いでも、ガソリンが必要。やっぱり九州電力の電源を確保しなければならないと思いました。
もし、僕が東京に行くとしたら、このレスピで行けますか?電圧の違いに問題はないのかな?と考えたりしています。
ところで、本日、外出から帰って、レスピをアームに繋いだ途端に空気漏れが発生しました。
回路の破損や抜け落ちではなくて少しあわてましたが、呼気弁上部の白い部分が左に少し回っているのに気づいたヘルパーの脇田さんが右に回したら、空気が通過しました。
もう一度、左に回して確認する事は怖くてしていませんが、あの部分は、ネジのように外れるのでしょうか。はじめての経験でした。

原子力発電に思う
 原発について、人工呼吸器を装着している僕にとって、電力は欠かせない。そこで、原発の即時廃止は現実的ではなかった。でも、原発の安全対策は、二重三重では足りない。原発による利益の大部分を安全対策に当てる必要があり、そこには、想定外は通用しない。そして、近い将来には、原発に変わる安全な電源開発を望んでいた。

ゆうあい訪問歯科
 3月22日。1か月が早い。はるみ之つぶやきを発信する前に2回の歯科往診を迎えた。歯間ブラシを当てた時や食べカスによって、歯の痛みを感じる事もあるけれど、虫歯ではないらしい。けれど、半年後くらいには埋める治療も考えられるとのことだった。

お腹と体温
 朝の食事はなるべく少量にしている。冬場の朝の体温が36度以下の時は、腹満もなく苦しくもない。昼飯は少し努力して食べる。肉や脂っこい物を食べ過ぎた時は、15時の検温は37度を超えている。胃のむかつきが治まらない時の夕食は、お粥にしている。その後、汗をかく事や眠前薬を服用すると、体感温度が下がったような気分が良くなって、甘いものを食べてカロリー補給をしている。

目が回る(@_@;)
 4月3日。2,3日前から軽いめまいがあったが、今日は良く回る。5分くらい目を閉じていたら、めまいは治まった。昨年の10月末と同じようなめまい。5日の朝の訪看時にベッドを平らにしたら、めまいと共に身体も回る感じがした。6日の朝も身体が、ぐるぐる回った。しかし、7日からは、めまいも身体が回る事も無くなった。

期日前投票など
 4月6日。県議会議員と県知事選挙の期日前投票の為に市役所に行く。投票所の代理投票で係員の確認の声が若干大きかった。ついでに生活福祉課へ他人介護料の書類提出。渡り廊下を通って本館に行って地下の食堂で昼食。隣のコンビニで福祉電話料金の支払いを済ませる。出口に構える物産展でつまみ食いをして、生姜の菓子を買う。玄関に出て城跡公園に行って満開の桜を見る。(城址公園の桜は、駐車場の左側にあったような記憶がある。) ついでにコンパルホールまで散歩して、タクシーの到着を待った。

九州ラーメン“さんぱく”
 4月18日。樫の木の昼食をキャンセルして外食をする為、芸術会館前の魚新に行ったら、お休みだった。仕方なく、浦川団地の友人を訪ねて見たら、留守だった。ふと思いついて、近くのラーメン屋でお持ち帰りの食事を頼んで待っていた。店に入るには、2つの段差と狭い入り口があったから、遠慮していたが、脇田さんが一言お願いしたところ、食事中のお客さんが二人出て来て、抱え上げてもらえた。嬉しくなって、懐かしいラーメンを食べた。32歳の時から7年間、夕食の出前でお世話になったご主人と玄関で会って、18年ぶりの懐かしい話をした。出前のラーメンだったら、少しのびたかもしれないくらい話した(^^♪

第120回在宅支援会議
  日時 2011年4月27日 水曜日 午後6時から午後7時
  場所 吉田春美 宅
  参加者 原(司会)、後藤(記録)、吉田、脇田、中島、池永、恵良、藤本、楠本、山田、福本、城、

 今晩は、皆さん、お疲れ様です。それでは、120回目の在宅支援会議を始めたいと思います。今回の司会は、医療生協の原が担当させていただきます。そして、記録は、樫の木ヘルパーステーションの後藤さんが担当します。前回の支援会議で司会をして頂きました森島さんに変わってサービス提供責任者になられたそうです。初めての出席で記録という大役をお願いする事になりましたが、よろしくお願いします。早速ですが、後藤さんから時計回りに自己紹介をしましょう。そして、下記の内容に沿って話を進めたいと思います。
2月の支援会議以降の出来事を考えた時、東北地方太平洋沖大地震と大津波を第一に誰もが思う事でしょう。2万6千人余りの人たちが死亡したり行方不明になっています。とっても悲しくて言葉もありませんが、心からの冥福と被害に遭われた人たちの一日も早い以前の生活以上の復興を願う気持ちを大分の牧3丁目からも届けたいと思います。
 その一つは、私たちが明るく元気に生きていく事です。原発事故は、地震と津波を甘く見過ぎた人災です。放射能漏れの正確な情報が、地域住民に知らされない中で、一部の心ない風評被害に惑わされることなく、可能な限り、東北地方の野菜や魚、肉、お菓子などを購入する事で、元気印を共有したいと思います。(文責:吉田春美)
 それでは、大分の元気印、吉田春美さんの生活や健康対策を考えてみましょう。
 ・血液検査結果
   栄養面の数値は良好でした。貧血もありません。
   若干、コレステロール悪玉菌が多い。鉄分と炭水化物が少ない。
   前立腺の数値は平均正常値より高いけれど、半年前の検査よりは下がっていた。
   以上、随分前の往診で説明を受けた記憶だから、正確ではない。
 ・肌のトラブル
   痒み止めの薬については、過去の教訓から慎重に処方されています。
   今回、以前に使っていたオイラックス軟膏とラミシール軟膏が仲間に加わりました。
   ゲンタシン軟膏と併用して、肌トラブルに対処したいと思います。
・4月1日ごろからの“めまい”
  6ページ目の最後に書いていますが、自然に治ると思って、訪看さんに告げなかった。
  その時に思ったのは、血圧か、頸椎かなと思った。
・低血糖らしきことがありました⇒P5の上に記載。
次に台風や地震などで万一の停電に備えた対策について
・足踏み式の吸引器について=あらゆる電源が途絶えた時は、アンビューと共に使える。
・手回し充電式 ソーラーライトとラジオ=上の棚の赤い箱と浣腸を置いてる棚にある。
・充電式バッテリー=後ろのカーテンの中にある。しかし、充電完了の青いランプが点灯しない。説明書も紛失している。
・太陽光充電について=人工呼吸器が小さくなっても、太陽熱発電は不可能でしょうか。
・樫の木のリフトワゴン車=シュガレットソケットからの電源確保と非難時の最高手段。
・レジェンドエアー呼気弁について=P5の下に記載。
・今後の予定=5月4日に臼杵へ帰省。6月5日の樫の木ふれあいバザーを含む外出を多数計画。
・その他=各事業所及びスタッフからの意見など。
     はるみ之つぶやき68号の感想を後日でもよろしくお願いします。
最後に
次回6月の支援会議
日時 6月22日(水)18時~19時を提案します。
司会 けんせいホームケアクリニック(安部)
記録 医療生協訪問介護サービス(原)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ