2000/10/30

宿泊の練習  支援会議

 入院以来初の外泊をする。どんぐりの家に夜9時10分に到着。看護婦さん、主任さん他、計12名に囲まれて、宿泊訓練をしました。
 M看護婦さんとH婦長さんは、応援に来た様子で、早めに帰りました。そして、思い掛けなく、Aさんが応援に来てくれたのには、本当に嬉しく思いました。義父さんが亡くなって間も無い時で、悲しみも癒されない毎日ではないかと思われるのに、それを隠す様に、いつもの明るい笑顔で励ましてくれる優しさに心から感謝しています。また、就寝した11時過ぎに田口ママが来てくれたけど、会わずに帰ったと薄田さんから聞いて残念に思いました。病院の看護婦(士)さんをはじめ多くの人達の支援と期待を身にしみて感じた宿泊でした。
 今回は、心電図のホルターを装着するなどして、経過を検査するようです。そして、万一に備えてのアンビューを携帯し、血中の酸素濃度を計る器具を付けたり、導尿セットなどの装備も念入りにチェックしていました。私の頭の中には、何かあれば、すぐに病院に帰れるという安心感と何事も起きないという自身もありましたが、今回は、まな板の上の鯉になりました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ