2005/12/4

はるみ之つぶやき 16号  

まえがき
 今年もカレンダーを1枚残すだけになりました。1年を振り返ってみると、障害者自立支援法案と郵政民営化法案にクローズアップされます。健康面では、3月に大腸ファイバー検査の結果も、特に異常は無く、検査薬が食道から大腸までの到達時間が3時間であり、医師の予見よりも腹の動きは良かった。飲み薬の変更をしてからは、昨年のような腹の苦しさは無くなりました。この調子なら、我が家で年越し蕎麦や餅を喰えそうです。昨年は、病院で悶々とした年越しだったから、今度こそは、楽しい正月を迎えたいと思います。

白寿は百歳と思っていた
100―1=99。百から一を取ったら白になりました。という事で、百歳の手前で白紙に戻してお祝いするのだろう。
 「はるみ之つぶやき15号」で白寿を100歳と書いたのだが、たった一人からクレームを貰った。

アップデート
 突然、「アップデートが終了しました。」と、画面表示。ウイルス対策のソフトが働いている。ウイルスにやられたという身近な人の話をよく聞く。

インフルエンザ
 インフルエンザ予防接種は、痛いらしいけれども、右手なら感覚麻痺しているから、蚊が刺すようなもの。もしも、左手に刺されたら、ヤッパァ痛え!

薬がポロリ
 玉の薬が一つ、肩口に落ちた感じがした。ヘルパーさんは気づいてない。探している間、落ちてなかったら申し訳ないと思った。幸いに落ちていた。身体の触感が間違ってなかったことが嬉しい。

5機能複合機
 プリント、ファクシミリ、コピー、スキャナ、そして、もう一つ、ど忘れしたが、凄い機械が我が家に登場。おまけに電話機も接続できる。皆で使いこなそう。

かゆい、痒い、カユイ、kayui
 こればかりは、どんなにも表現のしようが無い。口の周りから目の下まで真っ赤になっているらしい。鏡を見たら、もっと痒くなりそう。
 顔の赤みは消えて、痒みも殆んど解消しました。でも、また痒くなりそうです。

ミュージック
 PM3時になった。来るであろう訪看さんの予測をしながら選曲。nobodyknows+、Chemistry、BoA、ORANG RANGE、ZARD、ケツメイシ、MR.CHILDREN、        氣志團、SMAP、森口ひろこ、尾崎豊、CHEMISTRY。わざと、聴いたことなさそうな選曲もする。意外と知っている。ん、若い! 僕も? しかし、アーティスト名を正確に言えない横文字ばっかり。

話の腰を折る
 横から話に割り込まれるのは嫌いだから、訪看さんとヘルパーさんの話の腰を折るタイミングを測る。毎度たわいなく代わり映えしない話だけど、一発の舌打ちが、楽しそうな話の腰を折る。一段落した後の続きの話は、さっきと違う。

新年会をしよう
 新年を迎えると、在宅復帰3年目に突入する。1年目は死ぬ思いもして長かった。2年目は大したことも無く、アッという間だった。3年目はアも言えなくしよう。先ず、景気良く、新年会と行こう。2006年1月25日(水)は、これしか予定なし。

みんな違って、みんな良い
 飯の味も食わせ方も、顔拭きも歯磨きも、そして、ガス抜きもQちゃんも、みんな違って、みんな良い。そこで、新年会の時は、上手いヘルパーさんにやってもらおう。誰か分かってしまったかな♪

我が家の鏡
 病院の個室に居た時、食事介助に来た殆んどの看護師は、洗面台の鏡の前でナースキャップを整えてから笑顔で振り向いた。それまでの緊張をリラックスさせている思いもして嬉しかった。今、我が家の玄関を開ける前の顔と、鏡を前にする顔には変化があるかもと思う。そのうちに鏡を意識することなく、リラックスして、ポロッと、本音をこぼしあえるようになる事も鏡に映らない裏を見る楽しみ。

入院と在宅の違い
 朝までの尿量1200ml、昼までが600ml。平均的な1日の尿量。そして、7時300cc、11時150 cc、12時150 cc、14時150 cc、16時150 cc、18時300 cc+味噌汁、20時150 cc、21時150 cc+お菓子、22時150 cc、23時150 cc、24時150 cc、計1,950 ccが一日の水分摂取。飲まないこともあるから、多少の誤差がある。入院したら、18時以降の水分摂取は、殆んど0になる。この差は、大きい。

普通の生活
 訪問看護のレポートが全国表彰されると聞いても、当の本人は、普通の顔。これから先、5,6回でも在宅で正月を迎えたときに褒められたい。その時は、普通になっていることを願う。


編集後記(吉田/薄田)
 障害者自立支援法が悲しいかな成立しました。障害者自身の願いが中央審査会に分かるのか。三位一体の改革で、生活保護費の負担率を国と地方2分の1ずつにして、地方の負担を拡大するという。健康で文化的最低限の生活を保障される最後の砦まで壊されそうある。それだけでは終わらない、2年後には、消費税率を12%に引き上げられたら、福祉目的なんてものではない。障害者も生活保護者も関係なく負担を増やされるだけです。税金は増えて、年金は減るばかりです。本当に住みにくい日本になりそうです。 by 吉田
 師走を目前にして急激に冷え込んで来ましたね。さて、私からは「障害力」という言葉についてお話しましょう。皆さん、「障害力」って聞いたことがありますか?
この言葉は、ユニバーサルデザインの伝道師こと(株)ユーディッドの代表の関根千佳さんから聞かされた言葉でした。私たちはいずれ歳をとり身体機能が低下して行く、いつかは障害者と同じ不自由さを味わう。ということは、早くから障害者である方々は、みな私たち健常者より「障害」という視点では、経験豊かな先輩なのだ。だから、私たち健常者こそが障害者に多くを学ばなければけいない。そのことに今はまだあまり気づいている人は少ない、ただユニバーサルデザインの考え方をあらゆる分野に浸透させようとしているこれからは、きっと障害者が生きて行くこと、生活することで、持ち合わせた発想やノウハウが「障害力」として、世の中の全ての物の作り、人づくり、仕組みづくりの中に生かされる日が来るだろう。
 こんないい話を聞いて、障害者から育てられていると言っていた私は、さらに吉田さんをはじめ、私たちの周りに居る障害者に、「障害力」を発揮できる仕組みをつくらなくてはならないと実感したところです。by 薄田
(株)ユーディッドのホームページ http://www.udit.jp/index.html
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ