2012/4/17

はるみ之つぶやき74号  

はじめに
 2か月経過するのが早い。支援会議が毎月だった頃は、はるみ之つぶやきもそれに合わせていたから、1年に12回発信していたけれど、今は2か月に1回の発信になってしまった。何となく1年が6カ月になったような、歳を取るのが早いような気持ちがします。でも、体調は若返った感じです。在宅生活7ヶ月目の時に緊急入院して、急性腸炎と診断されてから、樫の木の昼食をお粥にしてもらったり、夕食もお粥を心がけていましたが、あれから8年近く、お腹の調子は、安定することなく一進一退を繰り返していました。それが、2月の終わりごろから普通食に変えました。ところが、浣腸の数が少なくなって、便の硬さも一定して、気持ち良く出るようになったと思います。お粥の時よりもご飯の量は2倍になったようですが、美味しく食べています。

1、浣腸排ガス日記 A=2本。B=3本。C=4本。
2月23日C+適便、ガスは良く出たけれど、便が昨日の食事摂取量からして少ない。24日B、普通便が気持ち良く出た。ガスも出ている。25日B+適便、快便、快ガス。26日A、快便、ガスは少ない。27日B+適便、まあまあ快便、ガスも出た。28日A+適便、快便、ガスも快調。29日A、快便、ガスも出たけれど夕食後にも出て欲しい。3月1日B+適便。2日B+適便、快便、ガスも良く出た。3日B+適便、ガスも便も快調。4日A+適便、1本目に形のある便がするすると気持ち良く出た。ガスは夜中に出ていた。5日A、昨日と同じような便が出て絶好調。ガスも良く出た。6日B+適便、快便だったもののガスが少ない。更に、尿バルンが詰まったらしく、膀胱が痛くなる。バルンを入れ替えたら、尿が勢い良く出た。膀胱の痛みも無くなった。7日A、普通便が大量に出たけれど、ガスが少ない。臼杵ひな巡りから帰ってからもガスが少ない。お腹の苦しさから夜中に冷や汗が出る。便とガスも少し出る。8日B+適便、普通便が大量に出て訪看さんは喜んでいる。ガスがもっとスッキリ出なければ、僕は喜べない。夕食後にガスが良く出ている(^^♪。9日A、普通便が大量に気持ち良く出た。ガスは後に期待しよう。10日B+適便、気持ち良く出たけれど、昨日の食事摂取量にしたら少ない気もする。ガスも少ない。20時30分にお腹が苦しくなって便が出る。ガス抜きチューブを交換してもらって、ガスも良く出てお腹が楽になる。幸いに交代のヘルパーさんが早く来てくれていたので、訪看さんを呼ばなくて済みました。11日B+適便、あんまりすっきり出なかった。ガスも少ない。昼食後にガスが出ている。調子良いかな。12日A+適便、大量の便とガスも出たけれど、胃のガスが降りない。13日B+適便、気持ち良く大便とガスも出た。14日B+適便、昨日に同じ(^^♪15日B+適便、ガスと共に大量の軟便が噴き出して毛布を汚した。16日B+適便、好調。17日B+適便、好調。18日B+適便、今日も快調。19日C+適便、昨夜の10時過ぎに大便がチューブをすり抜けて出たから、朝の浣腸に大量を期待したけれど、あまりにも少なかった。ガスも少ない。20日A、大便もガスも絶好調。21日B+適便、快便、快ガス。22日A、大便が気持ち良く出る。外出後にガスも絶好調。23日A、大便とガスが快調に出る。24日B+適便、ガスも便も出た量に比較して物足りない気がする。適便での液状便は出た気がしない。25日A+適便、1本目で気持ち良く出た。26日A、快便。27日A、快便。28日B+適便、快便だけどガスが少ない。29日A、快便。ガスも快調。30日B+適便、すっきりと快便ではない。ガスは出ている。31日B+適便、ガスも便も快調。4月1日A+適便、すっきり快便。ガスも出た。2日A+適便、気持ち良く快便。3日A、気持ち良くスッキリ快便。4日B+適便。5日A+適便。6日B+適便。7日B+適便、昨日からガスが良く出ている割に便が少なくてスッキリしない。20時に外出から帰って片手ほどの便が出ていた。ガスも出た。8日A+適便。9日B+適便。10日A+適便。11日A+適便。12日B+適便。13日B+適便。14日A。15日B+適便。16日B。

2、第125回在宅支援会議
2月22日午後6時から14名の参加者で開催しました。今回の会議は、東日本大震災の教訓から在宅人工呼吸器使用者の緊急避難対策を調査する大分市保健所の指導を良い機会に支援会議で話し合いをしました。もう一つ、健康な食生活を維持するうえで大切な歯の磨き方について、悠愛訪問歯科歯科衛生士の佐藤さんから指導を受けました。

3、意思伝達装置のマウスが正常に動くようになった
何年も前から意思伝達装置のマウスが最初から動かなくて、線の抜き差しを繰り返して、ようやく動くようになる状態を続けていました。そんな2月末のある日、平野さんから東京の取扱店に電話をしてもらって、マウスの状態を話したところ、部品を全部購入するなら14万円かかるけれど、線の接触不良もありうるので、電気店で同じ線を買ってきて試す事を勧められました。早速、電気に精通している樫の木の広石さんに頼んで買って来てもらいました。線を付け替えたら、何の問題も無くマウスが正常に動きました。広石さんと平野さん、取扱店の担当者に感謝しています。因みに、線の値段は400円位でした。

4、お粥を普通飯に変えて見た
カレーライスや握り寿司、又は、外食の飯はたくさん食えるのに我が家で食べるお粥は茶碗に半分で満腹になってしまう。お粥の水分で満腹感になるのかもしれない。試しに樫の木の昼食をお粥から普通食に変えてもらったところ、茶碗一杯美味しく食べてしまいました。そこで、夕食も普通食に変えました。そうしたら、翌朝の便が固まって大量に出るようになりました。

5、美穂ちゃんと散歩
 2月25日11時45分頃に美穂ちゃんとお供のお二人さん(脇田、中村)が我が家に到着する。そこで、江口さんにお姫様抱っこしてもらって、車椅子に移乗する。洗濯物干しが終るのを待って散歩に出掛ける。先ず、近くに開店した関アジ関サバの和食料理屋で贅沢をしようと思って行って見たら、座敷のような感じで入り口にも高い段差があって、車椅子での利用は無理でした。仕方なく、芸術会館のレストランに行きました。以前知り合いのマスターは辞めて、メニューも少なくなっていた。少ない中から洋酒を絡めた生パスタ料理を食べて見たら、結構口に合って美味しく完食しました。次は、車椅子の空気入れを求めてHIヒロセに向かって歩く。空気の抜けた車椅子で傾いた歩道を歩くのは、さすがの江口さんも普段の3倍のエネルギーが必要でした。本当にお疲れ様でした。空気入れとオムツを購入して次に向かったのは、我が家の近くの梅畑でした。

6、臼杵ひな巡り散策
3月7日11時に介護タクシーで臼杵に出発する。30分くらいでひな祭りをしている二王座に到着する。お寺の庭にタクシーを駐車させてもらって、紙ひなを見学する。3か所のうち1か所は階段があって入れなくて残念でしたが、幼い頃に歩いた時と変わらない風景に城下町臼杵の良さを感じました。

7、散髪ボランティア
 3月16日8時30分ごろ、佐々木さんが2か月に一度の散髪ボランティアに来てくれました。電気バリカンを前夜から充電して待っていました。10分くらいで綺麗な丸坊主になります。いつも楽しみにしています。

8、どんぐりの家リニューアル記念式
 3月19日午後2時30分。どんぐりの家が増改築された事を祝って、利用者と職員、建築業者が一堂に会して開かれた祝う会に理事としてお誘いを受けました。利用者の嬉しい気持と決意を聞いてから、26年前にどんぐりの家を開所した経緯を交えて新しくなったどんぐりの家の更なる発展を願って挨拶をしました。

9、樫の木ボランティア感謝の集い
3月22日12時。けんせいホームケアの往診が終ってから少し遅れて、樫の木ボランティア感謝の集いに参加しました。樫の木グループの作業やバザー、餅つき大会などの恒例行事のお手伝いをして頂くボランティアさんは、大切な宝物です。この日の為に練習していた仲間たちが、歌やハンドベルを感謝の気持ちを込めて披露して交流を深めていました。

10、悪玉コレステロール
 血液定期検査で悪玉コレステロールが高い数値になっていた。以前から高いのは知っていたが、説明を受けるのは初めてだから、気になる数値になっていると察した。あまり薬を増やしたくなかったが、予防のために悪玉コレステロールを下げる薬を飲み始めました。

11、夕食後の薬
 夕食後に飲む薬は4種類で、その中に粉末が一つあるけど、同じ成分の錠剤に変えてもらいたいと考えていた。ところが、眠前薬を飲ませてもらったら、粉末が口に広がったから、食後薬と分かった。血圧などの負担になる薬ではないと思うが、余計に飲みたくないから、吐き出した。もし錠剤に変えていたとしても、錠剤の数の舌触りで間違いを分かると思うけれど、粉があったから間違いが直ぐに分かったが……。薬が勿体ない<`ヘ´>

12、別府に電車旅行
 3月26日。朝の処置が終って脇田さんと高城駅に向かいました。15分くらいで到着すると、女性の駅員さんがホームまで案内してくれました。暫くして、佐藤さんと下川さん、中村さんも到着しました。日出駅行きの電車が到着したら、さっきの駅員さんが、スロープを持って来て乗車口に繋いで車椅子を押してくれました。そして、11時35分の電車で別府駅まで無事に到着しました。別府駅では、平野さんご夫妻が出迎えてくれました。自立支援センターまでの道案内をしてもらいました。途中で、友永パンを買って昼食にしました。自立支援センターでは、体験ルームで利用者やヘルパーさんと楽しい交流をしました。また、8年前の退院では、大変尽力して頂いた米倉理事長に会えて嬉しかったです。

13、大分市役所へ行って
3月28日16時から大分市役所に行って、福祉リフトタクシー券を受給しました。4月からの外出で有効活用します。地下のコンビニで福祉電話料金の支払いを済ませて、九電の真向かいにある友人の喫茶店“DEN”まで散歩しました。そこで、神山歯科の友達と会う事が出来て懐かしい話をしました。

14、名前を間違える緊張感
 4月3日。1年ちょっと前まで緊張を笑顔と笑い声ではぐらかしていたK訪看さんが、新人のS訪看さんを連れて来ました。こんな事を1年前に予想しなかった。今では、すっかり落ち着いて笑いを殺した顔をしている。その顔に刺激されるようにS訪看さんが緊張して僕に声掛けをしてきた。“○○さん”と言われても、違う名前に返事をしないでいたら、K訪看さんが助け船を出してきた。前日の訪問先の名前らしい。往診看護師で、先ず良く聞く名前だけど、再び声掛けられても、同じ違った名前に笑うしかなかった。1年後が楽しみになった。もしかして、明日の訪問先で“ヨシダさん”と呼んでくれたら嬉しいな(^^♪

15、桜見物その1
 4月6日11時からの訪看さんに入浴後のリハビリをしてもらって、ヘルパーの中村さんと一緒に外出の用意をしてもらいました。目的は、樫の木の仲間たちと一緒に平和市民公園で桜見物をする為です。12時30分に現地に到着しました。早速、満開の桜の木の下で中村さんに買って来てもらった弁当を美味しく食べました。そして、樫の木の仲間たちと別れて、能楽堂から武漢の森を散歩しました。電動車いすで散歩していた頃が懐かしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

16、桜見物その2
 4月7日。花見は昨日充分に楽しんだから、今日は長浜の亀屋饅頭を買って、城址公園から松栄神社の通り抜けをしました。18歳の頃に二条印刷で和文タイプライターをしていた時は、通り抜けできなかったと思いながら、懐かしい散策をしました。大手町公園の桜をバックに記念撮影をして、コンパルホールで一休みする。と言っても、シーンと静かな中では吸痰は遠慮して、適当に引き上げる。そして、いつもの喫茶DENで夕食を食べて、ゆっくり過ごしました。

17、歯の治療が終る
 4月11日13時。2か月前から続けていた被せた歯の補正や虫歯の治療と新しい義歯の調節も終わりました。これからは、月1回の定期健診を受けることになります。ありがとうございました。


第126回在宅支援会議
  日時 2012年4月18日 水曜日 午後6時から午後7時
  場所 吉田春美 宅
  参加者 原(司会)、池永(記録)、副田、吉田、中村、脇田、後藤、山村、恵良、成迫、佐藤、角野、安藤、福本、城、
 今晩は、皆さんお集まりになられたようですから、126回目の在宅支援会議を始めたいと思います。今回の司会は、樫の木ホームヘルパーステーションの予定でしたが、後藤さんから6時を過ぎてからの参加になると言う連絡を受けましたから、次回が司会予定になっていた医療生協ホームヘルパーステーションの原が司会をさせて戴きます。そして、記録は、予定通りにホームヘルパーステーションなでしこの池永さんにお願いしました。よろしくお願いします。
さて、本日は前回に引き続き、緊急避難時の物品確認と避難対応などを主な議題として、約2ヶ月間の健康状態についても確認したいと思います。
それでは、本日も御存じの人ばかりと思いますので、自己紹介は省略して早速、話し合いを進めたいと思います。

1、緊急避難時の物品確認と準備状況について


2、緊急避難経路と避難場所について


3、 緊急避難時のデモンストレーションについて


4、 最近2ヶ月間の健康状態について
・血液検査結果
・身長、体重
・食生活
・排便と排尿と排ガス
・マーゲンチューブの利用回数


5、 入れ歯の外し方と三つの義歯の手入れ、ポリデント消毒について

 
6、 その他の意見や報告と次回の支援会議について


次回の在宅支援会議 6月  日(水)18時~19時
司会 樫の木ホームヘルパーステーション
記録 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ